テニス ボレー

メンタル

格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

試合で何が、一番辛いか。

それは相手が「余裕を持ってプレーをしている」ときじゃないですか?

格上相手なら、そうなってしまうともう手が付けられない。

アナタ自身、相手の「余裕を無くす」為にどんなプレーが出来るでしょうか?

 

格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から

 


 

■序盤にリードされると、相手に余裕を持たれてしまう

相手に余裕を与えてしまうのは、序盤が全て。

0-2、0-3、となってくると、実力的に上回る相手はどんどん「リスク」を冒してくるし、プレッシャーが無いからそのショットが決まりやすい。

あっという間に試合が終わってしまうのは、実は必然の現象、なんです。

試合の序盤にしっかり付いていかないと、相手のプレーはどんどん良くなってくる。

格上相手なら、まずそのスコア差を作らないように。

ファーストサーブとリターンを入れ、相手のナイスショットは捨てる、とにかく序盤から粘りを相手にアピールする、ポイントをリードしたら奇襲を入れる。

序盤こそ大事、という確認をしっかりしておいて試合に挑みましょう。

 

■相手の余裕を無くすには、「フィニッシュショット」を返球することから

私がオススメの作戦は、相手の「フィニッシュショット」を粘って返球すること。

相手の武器を確認して、例えばフォアハンドのダウンザライン、であれば、しっかりそのボールに喰らい付く。

最終的にポイントが獲られても、しっかりフィニッシュショットを粘って長いラリーをしていく。

これって、相手は嫌ですよ。

決まった、終わったと思ったら返球される、から余裕が無くなっていく。

余裕を削ぐには、アナタ自身どこに「ポイントを絞るか」が大事なのですから。

 

■リターンこそ、相手のメンタルを削っていく一番の武器

もう一つ、セカンドサーブはしっかり攻撃していきましょう。

入れに来るようなボールは、しっかり叩いていく、または前に落としてドロップ気味に展開していく。

「セカンドになったら、まずいな・・・」という心理は、余裕が無い心理。

対戦相手をこの心理にもっていくためには、リターンにバリエーションが必要ですね。

普段の練習から、強打以外のコース、ショットの種類、を磨いて準備しておきましょう。

 

思った以上に、相手はコントロール出来る。

「この人、強いな・・・」と思っていても、始まらない。

実は揺さぶっていくと、案外簡単に崩れていってくれますよ。

大事なのは具体的な準備と、アナタ自身の勝ちたいという意志、です。

ピックアップ記事

  1. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」のをオススメします

    試合の序盤、シングルスでもダブルスでもなるべくネットプレーを入れる。…

  3. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ

    以前実施したアンケートの中で、3名の方から頂いたご質問・・・よりもお悩…

  4. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素

    「己の下手さを、知りて一歩目」この言葉は、いつもどこかに噛み締…

  5. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け

    何も問題無いのに、焦ってしまう。試合で、実はこういう悪循環に陥…

  6. テニス 戦術

    メンタル

    試合では、良いポイントを3つ続けるのが大変なんです

    私は審判台の上から、思っていたこと、気付いたことがあります。試…

特集記事

  1. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  2. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
  3. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから
  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイン…
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で「トップスピンのストロークをスライスで粘りたい」ときに、必要なボー…
PAGE TOP