テニス サーブ

サーブ

自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?

みなさんが試合の中で、「無いと困るもの」って、何でしょう?

私は、セカンドサーブだと思います。

セカンドサーブ、のしっかりした型、自信をもって「ある!」と言える方、どれくらいいるでしょうか。

これは、試合に出て勝ち上がっていくには避けて通れない部分。

ぜひ、みなさんも再度「型」を作ることを意識してみて下さい。

 

自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?

 

1.何となく、モヤっとしてないか?

セカンドサーブ、みなさんどうでしょう。

何となく入れる事優先で、「型」が無くてモヤっとしている。

改善したいけど、誤魔化している。

そんな感じじゃないですか?

試合であれだけ使うし苦しめられるのに、セカンドサーブについてなかなか真剣に考える機会が無い。

これはもう、自分から作るしかない、ですよ。

 

2.セカンドサーブでテンションが下がるのは、まだまだ幼稚

私自身、学生時代はこれでした。

ファーストサーブが入らないと、もうテンションがダダ下がり。

下がったままでセカンドサーブを、何となく打って入るか入らないか・・・みたいな試合。

自分が一番、疲れます。

型がある、ということは、それだけ自分の負担が減るということ。

セカンドサーブで、良い型を身に付けておくことこそ、今のアナタに必要なことだと思いますよ。

何も、難しく考える必要はないんです。

 

3.グリップとスタンス、だけでも立派な型が完成する

私は、この2つがキーだと思います。

自分のセカンドサーブ、まずは「どういうグリップでラケットを握る」のか。

そして、足の置き方、スタンスはどうなのか。

ここを確認しておくだけで、かなりサーブは改善される。

改善と言いますか、安心するんですよね。

「これが、いつものセカンドサーブの入り方だな」となる。

精神的にも安定するし、自然とフォームも安定するでしょう。

最初の形、が出来るだけで、打ち方の型はかなり完成に近いと私は思います。

そこから打って入らなかったら、もう諦めも付くじゃないですか。

 

4.やることをやって入らない、なら切り替えも速い

サーブだけじゃないと思いますよ。

何となくで打って、失敗。

これが一番、試合では困ります。

「自分のどこが悪いのか、分からない」

「そもそも、サーブってどうやって打つんだっけ??」

と、不安にどんどん押しつぶされそうになっていく。

少しでも型、があれば、そこだけしっかりやっておくことで気持ちも落ち着くのに、それすら無いと厳しいですよね。

セカンドサーブ、ただでさえ苦しい場面じゃないですか。

自分のラケットの持ち方、足の置き方。

これだけでも、試合前に確認しておきましょう。

絶対に、試合でアナタの助けになるはずです。

 

セカンドサーブ、打ち初めの型を作ると楽ですよ。

まず、風格が増します。

相手も、「自信をもってセカンド、打って来てるな・・・」と感じてくれるでしょう。

繰り返しますが、グリップとスタンスを決めるだけで、迷いも消える。

セカンドサーブの型作り、一緒にがんばりましょう!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

    サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。このハードルを高めてる…

  2. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?

    私自身試合をしていて、いつも感じているけど・・・どこか背を向けているこ…

  3. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

  4. テニス ダブルス

    サーブ

    「アンダーサーブ」を見下していると、大事な試合で相手のアンダーサーブに泣くことに・・・

    試合では、ほとんど観る機会がない「アンダーサーブ」。セカンドサ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

    サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。これって、テニスの…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる

    サーブ&ボレーで、意識したいこと。それは、自分がどの程度前に入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    企画を進められる人、進められない人
  2. テニス 試合

    練習メニュー

    自分が頑張れない理由を、探し続ける人たち
  3. 戦術

    いつもアングル、という選択肢を持つ
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手…
  5. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい
PAGE TOP