テニス ボレー

日々の雑記

40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?

小さいことですが、気遣いが出来ると「お!?」と感じること。

テニス以外でも、たくさんありますよね。

私がテニスをしていて感じることの中に、「サイドの呼び方」があります。

例えば、テニスで40-30のようなカウント、のときにサーブを打つ、リターンをするサイド。

 

これって、みなさん何て呼びますか?

私は学生時代、「バックサイド」と呼んでました。

でも、それって、右利き主体の呼び方じゃないですか。

無意識のうちに使っているけど、正しくは「アドバンテージサイド」ですね。

デュースに入っていなくても、サイドの呼び方は「アドバンテージサイド」または訳して「アドサイド」。

こういう小さいところ、に気遣いが出来ると、左利きの方からも「分かってくれてるな・・・」と信頼される。

すごく小さいこと、ですけどね。

言葉ってそれくらい、人を信用させるし、同時に差別的な言葉になって傷付けることにもなる。

その自覚がある人は、きっと自然と仲間も増えるし信頼関係の強いペアと長くテニスを続けていける。

私自身、こういうブログを書いていますから、気を付けないと・・・と日々考えています。

出来ているかどうかは、みなさんの判断にお任せします。

 

今回こういう内容を書いたのも、「私は左利きなんですが・・・」というご質問やご意見、が多いから。

私自身、ここは反省です。

自分が右利きですので、どうしても右利きの選手主体の文章、内容になってしまう。

本当の左利きの方の感覚、は正直未知な部分ですから、自信が無い。

でも、それを乗り越えていけるくらい、もっと成長しないといけないなと。

同時に、小さい言葉、本当に一つの片隅のような言葉を、大切にしていきたいと考えております。

まだまだ、テニス界には言葉が足りない。

私は小さいこの場所から、これからも発信し続けていきたいと思います。

 

みなさんも、バックサイドではなく、アドバンテージサイド。

この言葉を使うだけで、左利きの方は「お!」と思ってくれると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます

    何かを決めるのって、難しい・・・と、最近つくづく思います。私自…

  2. テニス トレーニング

    日々の雑記

    先頭を切るアナタの背中を、見ている人は必ずいる

    何事も、新しいことって否定されがち。テニスもそうですけど、仕…

  3. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども

    私は思うんですけど、テニスって凄いスポーツだと思うんです。だっ…

  4. 日々の雑記

    最近インスタグラムで見つけた、面白いトレーニング動画

    最近、Instgaramを見ていて気になった動画。私たちもよく…

  5. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる

    すっかり春らしく、いや夏っぽくもなってきましたね。そろそろ試合…

  6. テニス コントロール

    日々の雑記

    「とりあえず批判しとこう」的な自分を、誰も批判してはくれない

    今年もあっという間に6月、ですね。なんだかもう、今年も半分が終…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 言葉

    ボレー

    ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる
  2. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い
  3. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い
  5. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる
PAGE TOP