テニス メンタル

その他

テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

試合はたくさんの相手、関係者と一緒に進めていくもの。

自分の勝利はもちろん目指しますが、しっかりマナーも守って気持ち良く過ごしたいですよね。

今回は、初めて試合に出場する方でも覚えておいて欲しい、基本的なテニス試合会場でのマナーをまとめてみました。

 

テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

 


 

1.試合会場には15分前に到着

試合の集合時間、よりも15分は前に到着しておきましょう。

本部の位置を確認し、見つからなければ会場の受付か守衛さんに聞いてみる。

時間ピッタリに試合会場の到着しても、大会本部を探して遅刻・・・なんてことが無いようにしましょう。

結構分かり辛い場所にあることが多いです。

 

2.対戦相手が決まったら早めに試合コートへ

試合が行われるコートが確定したら、速やかに移動。

対戦相手の顔も覚えて、コート脇で待機しておきましょう。

その際に、ダブルスであれば必ずどちらかのペアが残って試合が終わったらすぐにペアを呼ぶこと。

試合が出来る状態なのに、対戦相手をコートで待たせる・・・のはマナー違反です。

 

3.試合の進行に協力する

2.でも書いたように、試合が出来る状態なのに相手がいない・・・というのが、主催者からすると非常に困ること。

こういった小さいロスの積み重ねが、試合の進行に大きく影響してきます。

またコンビニに行きたい、試合会場を離れたいときも、出来るだけペアの片方は試合会場に残っておくこと。

そしてどうしてもシングルスの試合で一人、コートから離れたいときには本部に一声かけて速やかに戻ってくるようにしましょう。

 

4.試合が終わったら速やかにスコアを本部に報告、または記載

大会の進行は大きく分けて2パターンあり、1つは試合結果を全部本部が確認するケース。

またもう1つは、選手自身でスコアを記録して、まとめて本部に報告するケースです。

後者の方は、予選リーグ形式を実施している大会だとよく見られる形で、幹事となるチームがスコアまとめて報告します。

いずれにせよ、試合が終了したら、勝者が速やかに対応すること。

もしアナタが負けてしまった場合でも、しっかり記録されているかどうか本部やスコアシートは確認するように意識しましょう。

 

5.ゴミは自分で持ち帰る

試合会場にあるゴミ箱、きっとすぐにいっぱいになるはず。

出来るだけ自分で持ち帰れるように、ゴミ袋は持参しましょう。

大き目のポリ袋を一つ、用意しておくと周りの仲間の分もまとめられて便利です。

運営している側からすると、こういう参加者の人を見ると涙が出るくらい嬉しくなります。

 

テニスの大会、トーナメントは少し特殊な進行やマナーがあります。

ですが基本的なことを抑えておけば、初心者の方でも安心です。

周りの方とコミュニケーションを取りながら、楽しんで覚えていけると良いですね。

もしアナタが試合の常連、であればぜひ、新しい仲間を歓迎してあげて下さい。

そう、昔のアナタがそうだったように。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ

    みなさんが、苦手なこと。それって、ほとんどが「嫌いなこと」に近…

  2. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問われます

    トッププロの試合を観ていると、特に男子テニスなんかはサーブのスピードが…

  3. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される

    テニス選手は、千差万別。基本となる部分を身に付けた先は、アナタ…

  4. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるようになる

    まだまだ、暑さが続く日もある。皆、ちゃんと身体を暑さに慣らして…

  5. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?

    秋はファッション、おしゃれが楽しい時期ですね。テニスをしていて…

  6. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」

    自分のテニスを劇的に変えてくれる、強くしてくれるきっかけ。それ…

特集記事

  1. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は…
  2. テニス 調子

    テニス知識

    相手が不利なジャッジほど、目を見てしっかり伝えよう
  3. サーブ

    今すぐサーブの威力をアップさせる、打点の意識について
  4. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について
  5. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!
PAGE TOP