テニス ダブルス

サーブ

ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか?

私はココを注意して、変えています。

シングルスの試合と違って、ダブルスには前衛がいる、しかも味方として。

これを使わない手は無い、ですよね。

 

ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

 


 

1.速いサーブは、ダブルス向きでは無いと思う

確かにサーブは、速ければそれだけで効果的。

ですが、ダブルスの試合をイメージして、考えてみて下さい。

アナタが前衛にいるとして、めちゃくちゃ速いサーブって、どうですか?

私なら・・・「申し訳ないけど、早過ぎてポーチに出れないかも」となってしまいます。

コントロールもままならない、ようなサーブよりは、遅くてもしっかり深い、打ち合わせ通りに打ってくれる方がダブルス向き。

威力は落ちても、「リターンでどう触らせるか」の方を意識する方が、ダブルス向きだと思いませんか?

 

2.ファーストサーブ、捨ててしまっても良いと思う

何より、ダブルスには前衛がいる。

サービスゲームでアナタがサーブ、であればこの利点を活用しない手はありません。

ファーストサーブ、私はダブルスの試合では要所でしか打たない、セカンドサーブをしっかり、一球目からコースを突いて入れていく。

遅くても良い、けど打ち合わせ通りにコントロールするだけで、前衛はポーチに出てくれるしリズムが出て来る。

2回目のセカンドサーブが入っても一緒?

全然、違います!

ファーストサーブだと、前衛は出やすい、リターン側もクロス方向にリターンを返球しがち。

とにかくフォルトを減らすだけで、グッと前衛は動きやすくなるし、リターン側は圧力を感じてくれるはずです。

 

3.サーブ&ボレーだって・・・疲れるでしょ?

並行陣を敷くダブルス、の方はよりココを意識して欲しい。

ファーストサーブが入らなくてダッシュを止めて、またサービスを打ち直す・・・って、めちゃくちゃ疲れませんか?

特にベテランの方なら、体力の使い方は試合の勝敗を分ける致命的な部分になり兼ねません。

それなのに、入る確率が低いファーストサーブをバンバン打っている選手、が多いのには驚きです。

40-0、のような場面での見せ球なら良いと思いますが・・・皆さん、どうでしょうか?

 

ダブルスの試合は、意図的にファーストサーブの確率を上げましょう。

前衛が活躍してくれるし、相手リターン側も「触らされている感」が出て嫌なはず。

ノータッチエースは、特にダブルスでは要りません。

学生のダブルスペアの皆さんも、「なんかシコラーみたいな考え方で、嫌だな・・・」と思うかもしれませんが、まぁやってみて下さいよ。

サーブのフォルトを減らす、だけで絶対に勝てる試合は増えます、特にダブルスでは。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. サーブ

    サーブは指先の神経が大事

    サーブでもう少し、パワーが欲しい。回転量を増やしたい、という…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変えていこう

    特に男性、の皆さん。そして「ペタン」というようなストロークのグ…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでいこう

    サーブをどこに打って、攻撃していくべきか・・・。相手の様子や自…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるようになる!

    テニスはサーブが難しい。上のレベルの選手と一般の人のレベルの差…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときの「ファーストサーブの威力頼み」、状況は変わらない

    高校生の男子の試合、レベルに関わらず共通点は変わらない。全国大…

  6. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?

    サーブは難しい。技術も難しいし、その上「入れなきゃ」というプレ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスのファーストボレー、「コツンと当てる」感じで
  2. メンタル

    テニスで結果を出す人は、「快感」を知っている
  3. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ
  4. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?…
  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げ…
PAGE TOP