ストローク

クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?

クロス方向へのストロークショット、みなさん試合でどう使いますか?

シングルスなら、このショットを軸に組み立てていく感じですよね。

試合に強い人のクロスショットは、相手をしっかり外に追い出せる。

深いだけ、だとテニスでは脅威に成り得ない。

そういう試合、は結構多いです。

 

クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?

 


 

1.何が、相手の脅威になるだろう

試合で、何を相手は嫌がるのか。

これは、アナタ自身が何をされたら嫌かを真剣に考えると、導き出せるはずです。

深いボール?

確かに嫌ですけど、下がって待ったりボレーすることで解消も出来る。

私が嫌なのは、やはり「大きく動かされてう打つこと」です。

安定感に欠けるし、体力も消耗する。

テニスの試合、いかに相手を走らせて打たせるか、は勝つ上で大事なキーワードです。

 

2.クロス方向へのショット、思い切って浅く

私は、試合では結構ショートクロス気味にクロスショットを使います。

そんなにネット際、は狙わずに、サービスライン付近で良い。

ここに、しっかり浅くクロスに打つ。

そうすると、相手をコートの外側に追い出せるんですよね。

深いクロスのショットが打てているなら、このショットとの組み合わせは最高です。

下がっている相手にとっては、サービスライン付近でバウンドするボールって脅威なんです。

横に、更には前にも動かないといけないですからね。

 

3.振り切ること、が第一歩

まず、しっかりスピンのショットで振り切ること。

これが、第一です。

ボールの外側をしっかりラケットで触って振り切る、引っ張るような打ち方にはならないように。

打点に顔を残して振り切れば、自然と良い回転がかかってバウンド後も失速しない。

どうしても、狙う方向を見てしまう人が多いので、初級者の方は上手くコントロール出来ないんです。

狙いを決めたら、打つ方向は見ない、打点に顔を残す。

この意識で試合でも打てれば、きっとミス無く打てますよ。

 

4.相手をサイドに追い出したら・・・?

でも、ポイントはこれで終わりじゃない。

相手は、そこからカウンターを仕掛けてくる可能性も高いですからね。

アナタ自身、相手を追い出した後、のことはしっかり考えておきましょう。

怖いのは、クロスへのカウンターですよね。

角度を付けた場所からは、角度を付けやすいのがテニス。

ここをしっかり警戒しながら、でもオープンコートは出来てますので、慌てず相手を走らせ続ければ良い。

クロス方向に相手を追い出して、仕留める。

ぜひ、ストロークの中からこの展開が出来るように、狙ってみて下さい。

 

意外と、バックハンドのクロスショット。

これが効くんですよね。

私は片手バックハンドですが、振り切れば良い感じで浅い場所に入ってくれるので、試合でも重宝しています。

相手もバック側なら、リーチも短いですしね。

バックハンドのクロスは、浅くても良い。

と思えると、結構楽じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 戦術

    ストローク

    打つ前に想像しないと、良いショットは生まれない

    良いショットを打ちたい。誰もがそう思いますよね。でも、…

  2. ストローク

    ライジングショットを、しっかり抑えて打つコツは意外に簡単

    ストロークで下がって打たない。意識はしてみるけど、やっぱり難し…

  3. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

    ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメー…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ドロップショットの目的を、もう一度確認しよう

    ストロークの打ち合いで、押されてしまう。その中で、まともに打…

  5. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法

    皆、しっかり練習してるかい?安定したショットと攻撃のショットの…

  6. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識したいポイントとは?

    今までこのサイトでは、基本的に右利きの方の視点で記事を書かせて頂いてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然…
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    どんなに凄い技術や経歴を持っていても、全てのテニスコーチは「信頼」から始まる
  3. テニス 雪

    日々の雑記

    私が記事を書き続ける理由、について
  4. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか
  5. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しな…
PAGE TOP