テニス メンタル

サーブ

狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ

サーブを打っていく上で、自分の狙ったコースに打てない人は、試合で厳しい。

その次、の展開が難しいですもんね。

自分の打つコースが思い通り、になれば次の展開もすごくやりやすくなりますよ。

今回は、初心者の方でも出来るシンプルなコツ、を紹介したいと思います。

 

狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ

 

1.打つ場所を変えてみる

サーブを打つ場所、は自分で決めて良い。

センターに打ちたいならセンターに寄って良いし、ワイドに打ちたいなら外側から、の方が狙いやすいですよね。

相手にばれても、良いと思いますよ。

色々工夫してサーブを打つ位置を変えてくる、というだけで嫌なモノですからね。

何となく毎回同じ場所、から打つサーブを変えてみませんか?

 

2.トスアップを打ちたい方向に

これも1.に近いのですが、少しだけトスを変えてみましょう。

基本は、自分が打ちたいコースの方向、少し前にボールをセットしてみる。

そのまま自然に打っていけば、野球で言う「ノック」のようにシンプルに飛んでくれるはず。

トスアップの位置を変えるだけで、その他は変えない。

シンプルに、サーブを打つコースを変えるにはこれも効果的です。

 

3.ボールの触る場所を変えてみる

例えばサッカーなら、ボールを右側に蹴って飛ばすとき、ボールのどこを蹴りますか?

きっと、向かって左側を蹴って右側、に飛ばすはず。

テニスだって一緒です、ボールを触る場所を変えるから、飛んでいく方向が変わる。

この大原則を、しっかり意識してみて下さい。

スライスサーブ、なんかがまさにそれですね。

ラケットでボールのどこを触っているのか、がコントロールでは重要です。

 

4.フラットサーブを卒業する

回転系のサーブ、を覚えること。

それは、アナタ自身のサーブのコントロール磨いていくうえで避けては通れない道、です。

回転をかけて、その軌道をコントロールする、バウンド後の変化をイメージする。

初心者の方には難しいかも知れませんが、ぜひ回転をかけることをまずトライしてみて下さい。

3.で紹介したボールの横を触ったスライスサーブ、がまずは簡単だと思います。

 

サーブをしっかり狙えるようになれば、テニスの試合は面白くなる。

ダブルスでは、前衛を活かすこともできますからね。

「入れるので精一杯」であれば、ちょっと速度を落としてでもコントロール重視。

しっかりコントロール出来るようになって、その後にスピードアップを図っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

  2. サーブ

    意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

    サーブがどうも、走らない、威力が無いと感じている方へ。意外と、…

  3. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

    サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。何を隠そう、私自…

  5. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨いて試合で使おう

    左利きの方のサーブは、厳しい。そんな漠然とした先入観があるのは…

  6. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事

    並行陣に必要なサーブ&ボレー、みなさんどうでしょうか。ダブルス…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」がまだまだ高い
  2. その他

    「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?
  3. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすること…
  4. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」とき…
  5. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
PAGE TOP