テニス サーブ

サーブ

自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?

みなさんが試合の中で、「無いと困るもの」って、何でしょう?

私は、セカンドサーブだと思います。

セカンドサーブ、のしっかりした型、自信をもって「ある!」と言える方、どれくらいいるでしょうか。

これは、試合に出て勝ち上がっていくには避けて通れない部分。

ぜひ、みなさんも再度「型」を作ることを意識してみて下さい。

 

自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?

 

1.何となく、モヤっとしてないか?

セカンドサーブ、みなさんどうでしょう。

何となく入れる事優先で、「型」が無くてモヤっとしている。

改善したいけど、誤魔化している。

そんな感じじゃないですか?

試合であれだけ使うし苦しめられるのに、セカンドサーブについてなかなか真剣に考える機会が無い。

これはもう、自分から作るしかない、ですよ。

 

2.セカンドサーブでテンションが下がるのは、まだまだ幼稚

私自身、学生時代はこれでした。

ファーストサーブが入らないと、もうテンションがダダ下がり。

下がったままでセカンドサーブを、何となく打って入るか入らないか・・・みたいな試合。

自分が一番、疲れます。

型がある、ということは、それだけ自分の負担が減るということ。

セカンドサーブで、良い型を身に付けておくことこそ、今のアナタに必要なことだと思いますよ。

何も、難しく考える必要はないんです。

 

3.グリップとスタンス、だけでも立派な型が完成する

私は、この2つがキーだと思います。

自分のセカンドサーブ、まずは「どういうグリップでラケットを握る」のか。

そして、足の置き方、スタンスはどうなのか。

ここを確認しておくだけで、かなりサーブは改善される。

改善と言いますか、安心するんですよね。

「これが、いつものセカンドサーブの入り方だな」となる。

精神的にも安定するし、自然とフォームも安定するでしょう。

最初の形、が出来るだけで、打ち方の型はかなり完成に近いと私は思います。

そこから打って入らなかったら、もう諦めも付くじゃないですか。

 

4.やることをやって入らない、なら切り替えも速い

サーブだけじゃないと思いますよ。

何となくで打って、失敗。

これが一番、試合では困ります。

「自分のどこが悪いのか、分からない」

「そもそも、サーブってどうやって打つんだっけ??」

と、不安にどんどん押しつぶされそうになっていく。

少しでも型、があれば、そこだけしっかりやっておくことで気持ちも落ち着くのに、それすら無いと厳しいですよね。

セカンドサーブ、ただでさえ苦しい場面じゃないですか。

自分のラケットの持ち方、足の置き方。

これだけでも、試合前に確認しておきましょう。

絶対に、試合でアナタの助けになるはずです。

 

セカンドサーブ、打ち初めの型を作ると楽ですよ。

まず、風格が増します。

相手も、「自信をもってセカンド、打って来てるな・・・」と感じてくれるでしょう。

繰り返しますが、グリップとスタンスを決めるだけで、迷いも消える。

セカンドサーブの型作り、一緒にがんばりましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要

    これは、私自身が最近意識していること、でもあります。どうしても…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ

    テニスの中で唯一、自分の好きなタイミングで打てるサーブ。とは言…

  3. サーブ

    リターンダッシュを、引いて待ってはいけない

    相手がリターンから、前に出て来る。これは、ベテランテニスの試…

  4. テニス ボレー
  5. テニス サーブ
  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない
  2. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない
  3. 日々の雑記

    YouTube動画、10,000再生突破しました
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います
PAGE TOP