テニス 感覚

メンタル

格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる

格上相手の試合、どうしても弱気になってしまう人。

何度も自分を責めても、何も変わりません。

発想を変えれば、試合への意欲も変わって来る。

練習して技術を向上して、ばかり考えていても・・・時間がどんどん過ぎていくだけ、じゃないですか?

 

格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる

 

1.アナタが技術を向上させる間に、時間は止まる?

時間だけは、誰しも平等に流れています。

いや、もっと言えば・・・私の感覚では、より強い選手、良い環境でテニスをしている選手の方が時間を有効に使える。

アナタ自身、格上の選手に勝ちたいと思って練習を頑張っても、それ以上のスピードで格上選手は上達していくでしょう。

これが、事実であり現実です。

勝ちたいなら、普通の練習、だけをやっていても厳しい。

戦い方を変えていかないと、格上選手には絶対に勝てない。

それくらいの危機感、が私は大事だと思いますよ。

 

2.そもそも、格とは何で決まる?

私は、テニス選手の格って簡単だと思っています。

パッと見、まずはサーブとストローク。

これだけで、人はその人のテニスの格を判断してしまう。

アナタの周りも、そうじゃないですか?

「この人のストロークが凄い」ということは、そのままこの人のテニスは凄い、格が上だとなっていく。

男性なら、サーブも重要な要素ですかね。

でもそれって、上辺だけ、だと私は思いますよ。

上辺だけ強い相手が格上相手、だと仮定してみる。

どうでしょう、化けの皮をはがしてみたいと思いませんか?

格上選手に勝つってそういうこと、です。

 

3.格上選手に勝つには、まず「正体を暴く」ことから

こういう発想、が私は大事だと思います。

めちゃくちゃ強い相手、だと思って怖気づいているだけだと、相手の思うツボ。

私は、テニスが強い相手は「化けの皮」をはがしてあげることで、本当の実力が分かると思っています。

そう、サーブやストロークがどんなに凄くても、ボレーやリターン、駆け引きには穴がある。

その穴を信じて、相手を前に引っ張り出したり、違う土俵に引きずり込む。

こうやって、試合を作っていくこと、大事だと思いませんか?

 

4.テニスというルールの中に、アナタ自身の競技を作ろう

テニスって、どんなスポーツでしょう。

ストロークにボレー、サーブにリターン、たくさんの技術は問われます。

同時に、自分で「選択できる」競技でもある。

ストローク、ボレー、どっちも有効ですしね。

格上相手にこそ、アナタ自身の「競技」を作るつもりで挑む、という発想はどうでしょう。

何度か書いて来ましたが、私は格上相手にはストロークラリーはしません。

必ず前に出る、相手も前に出す。

その為の技術、を日々磨いている。

邪道なテニス?という方もいるかも知れませんね。

確かに、やり方は違うかも知れません。

そう、私はテニスのルールの上に、自分の競技を作っているつもりで戦っています。

こういう発想、おかしいですか?

格上相手ですから、これくらいでいかないと。

発想を変えること、でテニスは変わる。

そしてきっと、結果も変わってくると思いますよ。

 

発想を変えていかないと、簡単に折れるメンタルは変えられません。

それくらい、テニスって個人の力が際立ってしまう、目立ってしまいますからね。

でも、だからこそチャンスがあるんですよ。

多くの人が、強いと思っているあの選手。

でもそれって、その選手が自分の土俵で戦っているから、でしょう。

アナタ自身で、競技を作ってしまえば良い。

私は、そう思いますよ。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人

    「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。…

  2. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

    試合で強い人は、ミスを続けない。切り替えが上手い、ように見えま…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと

    試合では、どんなに準備しても緊張する。それは自分自身が勝ちたい…

  4. メンタル

    1つ1つのショットのレベルは高いのに、「試合で実力を出せない」人が意識して欲しいこと

    練習では目が覚めるようなショットを打てるのに、試合で使えない、勝てない…

  5. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人

    試合の中で、ここがしっかりスコア差となって出て来る。テニスの試…

  6. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うのか?

    テニスの実力がある選手は、試合会場でも良い雰囲気を出している。…

特集記事

  1. メンタル

    良い時ではなく、悪い時にどうプレーするのか?
  2. スマッシュ

    テニス試合でのネットプレー、「最後はスマッシュでフィニッシュする」という意識を持…
  3. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い
  4. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事で…
PAGE TOP