テニス ストローク

ストローク

ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?

テニスの試合、なんだかんだ言ってもストロークの力がモノを言う。

だからこそみんな、ストローク力を向上させようと練習では多くの時間を割いている。

それなのに・・・なかなか実力として向上している感じがしない人、いませんか?

モヤモヤ悩んでいても、何も始まらない。

もしかすると、根本的にこういった問題に直面しているのかも知れません。

低い打点でこするストロークの癖、いつの間にか染み付いてしまっていませんか?

 

ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?

 


 

■低い打点では、ストロークは攻撃が難しい

当たり前・・・と感じるかも知れませんが、意外と意識が出来ていない方が多いので。

低い打点でのストロークは、なかなか有効な攻撃が出来ないしリスクが高い。

それなのになぜか、初心者の方を中心に打点が低くなってしまうのはなぜか。

恐らく、ボールをしっかり待って、落として下からスィング、というストロークの基本を最初に習ったからだと思います。

この基本、試合では通用しません。

それは試合に出ているアナタなら、理解して頂けるはずです。

 

■良いスピンとは、こするようなスィングでは無い

ストロークのレベルは、良い回転量をかけられるかどうか。

良い回転量を与えるには、しっかり厚いグリップで打点を前に取り、速いスィングスピードが求められます。

こするようなスピン回転になっていると、軽いボールにしかなってくれない。

特にオムニコートでは、バウンド後に伸びていくようなボールにはならないでしょう。

こするようなラケットの振り方ではなく、下半身から回転させて「厚い」当たりを身に付けておかないと試合では通用しない。

そしてもっと大事なのは、「打点の高さ」です。

 

■ストローク戦で高い打点は、待っていても得られない!

最近の錦織選手やプロ選手の試合を観ていて分かるように、「高い打点」は自分から奪いにいかないといけない。

少しでも相手の打球が浅くなると感じたら、相手が打つ前からポジションを前にする。

いや、普段のストロークのラリー戦からポジションをベースライン近くにしておく必要があるでしょう。

常に甘くなったら「高い打点」で打てる準備があれば、こするようなスィングからも卒業できるはず。

打点を奪いにいく、時間を奪いにいくストロークを、ぜひ今年は身に付けていきましょう。

 

打点が低いから、こするように回転をかける。

この癖が付くと、肘からこねるようなストロークになって、怪我にもつながりやすい。

打点が高ければそれだけ力を入れなくても良いストロークになりますし、こすりあげる必要も無い。

必要なのは勇気と速い判断力。

まずはポジショニングと意識から、変えていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

    テニスが上手くなる、試合に強くなる。うえで、このステップは絶対…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4つ

    錦織選手の初優勝で幕を閉じた、ATP男子のシティオープン。ビッ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手…

    浅いボールを相手から引き出したら、シングルスの試合では相手を追い込む攻…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して欲しいこと

    ストロークをパワーアップさせたいけど、コントロールが出来なければ意味が…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上からしっかり抑えよう!

    浅いボールを攻撃していきたい、ストロークでそう考えている方は多いでしょ…

特集記事

  1. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について
  2. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力
  3. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大き…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り
  5. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う
PAGE TOP