テニス ボレー

ボレー

ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

試合の中で、ボレー戦になったときに反応が遅れてしまう。

これって、かなり差が出る部分だと思うんです。

強い選手って、打っている球が鋭い、よりも反応が鋭い。

そのコツ、今回は書いてみたいと思います。

私が実践してきて、且つプロ選手でも意識している、でも誰でも出来る部分。

ボレーはこの意識で、格段に反応が速くなりますよ!

 

ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること

 

1.打つ前から、「構えに戻る」ことを前提に

ボレーって、打ってから相手まで到達する時間が短い。

自分が前にいるので、当然ですよね。

相手がストローク、にいてもテンポは速いし、相手もボレーなら、もうテンポは相当速い。

男子ダブルスだと、1秒間に数往復、するようなラリーもありますからね。

このスピード感に付いていける選手、でないとダブルスは勝てませんよ。

自分が打つショット、それは、打ちながらも既に「戻り始める」くらいの意識が欲しい。

「え?それで良いボレー、打てるの?」と思いますよね。

間違いなく、打てます。

むしろ、戻る動きまでを「ボレーで打つ動き」の中に組み込んでしまうんです。

 

2.ボレーは「打点を感じたら、引く」くらいでちょうど良い

ボレーは、フォロースルーゼロ。

これくらいで、ちょうど良いですよ。

よっぽどネットから遠い位置でのスライスボレーや、ドライブボレーは例外。

ネット近くでのボレーは、打ったら止める・・・のが良いんですが、止めようと思うくらいだとなかなか止まらない。

打ったら、引く!

自分の身体に引き寄せるくらいの感覚、で良いんです。

これでフォロースルーがほぼゼロ、になるし、安定感も増す。

前にラケットを動かしながら、打点の直前ではもう後ろに戻す、引くような動きに変えていく。

実はこれ、構え直しが速くなるだけの効果、があるだけじゃないんですよ。

 

3.実はコントロールも安定して、ボールも鋭くなる

これは本当です。

実際に、私がそうでした。

ボレーのフォロースルーを無くす、打ったら同時に引くようなボレーにすると、パンチが生まれます。

フォロースルーを前にスーッと出していくと、どこかボレーもゆったりした感じになりませんか?

パチン!と弾く感じって、まさにこの「引く」という感覚に近い。

ネット近くだと、タッチネットの危険も低くなりますからね。

構え直しも早くなるし、本当に一石三鳥くらいのコツ、だと私は思いますよ。

騙されたと思って、やってみて下さい。

 

4.まずはボレーボレーの練習から

この技術が一番活きるのは、ボレーボレーの練習。

ここでテンポを上げてラリー、出来るようになるには、この引くという感覚が欠かせない。

だって、打ったらもうすぐに相手が打つ、のがボレーボレーじゃないですか。

ほとんどの方が、このボレーボレー、お互いにフォアハンド側だけ、とかになってるんです。

じゃないと、続かないですから、普通は。

しっかりフォアハンドもバックハンドも、使いながらボレーボレー出来ている人って、実は少ないですよ。

構え直しも遅いし、その原因が打ち終わりにあることに気付いていないですからね。

みなさんは、どうでしょう?

ボレーボレー・・・ただのウォーミングアップ、ではないですよ。

ここにボレーの実力、全てが凝縮されています。

 

パチン!というボレー、ネット近くでは必要です。

実際には少しスライス回転がかかる、のが理想ですね。

打点を感じたら、ラケットを身体の前に引き寄せる、構え直す。

この意識、だけでテニスは変わります。

そしてネットでの戦いに強くなるので、自然に自信も付いて来る。

そうなればもう、きっとアナタはダブルスの試合でも楽に勝てるでしょう。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、下半身から!

    人は無意識のうちに、上半身中心の生活になっています。元々、人間…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  3. テニス スライス

    ボレー

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

    これも、何度も書いてきたテーマです。ですが非常に大事なことです…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

    バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。聞くだけで、難しく感じ…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!

    アンケートでご相談頂いた内容の中で頂いた、「ドロップボレーが上手く打て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
  2. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について
  3. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに強弱をつけられると、試合慣れしていない相手は戸惑う
  4. ストローク

    タイミングだけで、打ってない?
  5. テニス リターン

    フットワーク

    テニスのラリーでは、「速いショットほど上半身で合わせにいかない」ことを意識すると…
PAGE TOP