テニス スマッシュ

スマッシュ

打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚えておこう

レベルが高い試合になれば、増えてくるのは下がりながらのスマッシュ。

相手のロブもスライスからトップスピンに、レベルアップしてくる。

そんなときに注意したいのは、打点。

相手のナイスロブに対しては、しっかりコンパクトなラケットワークに変えていきましょう。

 

打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚えておこう

 


 

■ナイスロブでは、ラケットを振り回す余裕が無い

相手のロブをしっかり認める、ことも大事。

力で対抗しようにも、打点が後ろになるくらいのナイスロブは、まず無理。

そこで無理しても、相手の思うツボです。

ラケットを振ろうと思っても、そのスペースが無いのです。

であれば、しっかりと打球を捕らえることに集中して、スマッシュを使い分ける必要があります。

 

■パチンと弾いて高い位置でラケットを止める

打点が後ろでも、しっかりスマッシュらしい軌道にはしたい。

そう考えると、手首を上手く使ってボールを弾くように打つことに集中することが大事。

腕は振り過ぎないで、打点が後ろになってもボールの「上側」を打つように意識してみましょう。

スピードは、出そうとしないでOK。

ですがしっかりコースは狙うこと。

優位を相手に渡さない、ことが大事です。

 

■大事なのは、ポジションを下げられたその後!

スマッシュ、とはいえ相手のナイスロブな訳ですからアナタのポジションは下げられている。

素早く戻すように、意識することが大事。

しっかり打った後に前に詰める、という動きを疎かにしないこと。

自分が打った方向に詰めて、次のボールに備えるフットワークを相手に見せ付けましょう。

ロブで崩すつもりが、意外と崩れてくれない・・・と、相手はきっと心が折れるはずです。

 

スマッシュは、千差万別。

相手や球種、ポジションによって様々な打ち方が求められます。

打点が後ろだとハイボレーで処理、も悪くない選択ですが、やっぱりスマッシュを打てる機会は増やしたい。

自分をステップアップさせていく意味で、しっかり鍛えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る

    スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。色々な方法が…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    女子ダブルスで必要な、スマッシュ力の強化について

    女子ダブルスの試合で、3回戦の壁を突破できないとお悩みのみなさん。…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

特集記事

  1. サーブ

    サーブの強化とは、多様性
  2. ロブ

    攻めるロブは、あえてクロスに!
  3. フットワーク

    苦しい態勢な時こそ、顔を残そう
  4. テニス バッグ

    テニス知識

    Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう
PAGE TOP