テニス メンタル

リターン

ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

ボディへのサーブ、きっと最近増えています。

こう感じるのは、男子の試合だけじゃない。

以前は男子ダブルスの試合でよく見るサーブでしたが、今は女性でもこの「ボディへのサーブ」を武器にする人は多い。

速いサーブがボディに食い込んでくる、ようなこともしっかり意識して準備しておきましょう。

コツさえつかめば、みなさん必ず打てます。

 

ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

 

1.ボディへのサーブ、いつもロブ頼みじゃない?

特に女性の方、はそうだと思います。

速いと感じた時には、とっさにロブを選択してしまいがち。

速いボディへのサーブがファーストサーブで入ったら、自然とそうなってしまうかも知れませんね・・・でも・・・。

それで勝てる試合って、少ないと思うんです。

だって、相手からすると「ロブを打たせる為の、ボディサーブ」なはずですから。

そのロブ、毎回楽に打たれてしまうでしょう。

大事なのは、ボディへのサーブもいかにクロス方向へ低くリターン出来るか、です。

 

2.フォアハンド、バックハンド、どちらで取る?

これからまず、意識しましょう。

オススメは、サイドに寄って変えること。

右利きの方であれば、デュースサイドはフォアハンド、アドバンテージサイドはバックハンド、でいきましょう。

脇を締めて、ラケット面を被せるように打っていく。

そのためには、身体をコートの内側に傾けてボールを外側に置く、そのままラケット面を被せていくような感じで打っていく。

このコツ、なかなか難しいと思います。

勇気を持って、ラケット面を被せる、という行為が大事なんです。

脇を締めて、しっかりコースを突いていく。

速く低いサーブの力の向きを、正確に変えてあげましょう。

 

3.キックするサーブを、しっかり抑える

男性のサーブであれば、キックするような勢いを抑えないといけませんね。

ボディへのサーブ、下から激しくキックして来るサーブを、ラケット面を被せて対応。

被せることが出来ないと、ラケットが弾かれてボールが浮いてしまう。

スライスサーブも、横から食い込んでくるので厄介ですね。

ボールが浮くと、ダブルスの試合ではもう詰められて苦しくなる。

キックサーブがボディに食い込んで来る、ときへの準備は絶対に必要です。

 

4.上手く上半身を逃がす、ことがポイント

ラケット面ともう一つ、上手く上半身を「逃がす」ことも出来るようになりましょう。

足を動かす時間は無くても、上半身を横に反らして、ラケットを動かす場所を作ってあげる。

速いサーブは時間が無いですからね。

とにかく速い判断で、ラケットが「上半身があった場所」で仕事が出来るように。

普段から、練習相手にボディにサーブを打ってもらって練習出来ると良いでしょう。

サーブも、前の位置から打ってもらって反応を鍛えること。

ぜひ、練習で意識してみて下さい。

 

リターンをしっかり返球する、ためには、このボディへの対応は欠かせない。

特にダブルス、ですね。

クロスへしっかり返球出来れば、今までのようなロブでの返球も効いてきますからね。

「ボディへ打っておけば、クロスは無いな」と思われないように。

しっかり準備しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. リターン

    「浅いセカンドサーブは、思い切ってドロップショットでリターン」が実践出来ると試合で効果的!

    リターンを工夫出来ると、試合の中での攻撃の幅はグッと広がる。そ…

  2. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

    試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。ブ…

  3. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  4. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃない…

  5. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

    錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。何と言っても、リタ…

  6. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

    試合の中で、厳しいサーブで攻撃される。これは、上のレベルの試合…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い…
  2. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応…
  4. テニス 守備

    ストローク

    ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を…
PAGE TOP