テニス サーブ

サーブ

男性ならしっかり打てるようになりたい、「相手バックハンド側へキックするサーブ」を身に付けるコツとは?

テニスの試合で強い選手は、やっぱりサーブが良い。

良いサーブの要素って色々あると思いますが、特にセカンドサーブでしっかり相手から「チャンス」となるリターンを引き出して、攻撃させないようなサーブが、実際の試合では使えますよね。

今回は、男性ならぜひ、女性でも力を使わないで無理なく打つことができる、相手バックハンド側へのキックサーブについて、確認してみたいと思います!

 

男性ならしっかり打てるようになりたい、「相手バックハンド側へキックするサーブ」を身に付けるコツとは?

 


 

■スピンサーブでも、「打点はあくまで前」になるように

スピンサーブを誤解している方、いませんか?

プロ選手のフォームを観ると、大きく上半身を反って頭の後ろくらいで打っているようなフォームに見えます。

しかし、あくまで打点は前!

打点はコートの内側で、打った後はコート内に着地するような打ち方になっていることをしっかり認識しましょう。

後は上半身の反り、だけでは良いキックサーブは打てません。

大事なのはまずグリップ。

薄いコンチネンタルグリップで、ボールと当たるラケットの表面積を多く確保する必要があります。

ボールの上をこする、のではなく下を潰していくような打感イメージを持ってみましょう。

最初は大きくフォルトしてOK。

徐々に、しっかり潰した打感から、回転がかかっていくのを覚えていけるはずです。

こするようなサーブは、試合でここぞ、というときに入らなくなりますので早く卒業しましょう。

 

■ネットの高い位置を通すことで、重力も利用できる!

ネットの高い位置を通すことが、相手にとって嫌らしく高く弾むサーブへの第一歩です。

高い位置から落ちるボールは、当然重力の影響を受けて高く弾みます。

ですのでネットの2mくらい上を狙って、しっかりそこを通過させるような軌道をイメージして練習しましょう。

また、しっかり相手のバックハンド側へサーブを入れるには、「横に曲がる軌道」も計算に入れましょう。

スピンサーブは、少なからずスライス回転の要素も含んでいますので、右利きの方であれば左方向に少し曲がるはずです。

ですのでその曲がり分も計算して、良い場所に落ちるような軌道を身に付けていかなければ、試合で使えません。

 

■コートを蹴ってジャンプ!前足の膝を曲げる癖を付けましょう

前足の膝、サーブを打つ時にしっかり曲がっていますか?

ついトスアップに意識がいきがちですので、なかなか下半身に意識が向かずに棒立ちになったまま打つ選手が多く見受けられます。

これは本当に、もったいない。

下半身から上に抜けていくような力の伝え方をしないと、良いスピン、重いスピン回転はかからないのです。

前足にしっかり体重を乗せて、膝を曲げて打ってみて下さい。

そこを変えるだけで、今のままの打ち方できっと良いサーブに改良できるはずです。

 

プロ選手のセカンドサーブに注目してみましょう。

彼らはセカンドサーブになると、まず「相手に攻撃されないようなサーブ」に切り替えてきます。

バックハンド側に高く弾むボールは、誰だって返球し辛いもの。

もちろんダブルスでも大活躍、間違い無し。

アナタも身に付けて、ライバルを倒す格好の武器になるはずです。

サーブに苦手意識を持っている方なら、なおさらチャレンジをお勧めします!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

    テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になり…

  2. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り

    サーブがどうしても、安定しない。そう悩んでいる人は、一目見れば…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよう

    サーブを打つとき・・・までは神経を使っていても、打ち終わったときにはも…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型

    ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。皆さんなら、どんな選…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置が原因です

    サーブのコースの打ち分け、皆さんはどの程度意識しているでしょうか?…

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」の…
  2. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?
  3. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、鋭いボレーに必要なのは、「後ろ足の膝の曲げとキック」です
  5. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
PAGE TOP