テニス シングルス

ボレー

広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が出来るようになりましょう!

プロテニス選手のシングルスの試合を観ていて、皆さんは何を感じますか?

「サーブ1本で決まって、つまらない」

「ストローク主体の選手ばかりで、皆同じに見える」

「ネットに出ても、パッシングショットで抜かれてばかりだな・・・」

色々あると思いますが、今回はこの最後の疑問に着目してみます。

確かに最近のシングルスの試合、男子も女子も、ネットに出てポイントを獲る確率より、抜かれている確率の方が高いような気がしますよね。

それでもネットに出ていく理由と、その時の考え方について、私なりの考えをまとめてみました。

 

広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が出来るようになりましょう!

 


 

1.プロ選手だって、コート全てをカバーすることは出来ない

シングルスのコートは広い。

そしてネット出れば、なおさら相手がボールを打ってから自分のところに届くまでの時間も速い。

そんな中で、全ての自分のコートをカバーするなんて土台無理な話なのです。

大事なのは、ポジショニングと予測。

ボレーの技術は、はっきり言って二の次くらいに考えたほうが良いでしょう。

技術の進歩を待っていては、いつまで経ってもベースラインがアナタの居場所になってしまいます。

それくらい、大胆な考え方が無いとシングルスでのネットプレーは厳しい。

ストロークが得意な相手に相対するときには、用意周到な準備が必要です。

 

2.ニアサイドをふさぎ、さらに相手の癖をふまえて予測する

まず予測の大原則は、テニスに限らずですが「ボールに対して近い側」をしっかり塞ぐということ。

パッシングショットであれば、まずストレート方向のコースが相手にとっては抜きやすい、より相手まで短い距離で攻撃できるコースであることを大前提として覚えておきましょう。

クロス方向へのパッシングショットは、自分の「眼の前」を必ず一度通過しますので、ストレートより反応が遅れても何とか触ることが出来る。

この優先順位を確認しましょう。

そこにプラスするのが、相手の特徴。

「バックハンドストロークは、ショートクロスが得意っぽい」ときには、あえてクロス側のコースを張ってみても良い。

ロブで逃げてくる傾向にあれば、ネットに詰め過ぎないことも大事。

漠然と待つのではなく、この2つの要素を組み合わせてしっかり予測してネットプレーにつなげていきましょう!

 

3.シングルスでは「積極的にネットに出ること」、それ自体が大事!

どんなに適格な予測をしても、ポジションを取れていても、抜かれるときは抜かれます。

大事なのは、まず「ネットに出る」という事実。

シングルスの試合で、ネットに出れないプレイヤーは絶対に試合で上に勝ち上がれません。

なぜなら相手が気付いてしまえば、どんどん浅いボールで前におびき出される。

浅いボールからの攻撃パターンは、適格な予測で相手にリスクを冒させることがまず大切。

華麗なネットプレーでのウィナーにこだわっていては、結果ネットでのポイントが獲れず自滅していくだけです。

 

それにしても錦織選手とジョコビッチ選手の試合、パッシングショットの応酬でした。

あれくらいのストロークレベルになると、もはや前に出たほうがポイントを落としてしまうイメージが強く、なかなかアプローチショットが難しい。

厳しく攻撃しようとして結果アウトしてしまうような場面が、特に錦織選手には多かったように思います。

アナタはどうですか?

シングルスの試合でステップアップしたいなら、ネットに出るときの意識と準備を変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

    自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。ドロップボレーも…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!

    バックハンドボレー、しっかり打てるとカッコいいですよね。試合で…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

    もしかしたら、基本から逸脱しているかも。でも、実際に私は必要だ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い

    リラックスしてストロークは打てるのに、ボレーになると急に力が入る人は多…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻す…
  3. テニス知識

    【プロが教える】自宅で出来る!テニストレーニング Vol.1
  4. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない
PAGE TOP