テニス ボレー

メンタル

格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

試合で何が、一番辛いか。

それは相手が「余裕を持ってプレーをしている」ときじゃないですか?

格上相手なら、そうなってしまうともう手が付けられない。

アナタ自身、相手の「余裕を無くす」為にどんなプレーが出来るでしょうか?

 

格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

 


 

■序盤にリードされると、相手に余裕を持たれてしまう

相手に余裕を与えてしまうのは、序盤が全て。

0-2、0-3、となってくると、実力的に上回る相手はどんどん「リスク」を冒してくるし、プレッシャーが無いからそのショットが決まりやすい。

あっという間に試合が終わってしまうのは、実は必然の現象、なんです。

試合の序盤にしっかり付いていかないと、相手のプレーはどんどん良くなってくる。

格上相手なら、まずそのスコア差を作らないように。

ファーストサーブとリターンを入れ、相手のナイスショットは捨てる、とにかく序盤から粘りを相手にアピールする、ポイントをリードしたら奇襲を入れる。

序盤こそ大事、という確認をしっかりしておいて試合に挑みましょう。

 

■相手の余裕を無くすには、「フィニッシュショット」を返球することから

私がオススメの作戦は、相手の「フィニッシュショット」を粘って返球すること。

相手の武器を確認して、例えばフォアハンドのダウンザライン、であれば、しっかりそのボールに喰らい付く。

最終的にポイントが獲られても、しっかりフィニッシュショットを粘って長いラリーをしていく。

これって、相手は嫌ですよ。

決まった、終わったと思ったら返球される、から余裕が無くなっていく。

余裕を削ぐには、アナタ自身どこに「ポイントを絞るか」が大事なのですから。

 

■リターンこそ、相手のメンタルを削っていく一番の武器

もう一つ、セカンドサーブはしっかり攻撃していきましょう。

入れに来るようなボールは、しっかり叩いていく、または前に落としてドロップ気味に展開していく。

「セカンドになったら、まずいな・・・」という心理は、余裕が無い心理。

対戦相手をこの心理にもっていくためには、リターンにバリエーションが必要ですね。

普段の練習から、強打以外のコース、ショットの種類、を磨いて準備しておきましょう。

 

思った以上に、相手はコントロール出来る。

「この人、強いな・・・」と思っていても、始まらない。

実は揺さぶっていくと、案外簡単に崩れていってくれますよ。

大事なのは具体的な準備と、アナタ自身の勝ちたいという意志、です。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  2. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

    気持ち良く、試合に勝って終わりたい。それは難しいと分かっていて…

  3. テニス 錦織圭

    メンタル

    「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多いのはなぜか?

    リオオリンピックが開幕し、テニス競技は良い感じでスタートを切りましたね…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている

    テニスの試合の中では、絶体絶命のピンチがある。ブレークポイント…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!

    唯一、身近な存在で対戦できないのが「自分」ですよね。アナタは、…

特集記事

  1. リターン

    バックハンドでストレート方向にリターン、フォロースルーは無くて良い
  2. 食事

    戦術

    「テニスの醍醐味、味わってる?」テニスの試合で必要なパワーに頼らない戦術の考え方…
  3. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について
  4. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方
  5. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!…
PAGE TOP