テニス スマッシュ

戦術

「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない

「まさか、ここで動いて来るとは・・・」という場面、経験ありますか?

相手の動きが読めない、試合巧者の人はよく理解している。

アナタ自身、今すぐ試合に勝ちたいならこの意識は大事です。

「え?今?」というようなポイント、一緒に探してみませんか?

 

「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない

 

1.試合の最初のポイント、エネルギッシュにいこう!

以前にも書いたことがあると思いますが、試合の最初のポイント。

ここで私は必ず、サーブ&ボレーかリターンダッシュをします。

それは、シングルスの試合でもそう。

「いきなり・・・!?」と相手に思わせる、最初から全開で入っていくという意志を見せる。

もちろん、失敗することもありますよ。

でも相手の出鼻をくじく、精神的に負荷をかけることを優先しているので、ポイントは気にしない。

例えば、こういうポイント、アナタはいくつ持っているでしょうか?

 

2.ダブルスなら相手のセカンドサーブとか、良いポイント!

ダブルスで前衛がポーチに出るなら、あえてのセカンドサーブ、なんて最高ですね。

リターン側は、まさか緩いセカンドサーブで出てくる、なんて思っていない。

アンダーサーブからポーチ、なんてのも良いかも知れません。

要は、「普通、今出ないだろ・・・」という場面でこそ、動くこと。

だって、よく考えてみて下さいよ。

普通出ない、動かない場面、というのは自分たちが苦しい場面も多いはず。

何もしないで失点、する確率が高いポイントだと思いませんか?

 

3.相手を出し抜いたポイントは、失点の重みが違う

スコア上は同じ失点ですが、きっとその重みは違うはず。

アナタ自身、イメージしてみて下さい。

試合の序盤、様子を見ようという場面でネットに出られる。

楽に攻撃出来る場面で、カウンターでポーチを喰らう。

こういうのって、本当に嫌・・・じゃないですか?

普通に試合をしよう、と思っていては、いつまで経っても「やられる側」でしかない。

さぁ、今日からガンガン仕掛ける側、に回っていきましょう!

 

いつも思うんですけど、テニスは「いつ動いても良い」スポーツなんです。

だからこそ、アナタ自身有効なタイミングを探りたい。

強い相手、格上相手に戦うなら、心理戦で負けては試合にならないでしょう。

まだまだ、隠された「え?ここで・・・?」というポイントは、たくさんあるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    真剣勝負のテニスの試合では、「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本

    試合中に、出来るだけ意識したいこと。それは、相手に自分を悟られ…

  2. テニス シングルス

    戦術

    大事なテニスの試合の中で、「やって良いミス、悪いミス」を分けて考えよう

    試合の中で、失点は避けられない。どんな名選手でもミスはするし、…

  3. テニス 準備

    戦術

    自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう

    例えばみなさん、相手がすごく素早い、粘り強い。こういう選手って…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 戦術

    戦術

    「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう

    何か新しいことを始める、練習する。その中で、皆さんはきっと最初…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です

    夏の高校野球、今年も熱戦でしたね。毎年思うのが、野球って延長戦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す
  2. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算…
  3. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです
  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ドロップショットが拾われて決まらない・・・」人は、回転の質をチ…
PAGE TOP