テニス 感覚

メンタル

格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる

格上相手の試合、どうしても弱気になってしまう人。

何度も自分を責めても、何も変わりません。

発想を変えれば、試合への意欲も変わって来る。

練習して技術を向上して、ばかり考えていても・・・時間がどんどん過ぎていくだけ、じゃないですか?

 

格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる

 

1.アナタが技術を向上させる間に、時間は止まる?

時間だけは、誰しも平等に流れています。

いや、もっと言えば・・・私の感覚では、より強い選手、良い環境でテニスをしている選手の方が時間を有効に使える。

アナタ自身、格上の選手に勝ちたいと思って練習を頑張っても、それ以上のスピードで格上選手は上達していくでしょう。

これが、事実であり現実です。

勝ちたいなら、普通の練習、だけをやっていても厳しい。

戦い方を変えていかないと、格上選手には絶対に勝てない。

それくらいの危機感、が私は大事だと思いますよ。

 

2.そもそも、格とは何で決まる?

私は、テニス選手の格って簡単だと思っています。

パッと見、まずはサーブとストローク。

これだけで、人はその人のテニスの格を判断してしまう。

アナタの周りも、そうじゃないですか?

「この人のストロークが凄い」ということは、そのままこの人のテニスは凄い、格が上だとなっていく。

男性なら、サーブも重要な要素ですかね。

でもそれって、上辺だけ、だと私は思いますよ。

上辺だけ強い相手が格上相手、だと仮定してみる。

どうでしょう、化けの皮をはがしてみたいと思いませんか?

格上選手に勝つってそういうこと、です。

 

3.格上選手に勝つには、まず「正体を暴く」ことから

こういう発想、が私は大事だと思います。

めちゃくちゃ強い相手、だと思って怖気づいているだけだと、相手の思うツボ。

私は、テニスが強い相手は「化けの皮」をはがしてあげることで、本当の実力が分かると思っています。

そう、サーブやストロークがどんなに凄くても、ボレーやリターン、駆け引きには穴がある。

その穴を信じて、相手を前に引っ張り出したり、違う土俵に引きずり込む。

こうやって、試合を作っていくこと、大事だと思いませんか?

 

4.テニスというルールの中に、アナタ自身の競技を作ろう

テニスって、どんなスポーツでしょう。

ストロークにボレー、サーブにリターン、たくさんの技術は問われます。

同時に、自分で「選択できる」競技でもある。

ストローク、ボレー、どっちも有効ですしね。

格上相手にこそ、アナタ自身の「競技」を作るつもりで挑む、という発想はどうでしょう。

何度か書いて来ましたが、私は格上相手にはストロークラリーはしません。

必ず前に出る、相手も前に出す。

その為の技術、を日々磨いている。

邪道なテニス?という方もいるかも知れませんね。

確かに、やり方は違うかも知れません。

そう、私はテニスのルールの上に、自分の競技を作っているつもりで戦っています。

こういう発想、おかしいですか?

格上相手ですから、これくらいでいかないと。

発想を変えること、でテニスは変わる。

そしてきっと、結果も変わってくると思いますよ。

 

発想を変えていかないと、簡単に折れるメンタルは変えられません。

それくらい、テニスって個人の力が際立ってしまう、目立ってしまいますからね。

でも、だからこそチャンスがあるんですよ。

多くの人が、強いと思っているあの選手。

でもそれって、その選手が自分の土俵で戦っているから、でしょう。

アナタ自身で、競技を作ってしまえば良い。

私は、そう思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

    今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。一番、…

  2. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い

    試合の中で、怖いもの。それは相手でも無いし、負けた後のコーチで…

  3. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

    テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。ですがテ…

  4. メンタル

    相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ

    テニスの試合って、感情的になりやすい。何ででしょうね、ネットで…

  5. メンタル

    結果と姿勢は、分けて考える

    何か手応えがあるのに、結果が伴わない時。みなさんも、テニスを…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    試合に負けた後のことなど、試合中に考えてはいけない

    試合で勝ち切れない人、に共通すること。私はプロの試合も審判台の…

特集記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?
  3. テニス チャンス

    その他

    学び続ける人生、こそ本当に幸せな人生だと思う
  4. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしてい…
PAGE TOP