テニス テニスノート

メンタル

大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと

皆さんもテニスをして試合に出ていると、忘れられない試合は経験あるはず。

勝った試合、負けた試合・・・でも、意外と負けた試合の方しか、覚えていないことが多いですよね。

これって、工夫しないともったいない。

自分が勝った試合、それも大事な試合で勝ったのであれば、それを活かさない手はありません。

 

大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと

 


 

1.自信は可視化しないと、絶対に試合で活かせない

皆さんの悩みの一つ、それは「自分に自信が無い」ということなはず。

頂くお悩みも、ほとんどがこの問題です。

では、どうすれば良いのか。

まずは言葉にして、記録にして可視化すること。

自分が経験してきた試合で、大事な試合に勝った記憶は記録にして残す。

テニスノートに、出来るだけ詳細な記録を客観的な事実を元に、書いておく。

 

2.前向きな要素を書く、書き出すという要素が大事

書いたものを見直す、ことでももちろん効果はありますが、書くことだけでも効果は大きい。

人って、自分で書いたことは覚えているんですよ。

皆さんもテスト勉強で、経験無いですか?

覚えたいなら、しっかり書くこと。

書いていくことで自分の血となり肉となり、テニスの試合で求められる自信、になっていくのです。

自信は自分で可視化して育てていかないと、絶対に育ちません。

 

3.試合で強くなるのには、自信をコントロール出来るようになるのが近道

もちろん、自信を無くすときだってある。

365日自信満々、という人は、ただの勘違いです。

だったら自分でコントロールする、高める、落ち込んでいるときに元に戻せる具体策がある。

その為には、大切な試合に勝った経験、というのがアナタにとって大きな助けになるはずです。

可視化して、手元に置いておくことで、自分の自信って醸成されていく。

自分で、工夫しながら、が大事です。

 

自信というのは、テニスが上手くならないと身に付かない・・・訳では無い。

もちろん、比例する要素ではありますが、絶対の条件では無い、ということは覚えておいて下さい。

必死のオンコートの練習、が基本ですが、アナタ自身の経験を自信に変えていく術、も考えてみましょう。

きっと、工夫次第で試合に使える自信、は養えるはずです。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 雨
  3. テニス 打点

    メンタル

    置きにいってのミス、がテニスの試合では一番痛い

    テニスの試合、何が怖いってこれが怖い。大事に大事に、置きにいっ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    練習中から「しんどいアピール」、試合中もそのアピールは続いていく

    皆さんの周りでも、こんな人いませんか?練習中から、やたらと「し…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない

    いつの間にか、知らないうちにこうなっている。方も実は多いと思い…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    試合中に「いきなり自信を失う」経験は、誰にでもあるはず

    試合中に、自分に自信を失ってしまうこと。みなさんも経験、ありま…

特集記事

  1. その他

    【満員御礼】「試合に勝てる練習って、何?」をテーマに、T-PRESSセミナー開催…
  2. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い
  3. ストローク

    クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で攻撃的なリターンを身に付けたければ、「基本はフォアハンドのグリ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直…
PAGE TOP