テニス ボレー

ボレー

「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多いと思います。

ボレー対ボレーの、ネット近くで行う基本的なラリー練習。

動作も少なく、眼とボールのコーディネーションのトレーニングにもなるこのラリー練習、スピードをどんどん上げたらどうなるのでしょうか?

実はプロ選手や強豪校も実践する、ものすごく有効な練習になります。

 

「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

 


 

1.ボレーボレーは、テニスの練習の中で軽視され続けている

ボレーボレーの練習と聞くと、どんなイメージですか?

試合前のアップ、テニススクールや部活では「コートに入れない人」向けの練習メニューだったりするかも知れません。

それでも、この練習をしっかりスピードを上げて高いレベルで安定してラリーできるようになれば、短時間で省スペースで実施可能な、本当に有効な練習になります。

 

2.横にはあまり動かさない、相手からエースを取ろうとはしない

まず、横へのボールのブレを最小限にしつつ、相手にフォアとバックを打たせていきましょう。

慣れてきたら、ミドルボレー、ローボレーを混ぜながら、ハイボレーも叩き過ぎは禁止。

相手にノーバウンドで常にボールが届くように注意しながら、ボディに近いボールはバックボレーで凌げるように。

最初はゆっくりから、徐々にペースアップしていきましょう。

 

3.テニスの試合で必要な、ボールを打っていない間の動きと予想

試合では、ボールを打っていない時間のほうが長い。

その時間でどういうフットワーク、構えや準備ができるかを、このボレーボレーのラリー練習で磨くことができます。

まずは基本となるスプリットステップをしっかり、リズム良くできるように練習しましょう。

ボレー同士のラリーでは時間が無いので、あまりジャンプする感じだと間に合いませんので、軽く膝を曲げて沈み込むようなイメージがベスト。

相手のラケット面を良く見て、飛んでくる方向をある程度予測して待てるようにしましょう。

まずいのは、フォアボレーばかりになって場所がどんどん移動してしまうこと。

苦手な人ほど意識的にバックボレーを活用して、安定した軌道で返球できるようにしましょう。

 

4.慣れてきたら近づきながら、遠のきながら応用メニューを

慣れてきたら、ネットを挟んで距離を遠くから近くに変更しながら、ボレーボレーのラリーを実践してみましょう。

距離が長いボールを打つには、しっかり踏み込んでスライス回転をかけていく必要があり、ローボレーやハーフボレーを打つ機会も増えます。

そこから近づいていけばよりテンポが上がりますので、早い構え直しとステップの準備が必要。

相手が「どのタイミングで打つのか」を常に意識しながら、自分のタイミングを合わせるようにしましょう。

試合では常に、「相手が打っているときには、ステップを終えて止まっている」というのが大切なポイントです。

 

ボレーボレーを速いテンポで続けることができる、というのはとても重要なスキルです。

フォームが大きいと、決して速いテンポでは続きません。

シンプルなボレーのフォームが必要なのは、言うまでもありません。

特に学生の方は、「ボレーで振り過ぎ」になってしまいがちですので、こういった練習を混ぜることで自分のフォームをよりシンプルに仕上げていくこともできるのです。

ぜひ、練習の中で真剣なボレーボレーのメニュー、組み込んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!

    ネットプレーはどうも苦手、という方は、ラケットワークに意識がいき過ぎて…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

    試合に出ていると、その必要性を再認識すること。ボレーって、なか…

  3. ボレー

    成長するとは、受け入れるということ

    私自身、振り返ってみて感じること。テニスが成長出来た時期って…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねりだけでブロック」する…

    ネットプレイヤーが少ない、育たないと言われて久しいですが、その原因はど…

  6. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ストローク

    「繋ぎショットをマスターせよ!」テニスの試合に必須の技術のポイントは3つ
  2. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて
  3. テニス ストローク

    ストローク

    安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る
  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ
PAGE TOP