テニス メンタル

サーブ

「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「遅いけどコースをしっかり突いてくるサーブ」のほうが嫌だ・・・という方も多いんじゃないでしょうか。

遅いサーブは前衛にとっても実は動きやすく、サインプレーもしやすいのでリターン側はプレッシャーを受け、キープ率が上がりやすいとも言われています。

そこで今回は、改めて「サーブのコントロール」に着目し、ポイントを整理してみたいと思います。

「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

 


 

1.ネットの2メートル上に目標を設定

一般の試合で多いサーブのフォルト、実はネットフォルトが多いというデータがあります。

プロの選手ですと、サービスラインを超えるオーバーフォルトが多い。

しかし、一般の試合になると入れにいこうという意識から回転をかけても力を加減して、ネットにパサリ・・・。

というパターンが多いかと思います。

そこで、思い切って2メートル上に通過点の目標を設定しましょう!

少しでも、どんな回転でもかかっていれば、意外とサーブは球筋が落ちて収まります。

何よりスピードが遅くても深さを出すことで、相手は攻撃し辛くなりますから有効です。

2.身体の動きを制限したフォームを習得する

これは長い道のりですが、自由なフォームやトス、間合いで打てるサーブという技術は、どこかで自分の制限をかけないといけません。

技術的なことは色々な雑誌や動画でも紹介されていますが、根本的な意識として、自分の身体が楽な動きをしないよう、制限することが安定につながります。

「苦しい・・・窮屈・・・」と感じることができれば、それが第一歩です。

同じ動作を繰り返す為には、自分の身体の可動域を知り、そこで収まるよう繰り返し練習する必要があります。

3.自分のボールの軌道を客観視する

改めて、スピン、スライス、またはフラット。

自分のサーブがどんな回転をしてどんな変化をしながら飛んでいるのかを客観視してみましょう。

動画に撮影するのがオススメです。

それによって、どの場所からどこを狙って打つのかが大きく変わってきます。

今ある自分のサーブのコントロールを良くするには、打ち出す場所と方向を変えるのが一番楽ですぐにできることです。

難しく考えずに、トライしてみましょう。

4.良いサーブを自分の眼に焼き付ける

プロ選手でも身近な上級者、コーチでも構いません。

同じ視点、できれば近めの真後ろに立って、その人が打つサーブの軌道を眼に焼き付けましょう。

動画ではなく、生で観ることが大切です。

その音と軌道を身体で感じることで、自分自身のイメージもすごく良くなります

大会を観戦に行く機会があれば、ぜひ良い位置に陣取ってサーブを盗みましょう。

5.とにかく意識して「よく狙う」

当たり前、と思われるかも知れませんが、これが大きな第一歩です。

テニスにおいてサーブはまず入れて、そこからラリーが始まるという認識が強い。

特に中級者までの方は「まず入れる」という意識が先行しがちです。

「よく狙う」という意識は、どんなスポーツにも共通しています。

コントロールが良い野球のピッチャー、サッカーのフリーキックの名手は、それこそ狙い先に穴が空くんじゃないかというくらい、睨み付けて集中力を高めます。

そう、まずは相手コートのサービスエリアの角をしっかりに睨んでみて下さい。

おのずと集中力が高まり、ボールにも伝わるはずです!

 

今回は技術的な話ではなく、意識の問題やどうやって自分のイメージを高めるかについて挙げてみました。

もちろん技術的な習得も必要ですが、まずはサーブという技術、そして自分自身を客観視してみるところのスタートがとても大切です。

サーブに自信が持てると、その後のラリーにも自信が持てて良いテンポのテニスができるはず!

ぜひ色々、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です

    サーブって、難しいですよね。テニスにおいて、唯一、自分で好きな…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

  3. サーブ

    ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?

    サーブを何とかしたい!と、考えている方は多いですよね。…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう

    ダブルスの試合、強力なリターンを持つ相手との対戦は避けられないでしょう…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの「伸びていく力」を把握する簡単な方法とは?

    自分のサーブ、どれくらい相手に伸びていっているのか。入ったコー…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サイト

    その他

    テニスフリークならチェックしておきたい!テニス情報サイトとは?
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる…
  4. ストローク

    「ボレー対ストロークのラリー練習」を工夫して、ストロークの応用力を磨くメニューに…
  5. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである
PAGE TOP