テニス サーブ

サーブ

「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!

スライスサーブといえば、ワイドに切れていくことで有効なサーブ。

特に左利きの方は、得意にしている方も多いかと思います。

このデュースサイドからのスライスサーブ、実はセンターに入れても有効なサーブになることは、あまり知られていません。

上手く狙えば、ボディへ食い込む非常に効果的なサーブになって、試合で有効活用できるのです。

 

「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!

 

■ボディへのサーブは「大事なポイント」で頼りになります!

大事なポイントは、試合の中で必ずあります。

「このポイントを獲るかどうかで、試合の大局が決まる・・・」そんなときに、どんなサーブの選択肢があるでしょうか。

リターン側も思い切って山を張ってくる可能性も高い。

そんなときに、ボディへのサーブはとても有効です。

左右のサイドラインを狙うよりも入りやすいですし、エースにならなくとも相手は攻撃し辛い。

そんなボディへのサーブでお勧めなのが、右利きの方であればデュースサイドからのセンターへのスライスサーブ。

左利きの方であれば、アドサイドから同じサーブがとても有効です。

 

■スライスサーブは女性でもコントロールしやすい魔法のサーブ

スライスサーブはボールの横を切ることで、回転をかけて曲げていく。

曲がりながら落ちてもくれるので、非常に安定感のあるサーブになります。

コントロールのコツは、「自分のサーブの曲がり具合」をしっかり確認すること。

ネットの上を通過するときには、恐らくデュースサイドであればセンターベルトの約1m右側を狙い、曲がって入るように練習しましょう。

遅くても大丈夫。

遅ければ、それだけ相手が悩んでくれる時間があり、それでボディに食い込んでくればよりリターンし辛いサーブになります。

 

■ダブルスで使うときには、前衛はしっかりロブケア&チャンスボールを待つ

ボディに食い込んでくるボールは、順クロスには返球し辛い。

フォア側で回り込まれたら苦しいときもありますが、基本的にはきゅうくつなバックハンドのリターンになる可能性が高いでしょう。

そこでケアすべきは、ロブで逃げてくるケース。

甘くなることも考えて、前衛は相手の「窮屈度合い」を観察しつつ、チャンスを仕留める準備をしましょう。

 

当然、このサーブも相手が慣れてくればリターンのポジションをセンター寄りにしたり、対応してくることが考えられます。

そうなると、よりワイドのコースが空きますね。

スライスサーブしか打てなくても、この2コースの打ち分けがしっかり出来れば、相手のリターンにプレッシャーをかけることができます。

女性の皆さんも、「サーブは入れるので精一杯」という段階から抜け出す為に、まずはスライスサーブを磨いてみてはどうでしょうか。

特にダブルスで勝ちたい人に、お勧めです!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    自分のサーブがフォルトした時も、相手リターンの反応はしっかり見ておくこと

    自分が打ったサーブが、「フォルト!」のコール。もう意識はセカン…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  4. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

    今年、全豪オープンを予選から突破し本戦入りを果たした西岡選手。メン…

  5. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み…
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い
  4. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「少し左右に振られたくらいで、破れかぶれのショット」になる人は、…
PAGE TOP