テニス スマッシュ

スマッシュ

「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが、その決め方は様々です。

その一つが、高くバウンドさせて相手に触らせないようなスマッシュ。

上級者でなくとも、せめてネット際ではしっかりこのショットを打って、ポイントを終わらせることができるように、練習しておきましょう。

 

「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

 


 

■コツは、「顔の高さで手首を使って」そして、打点を前にして打つ!

腕を振り過ぎると、上手く当たりません。

しっかり手首を使って、普段のサーブよりも少し低めの打点で捕えて、コートに叩きつけるようなイメージを持ちましょう。

ボールを打った瞬間に、ラケット動作を止めるくらいのイメージでOK

まずは自分でボールをトスして、コートに叩きつけて高くバウンドできるように練習してみましょう。

 

■逆クロスが一番打ちやすく、ミスになりにくい

コースとしては、逆クロスが最も打ちやすく、お勧めです。

横向きをしっかり作って、手首のプロネーションを活かして打てるとパンチの効いたスマッシュになります。

あまり厳しいコースは狙わずに、サービスライン手前くらいに打ち込むと、ちょうど相手の頭を超えて触れないバウンドにできるはず

オムニコートだと若干、弾む力が弱いので強めに打つ意識が必要です。

 

■ボールロストは仕方ない、と割り切る

「高く弾ませ過ぎて、ボールが外に出たらどうしよう・・・」と、考えてしまう方もいるでしょう。

こればっかりは、仕方ありません。

ポイントを獲り切るほうが大事ですので、もし出てしまったら拾いに行くか、難しければロスト扱いで本部にセットボールを取りに行きましょう。

何球も出してしまうとさすがに問題ですが、1~2球であれば問題ありません。

 

ダンクスマッシュと呼ばれ、どうしても男性が打つイメージが強いこのショットですが、ネット際であれば女性でもしっかり身に付けたい。

ネット近くから深いスマッシュは、どこかミスしてしまいそうな雰囲気がありませんか?

近くに叩きつけるほうが、決まりやすいし打ちやすい

まずは自分のトスで練習して、その後に球出しからのスマッシュ、実戦形式で感覚を養っていきましょう!

 

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう

    テニスの試合、アナタはどんな「武器」で勝負しますか?こういった…

  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃

    特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?…

  4. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

  5. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実
  4. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる
  5. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ
PAGE TOP