テニス 上達

スマッシュ

スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。

この決定的な違いを理解していないと、アナタ自身いつまで経ってもスマッシュを試合で使えない。

皆さん、上半身は使えている。

でも・・・下半身がその技量に追い付いていないと、それは全くの無意味。

スマッシュは、特にそういう技術です。

 

スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

 


 

1.ラケットワークが上手くても、追い付けないと意味が無い

スマッシュのラケットワーク、上手い人は上手い。

バドミントンをやっていた人とか、すごく振りが鋭い。

でも・・・実際にボールを追いかける、試合で厳しいロブを対処しようとすると、結局打てない。

そう、どんなに上半身が良い動きを出来ていても、触れないと意味が無い・・・ですよね。

試合に出ている方は、ロブを触ることがいかに難しいかを理解出来るはず。

であれば、鍛えるべきはフットワーク、後ろに下がる技術ですね。

 

2.普通にサイドステップで下がる、で間に合う訳が無い

サイドステップ、横向きで下がっていく・・・のは、確かに基本。

ですが、それだと間に合う範囲、守備範囲ってすごく狭い。

これに危機感を持って、全てが始まるんです。

思い切って相手に背中を向ける、くらいで大きな歩幅で下がること。

追い付かないと、せっかくのアナタのスマッシュ技術も活かせない。

ダブルス、そしてシングルスも強くなるにはスマッシュ強化が欠かせない。

そしてスマッシュ強化とは即ち、フットワーク強化、なんです。

 



 

3.「私は足が遅いから・・・」と、嘆く前に

ですが、ベテランの方、女性は特に、こういう方が多いと思います。

脚力、なんてさほど変わらない。

上手い選手と差があるとすれば、それは洞察力と足の使い方、そして何よりスマッシュを打つという強い意志です。

足が遅いなら、尚更使い方を工夫すれば良い。

どうやれば、速く正確に後ろに下がれるのか。

本気で考えれば、きっと足の使い方から変わっていくはずです。

 

追い付けないロブ、を減らしていく。

本当のナイスロブは仕方ない、にせよ、まだまだ皆さんロブを追いかけない、追いかけ切れていない。

この差は、普段の練習で埋めていくしかありません。

上半身の練習、もう必要なくないですか?

まず強化すべきは、徹底的に速く下がるフットワークの練習です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  2. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと

    ダブルスで、大事なポイントが取れない。相手の粘りに屈してしま…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

    高いロブ・・・皆さん、どうですか?一回落とせば良い、ようなとき…

  4. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」ことでバランスを取りや…

    下がりながらのスマッシュ、ダブルスでもシングルスでも打つ機会が多いと思…

  5. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

    スマッシュが苦手な人って、そういう雰囲気がある。逆に決める人っ…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
  3. 戦術

    フォローして来る相手を、外す技術を
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心…
  5. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない
PAGE TOP