テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める」決断力が大事です

プロ野球の外野選手、高く上がったフライの捕球を観ているといつも感じます。

「どうやって、落下地点を見極めているんだろう・・・」

テニスでも、スマッシュは「どこで打つのか?」を素早く決めて動くことが、決定力を上げるうえでは大事。

漠然と毎回ロブを追いかけるのはなく、相手が打った瞬間に落下点をイメージ出来るように、しっかりトレーニングしていきましょう。

 

スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める」決断力が大事です

 

■相手が打った瞬間に、自分のコートのどこに落ちるのか?

相手が打った瞬間に、どこで打つのかをイメージ出来るかどうか。

これはトレーニング次第で、必ず身に付く技術です。

ただ漠然と毎回打っているだけでは、反応が鈍くなる。

レベルが上の試合になると、最初の1歩から最短距離を進んでいかないと良いロブは触れない。

それくらいの危機感を持って、普段から情報をためて良い予測を立てられるようになりましょう。

 

■落下速度もしっかり予測出来るようになろう!

スピン系のロブは速く、スライス系のロブはゆっくり落ちてくる。

スマッシュの練習って、球出しだとスライス系に近い球種しか打たないこと多くないですか?

スピン系の速く落下してくるロブ、絶対的に練習量が足りないと思います。

例えば球出しでも、一旦ストローク側に出して、トップスピンロブを打ってもらう。

それをしっかり打つ練習が出来ていれば、試合でも対応出来るはずです。

速度が速いと、それだけ落下地点に入るのも速さが求められるのです。

 

■ロブに対して「先回り」出来れば、試合で絶対に強い

相手が打った瞬間に、ロブの落下地点に先回りする。

本来であれば、ロブが打たれそうなシチュエーションになったときに、1歩目をしっかり速く出せるとなお良しですね。

前衛にいても、ロブが来ると感じたら先に下がって後ろ方向へポーチもありですよね。

でもまずは、相手が打った瞬間に最短距離を走れるよう、しっかりデータを集めてみて下さい。

ボールに合わせて下がる・・・だけでは、いつまで経っても良いスマッシュは打てません。

 

ストロークもボレーもそうですが、ボールに合わせていては遅い。

いつまで経っても、良いショットは打てません。

先回り、先回りをしていくことで、相手にとってもプレッシャーになる。

経験は大事ですが、1回1回のショットをしっかり自分の中でデータ化して無駄にしない。

その意識だけで、絶対に良いフットワークは身に付くはずです!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

    スマッシュミスが発生するとき、皆さんはどんな要素が働いていることが多い…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  4. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」ことでバランスを取りや…

    下がりながらのスマッシュ、ダブルスでもシングルスでも打つ機会が多いと思…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

    ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。…

  6. テニス テニススクール

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要…
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセット…
  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追…
PAGE TOP