テニス サーブ

サーブ

男性ならしっかり打てるようになりたい、「相手バックハンド側へキックするサーブ」を身に付けるコツとは?

テニスの試合で強い選手は、やっぱりサーブが良い。

良いサーブの要素って色々あると思いますが、特にセカンドサーブでしっかり相手から「チャンス」となるリターンを引き出して、攻撃させないようなサーブが、実際の試合では使えますよね。

今回は、男性ならぜひ、女性でも力を使わないで無理なく打つことができる、相手バックハンド側へのキックサーブについて、確認してみたいと思います!

 

男性ならしっかり打てるようになりたい、「相手バックハンド側へキックするサーブ」を身に付けるコツとは?

 


 

■スピンサーブでも、「打点はあくまで前」になるように

スピンサーブを誤解している方、いませんか?

プロ選手のフォームを観ると、大きく上半身を反って頭の後ろくらいで打っているようなフォームに見えます。

しかし、あくまで打点は前!

打点はコートの内側で、打った後はコート内に着地するような打ち方になっていることをしっかり認識しましょう。

後は上半身の反り、だけでは良いキックサーブは打てません。

大事なのはまずグリップ。

薄いコンチネンタルグリップで、ボールと当たるラケットの表面積を多く確保する必要があります。

ボールの上をこする、のではなく下を潰していくような打感イメージを持ってみましょう。

最初は大きくフォルトしてOK。

徐々に、しっかり潰した打感から、回転がかかっていくのを覚えていけるはずです。

こするようなサーブは、試合でここぞ、というときに入らなくなりますので早く卒業しましょう。

 

■ネットの高い位置を通すことで、重力も利用できる!

ネットの高い位置を通すことが、相手にとって嫌らしく高く弾むサーブへの第一歩です。

高い位置から落ちるボールは、当然重力の影響を受けて高く弾みます。

ですのでネットの2mくらい上を狙って、しっかりそこを通過させるような軌道をイメージして練習しましょう。

また、しっかり相手のバックハンド側へサーブを入れるには、「横に曲がる軌道」も計算に入れましょう。

スピンサーブは、少なからずスライス回転の要素も含んでいますので、右利きの方であれば左方向に少し曲がるはずです。

ですのでその曲がり分も計算して、良い場所に落ちるような軌道を身に付けていかなければ、試合で使えません。

 

■コートを蹴ってジャンプ!前足の膝を曲げる癖を付けましょう

前足の膝、サーブを打つ時にしっかり曲がっていますか?

ついトスアップに意識がいきがちですので、なかなか下半身に意識が向かずに棒立ちになったまま打つ選手が多く見受けられます。

これは本当に、もったいない。

下半身から上に抜けていくような力の伝え方をしないと、良いスピン、重いスピン回転はかからないのです。

前足にしっかり体重を乗せて、膝を曲げて打ってみて下さい。

そこを変えるだけで、今のままの打ち方できっと良いサーブに改良できるはずです。

 

プロ選手のセカンドサーブに注目してみましょう。

彼らはセカンドサーブになると、まず「相手に攻撃されないようなサーブ」に切り替えてきます。

バックハンド側に高く弾むボールは、誰だって返球し辛いもの。

もちろんダブルスでも大活躍、間違い無し。

アナタも身に付けて、ライバルを倒す格好の武器になるはずです。

サーブに苦手意識を持っている方なら、なおさらチャレンジをお勧めします!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス 前衛

    サーブ

    ダブルスの試合で「セカンドサーブの方が実はポーチに出やすい」4つの理由

    ダブルスの試合、シングルスの試合とココが違う。私は、そう思いま…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実

    試合の中で、一番疲れること、消耗すること。それは、間違いなくセ…

  3. サーブ

    ブレイクした後のサービスキープ、なぜ難しいのか?

    テニスの試合は、キープやブレイク、の繰り返し。必ずどちらかの…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

    サーブについての考え方は、人それぞれ。一発で決めたいと思う人、…

  5. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

    サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。これを考えたときに、…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイン…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう
  3. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」…
  4. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ
  5. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ…
PAGE TOP