テニス ボレー

戦術

テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、実践したい7つのこと

「テニスを始めたばかりだけど、試合に出たい」

「でも、仲間内以外の人との試合は、緊張する・・・」

というみなさん、すごくお気持ちは分かります。

今どんなに上手い人だって、最初はみんなテニス選手としてのスタートライン、すごく怖かったはずです。

試合に勝ちたい、よりも「試合になるんだろうか・・・」という怖い気持ち。

でも、私はそんな初心者のみなさんを、本気で応援したいと思っています。

今回は、初めて外部の試合に出る、ときに必要な意識をまとめてみました。

きっと、このあたりが70%くらい意識出来ていれば、大丈夫でしょう。

 

テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、実践したい7つのこと

 

1.着ていくウェア、履いていくシューズから

まずは、自分の装備から確認しましょう。

これは、試合会場に着いてから「まずい!」と思っても、遅いですからね。

着ていくウェアは、テニスウエアならもちろん問題無いですが、暑い・寒いの問題もありますし、ダブルスペアならあまりに雰囲気が違う感じだと・・・ちょっと、気分が乗っていけないでしょう。

初心者の方でしたら、あまり派手な色よりはシンプルな色、が良いと思います。

またシューズに関しては、基本「オールコート用」で良いでしょう。

普段の練習で履いているシューズ、をしっかり確認しておけば大丈夫です。

たまにテニススクールで「カーペット用」のシューズでしか出来ない、場所もありますので、試合会場のコートがどんなサーフェス(種類)なのかは、試合慣れしている人に聞いてみると良いと思いますよ。

 

2.ドリンクと食糧は多めに!

試合に行く準備段階として、ドリンクや食糧は多めに用意しておきましょう。

テニスの試合は、ほとんどがお昼を買いに行く時間は無い、くらいに思っておいて下さい。

試合会場で売っている場合んもありますが、基本は前日準備。

自分の中で、最大何試合やるのかを考えて、特にドリンクは2リットルくらいは最低用意しておいた方が良いです。

人は緊張すると、より多くの汗をかきますからね。

水分補給は、会場でこまめに行うことが大事です。

 

3.テニスの試合の動画を観ておく

これは、前日や前々日にオススメ、な準備です。

実際の技術、というよりはプレーやカウントの数え方、試合の雰囲気ですね。

プロ選手の試合では、審判やボールパーソン、が付いていて試合をフォローしてくれますが、みなさんが自分で出る試合はセルフジャッジ。

自分たちでボールも拾い、カウントも数えて試合が終わったら本部に報告に行く。

これを、ぜひ初心者の方は周りや相手に「任せない」ような意識を持って欲しいんです。

分からなければ聞く、ことは大事ですが、それは自分で考えて頑張る、ことが大前提。

おんぶにだっこ、な選手は、初心者以前に試合会場で浮いてしまうので注意しておきましょう。

 

4.携帯電話はマナーモードに

最近ではあまり無いように思いますが、試合会場では「音」には注意が必要です。

スマートフォンはしっかりマナーモードに、これは自分が試合をしているとき、以外でも大事なポイントです。

テニスの試合では、選手は非常に音に敏感になっています。

静寂を保つ必要はありませんが、着信音を鳴らしたり、コート近くで大声で談笑したりするのは絶対に避けましょう。

 

5.他の人の試合中にコート内を移動するとき

いざ、試合に入る・・・ときに、日本のテニスコートって横並びになっていることが多い。

ですから、試合中のコートをどうしても横切っていかないと、自分たちの試合のコートに辿り着けないことが多いんです。

このときは、しっかり「試合をやっている人」優先で考える。

インプレー中、試合でラリーが行われているときには、絶対にそのコートの後ろを通らない。

ポイントが途切れたときに、初めて小走りで後ろを通過することを覚えておきましょう。

当然、他の試合中のコートの内側には入らないように。

 

6.とにかくセルフジャッジだけは、やり切ろう!

いざ、試合開始。

技術的な部分で不安は尽きないかと思いますが・・・それはもう、試合会場でどうこうなる問題ではありません。

とにかく、練習してきたことを試す、つもりで楽しめばOK。

でも、セルフジャッジ、についてはしっかり自分の中で準備しておきましょう。

サーブやライン際のショット、は自分のコートに落ちた瞬間にアウトなら「アウト!」と、声を出して腕を上に上げること。

これは、失礼なことでも何でも無くて、必要なジャッジ、なんです。

明らかなアウトでも、しっかりジャッジして相手に伝えること。

カウントにしてもそう、今15-15なのか、30-30なのか?はサーブを打つ選手が、しっかり相手に伝えましょう。

「でも、速いサーブとかは見えないしな・・・」という方は、慣れるまで少しのフォルトはイン、と思ってプレーを続けましょう。

見れない=相手に優位は判定にする、がテニスでは大原則です。

 

7.試合会場で得れる経験は、練習の100倍価値がある

これは、自分のテニス、だけじゃありません。

試合会場では、ほとんどが知らない人、初めて見るテニス。

「みんな、どうやって試合してるんだろう・・・」というのを肌で感じることは、練習の100倍勉強になるはずです。

せっかく、草トーナメントはエントリー費を払って出場している訳ですから、「自分の試合のお金」だけだと思うともったいないですよ。

色々な試合を観て、肌で感じる。

応援も、どんな感じなんだろう?と思って観察してみる。

自分の試合と照らし合わせてみて、初心者の自分に何が必要なのかを考えてみて下さい。

きっと、次の日からの練習は、全く違う意識で臨めるはずです。

 

だからこそ、初心者の方こそ試合に出て欲しいんです。

「でも、サーブは入らないしリターンも返らない、ボレーなんてグシャグシャ・・・」でも、良いじゃないですか。

きっと、試合に出ないとそのまま、半年後も一年後も、変わらないですよ。

試合に出ることが、一番の練習になるのがテニス。

「相手に迷惑をかける?」良いじゃないですか、別に。

目の前にいる対戦相手の人、もしテニスが上手い人でも・・・その人もたくさんの人に迷惑をかけながら、試合に出ては上手くなってきた人でしょう。

試合をすること、から逃げる理由はたくさんあります。

でもやっぱり、それってもったいないと思うんですよ。

だって、テニスが上手くなるのが遅くなるだけ、ですから。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない

    テニスの試合でのナイスショット。それは、練習とは訳が違います。…

  2. 戦術

    打たれたくないコース、に打たせない為には?

    テニスの試合の中で、自分の弱点を攻撃されること。これほど、辛…

  3. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

    今はまさに、日が長い時期。日照時間が長いので、テニスの試合も結…

  4. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

  5. 戦術

    相手を動かすショットで、ミスをしない

    以前にITF(国際テニス連盟)が推奨するテニスの5大戦術、をご紹介し…

  6. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。…

特集記事

  1. テニス 環境

    戦術

    「自分のテニスを変えていく」為には、目先の勝利にこだわらない勇気も大切です
  2. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ…
  3. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステ…
  4. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる
  5. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、一筆したためよう
PAGE TOP