テニス メンタル

メンタル

結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります

テニスの審判やレフェリーの活動していたときに感じたのが、試合に強い選手は「動じない」ということ。

雨や風、急なコート移動や痙攣に対しても、どこか何事も無かったかのように、淡々と試合を進めていく。

感情を表に出すことも、それほどない。

ポイントを獲って声を出すことはあっても、それは決して感情的に出ているものではなく、全て計算済。

逆に勝てない選手は・・・と言うと、まさにこの逆、ですね。

ちょっとしたことにうろたえてばかりいて、自分を見失って負けていく。

アナタ自身は、どうですか?

 

結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります

 


 

■想定外のことが起きたとき、テニス選手としての資質が問われる

物事が上手く進んでいるうちは、何も表面化しない。

自分が想定していないこと、雨が降ってきたり試合中に怪我をしたり・・・というときに、どういう対応が出来るのか。

しっかりと試合前に、「もしかしたら、こんなことが起きるかも」という想定は、立てておく。

作戦にしてもそうですが、どうしようもない天候の変化やアクシデントまで、アナタは想定して準備できていますか?

 

■弱い選手は、すぐに言い訳のネタにしてしまう

ちょっとした変化でうろたえてしまう選手は、試合後の言い訳を探します。

雨が降ってきたから、足が痛くなったから・・・。

それって、自分自身の責任でしかないのに、うろたえている自分を隠してしまう癖、付いている選手は多い。

審判台に座っていたときには、その変化にすぐに気付きます。

そしてプロ選手でも、あっさり棄権していく。

もちろん怪我が酷くならないように大事を取って・・・という場面かも知れませんが、あきらかに状況の変化に弱い。

少しの変化でうろたえるテニス選手は絶対に、トーナメントで勝ち上がれません。

 

■日常生活こそ、最高のトレーニング

最近テレビで、「ビビリ芸人」というのを観た方もいると思います。

あそこまでの仕込みは無いにせよ、日常生活でちょっとしたビックリすること、結構ありますよね。

そのときに動じない、想定の幅を広く持っておくことで、テニスの試合にも活かせるメンタルは養えるように思います。

面白みが無い、リアクションが薄い、と言われても良いんです。

テニスの試合に勝ちたければ、日常生活から鍛える部分は鍛えておく。

その意識が、きっと試合でも役立つでしょう。

 

アナタが思っている以上に、テニスの試合って色々なことが起きます。

大事なのは、起きたときにどうするか、決めておくこと。

イメージしておくこと。

イメージトレーニングって、つい「良いこと、上手くいくこと」だけになってしまいがちですよね。

もちろん成功するセルフイメージは大事ですが、同じくらい「うろたえるような場面」も想定しておきましょう。

アクシデントが起きつつも、試合に勝てるのが強いテニス選手です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス 名著
  2. テニス メンタル

    メンタル

    良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

    格上相手の試合って、みなさんどうでしょう。リードしても落ち着か…

  3. テニス フットワーク

    メンタル

    テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、しっかり練習することが…

    強い相手、シード選手相手の試合だと、自分に余裕が無いと感じること、あり…

  4. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても2流選手なのです

    私は今まで、全日本選手権や大阪ワールドスーパージュニア大会など、国内の…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「この試合、普通にやれば勝てる」と思ったら、意識すべきこと4つ

    皆さんも試合の中で、または最初のウォーミングアップで、感じることはある…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと

    人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるよ…

特集記事

  1. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実
  2. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ
  3. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練…
  4. 練習メニュー

    練習に疲労感を求めて、満足する人達
  5. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージ…
PAGE TOP