ストローク

クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?

クロス方向へのストロークショット、みなさん試合でどう使いますか?

シングルスなら、このショットを軸に組み立てていく感じですよね。

試合に強い人のクロスショットは、相手をしっかり外に追い出せる。

深いだけ、だとテニスでは脅威に成り得ない。

そういう試合、は結構多いです。

 

クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?

 


 

1.何が、相手の脅威になるだろう

試合で、何を相手は嫌がるのか。

これは、アナタ自身が何をされたら嫌かを真剣に考えると、導き出せるはずです。

深いボール?

確かに嫌ですけど、下がって待ったりボレーすることで解消も出来る。

私が嫌なのは、やはり「大きく動かされてう打つこと」です。

安定感に欠けるし、体力も消耗する。

テニスの試合、いかに相手を走らせて打たせるか、は勝つ上で大事なキーワードです。

 

2.クロス方向へのショット、思い切って浅く

私は、試合では結構ショートクロス気味にクロスショットを使います。

そんなにネット際、は狙わずに、サービスライン付近で良い。

ここに、しっかり浅くクロスに打つ。

そうすると、相手をコートの外側に追い出せるんですよね。

深いクロスのショットが打てているなら、このショットとの組み合わせは最高です。

下がっている相手にとっては、サービスライン付近でバウンドするボールって脅威なんです。

横に、更には前にも動かないといけないですからね。

 

3.振り切ること、が第一歩

まず、しっかりスピンのショットで振り切ること。

これが、第一です。

ボールの外側をしっかりラケットで触って振り切る、引っ張るような打ち方にはならないように。

打点に顔を残して振り切れば、自然と良い回転がかかってバウンド後も失速しない。

どうしても、狙う方向を見てしまう人が多いので、初級者の方は上手くコントロール出来ないんです。

狙いを決めたら、打つ方向は見ない、打点に顔を残す。

この意識で試合でも打てれば、きっとミス無く打てますよ。

 

4.相手をサイドに追い出したら・・・?

でも、ポイントはこれで終わりじゃない。

相手は、そこからカウンターを仕掛けてくる可能性も高いですからね。

アナタ自身、相手を追い出した後、のことはしっかり考えておきましょう。

怖いのは、クロスへのカウンターですよね。

角度を付けた場所からは、角度を付けやすいのがテニス。

ここをしっかり警戒しながら、でもオープンコートは出来てますので、慌てず相手を走らせ続ければ良い。

クロス方向に相手を追い出して、仕留める。

ぜひ、ストロークの中からこの展開が出来るように、狙ってみて下さい。

 

意外と、バックハンドのクロスショット。

これが効くんですよね。

私は片手バックハンドですが、振り切れば良い感じで浅い場所に入ってくれるので、試合でも重宝しています。

相手もバック側なら、リーチも短いですしね。

バックハンドのクロスは、浅くても良い。

と思えると、結構楽じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、「どのタイミングで前に踏み込むか?」をシングルスのラリーの中から考える

    前に踏み込んでいく、どのタイミングで皆さんは攻撃のギアを上げますか?…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない

    ストロークで自滅する人。並行陣、を苦手にしている人はすぐ分かり…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されません

    この人、ストローク安定しているな・・・上手いな・・・と感じる人の共通点…

  4. テニス ストローク
  5. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこのポイント

    ストロークのフォームチェックの為によく動画撮影を行う。その時、…

  6. テニス メロブ

    ストローク

    「自分のボールは良い場所にコントロール出来る」で考える癖を

    実力以上に、試合で結果を出せる人。そんな人は、やっぱりどこか「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減…
  2. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで
  3. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    話やLINEが長い人は、テニスも何がしたいのかよく分からない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
PAGE TOP