テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか?」に鈍感になってしまう人がいます。

必ずしも「真ん中」にずっと当てるのが、テニスにおける上達ではありません。

例えばスマッシュやサーブなどは、少し「ラケットの先側」に当たった方が、打点も高いしパワーも出やすい。

これが、ラケットの下側、グリップに近い箇所に当たると・・・特にスマッシュでは、かなり厳しい。

ネットミスが多い人は、これが原因になっている可能性も高いです。

 

スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

 


 

1.スマッシュを「ボールが落ちてくるのを待って」打ってはいないか?

ラケットの下に当たる、ということは打点が近いということ。

つまり、ボールが落ちてくるのを待ち過ぎて、身体に食い込むようなところまで引き付け過ぎている可能性が高いと思います。

苦手意識があると、人は無意識に行動を興すのをためらいがち。

少しの遅れが、ロブの加速度とも重なって打点を低く、ラケット面の当たる場所も下側になってしまうケースが多くあります。

 

2.ラケットの「先側」で打つイメージで、真ん中くらいかも

実際にラケットの先、で打つくらいの感覚でちょうど良いと思います。

むしろ、しっかりジャンプして出来るだけ高い位置で打とうとすれば、自然に下側で打つような打点にはならないはず。

決断力と判断力、何より勇気がスマッシュには必要ですね。

普段の練習、可能でしたら撮影してみてください。

ラケットのどこに当たっているときに、どういう軌道でボールが飛んでいるか・・・を、自分で意識することが大事です。

 

3.ネットミスを減らすためには、しっかり上に向かって打つこと!

ネットミスが多い人は、シンプルにもっとコートの奥を狙ってみましょう。

そうする為には、しっかり打点を高く、「上方向」に向かってラケットを投げるくらいの感覚で打つことが大事。

速く後ろに下がる技術も、必要ですね。

下に打つスマッシュって、実際はあまり実践的ではありません。

叩きつけ過ぎても相手に拾われてしまいますしね。

しっかりコートの奥を狙って、ネットの上は1メートル以上は高い位置を通すように意識するだけで、かなりミスを減らすことが出来ると思います。

ネットミスを減らすことが出来れば、次のステップはいかに相手の逆を突くか・・・です。

 

テニスをやるうえで、「ネットは友達」にならないといけません。

障害物だと思うと、いつまで経ってもそこに意識がいってしまい、結果的に自分が打ったボールが吸い込まれていく。

ネットは障害物ではなく、自分を守ってくれるもの。

そして自分が打つ時には、友達にぶつけないように、しっかり余裕を持って・・・みたいな感じでしょうか。

子供だましかと思いますが、こんな工夫でミスが減らせればそれはそれでラッキーです。

工夫って、大事です。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. + POWER CUP について
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  2. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

    普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよ…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

    よくご質問で頂くのが、この問題。「深いロブは、全部スマッシュを…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る

    スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。色々な方法が…

  6. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

特集記事

  1. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない
  3. リターン

    ジャックナイフリターン、で攻めよう!
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果
  5. テニス 風

    ストローク

    風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる
PAGE TOP