テニス メンタル

メンタル

一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にしたい

いつものテニスの練習、皆さんはどんなメンバーで行っていますか?

社会人になれば、様々な仲間とやる機会も増える。

学生の皆さんの中にも、積極的に新しい人とテニスをしていこうと頑張っている人も多いでしょう。

そこで今回、意識して欲しいのはこのテーマ。

元来、人見知りの私もつい「毎回、気持ち良いメンバー」だけになってしまいがちなんですが・・・。

 

一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にしたい

 


 

■テニスの試合を、イメージしてみよう

実際のテニスの試合、をイメージしてみましょう。

初めて会うような相手と、駆け引きをしながら「相手の嫌なところ」を探りながら、ラリーしていきますよね。

これって、仲の良い、気持ちの良いメンバーと打ち合うのとはまさに真逆。

試合に近い練習をしているようで、実はかけ離れた練習になっている可能性が高い。

そう、練習の中で「何かコイツとは、やり辛いな・・・」という感覚、実は大事なのです。

 

■やりにくい相手と練習すると、対応力が身に付く

間違えて欲しくないのは、やりにくい相手=ただミスが多い相手、ではありません。

それだと、そもそも練習にすらならない。

やりにくい相手は、むしろミスはしない代わりにスライスや緩急を使って、アナタを攻撃してくる相手でしょう。

人は「自分より上手い、負けてしまいそうな相手」を本能的に避ける。

自分の弱い部分を引き出してくれる相手、として「やりにくい相手」は大事です。

■アナタ自身も、仲間にとって良き練習相手であり続けよう

これは、逆の立場でアナタ自身にも言える。

気持ち良く打ってあげる、だけが良い練習では無い。

もちろん、そういったラリーが必要な時期もありますけどね。

基本的に練習だって、戦いなんです。

相手にとって打ちやすい、やりやすい選手になっているうちは、試合でも勝てないでしょう。

きっと対戦相手にも、「やりやすい相手」になってしまっている可能性大、なので。

 

良い練習とは、決してラリーが続いている練習では無い。

結果的に続くことはあっても、「お互いに攻撃、守備をした結果」であることが大事。

普段の練習、皆さんの意識はどうでしょうか?

誰だって、テニスは気持ち良く打ちたいし、気心の知れた仲間だと楽。

でもそれだけだと、テニスは強くなれないこと、覚えておきましょう。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

    テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。それ…

  2. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?

    リードしているとき、相手の調子が悪いときには気にならない。でも…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想方法4つ

    今回は、テニスならではの難しいテーマで。私自身、何度も経験して…

  4. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!

    テニスの実力、それぞれのショットは普通なのに、なぜか試合で勝ち上がる。…

  5. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います

    テニスについて、あれこれ知識を持っている人は多い。直近の世界ラ…

  6. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ

    テニスを頑張る人、色々な性格のタイプがある。しゃべるのが本当に…

特集記事

  1. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する
  2. テニス 戦術

    その他

    テニスの試合、地味だけど勝利を呼び込む小技4つ
  3. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい
  4. テニス 試合

    練習メニュー

    自分が頑張れない理由を、探し続ける人たち
  5. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!…
PAGE TOP