日々の雑記

アドバイスは魚、釣り方を覚えないと

テニスにおいて、アドバイスは無限にある。

だからこそ、みなさんにも自分で考えて欲しい・・・というのが、私の願いです。

でも、きっとこのT-PRESSの読者のみなさんなら、出来るはず。

いや、と言いますのも、この3年間で取得させて頂いたアンケート、を読み返していたんです。

その数、約500件。

もう、本当に感謝しかありません、凄いです。

アンケートに答えても、私から何か報酬をみなさんにお渡し出来る訳ではありません。

それなのに、1,000文字以上の感想文やご質問、を頂く方も多いのには、本当に頭が下がります。

私自身の記事も、みなさんのご質問に答える形での更新がたくさんあります。

みなさんから勉強させてもらっている、刺激をもらうことが出来るのが、アンケートでした。

 

よく読んでみると、本当にみなさんよく考えてテニスをしていらっしゃる。

私が考えていないようなところまで、緻密に考えているご意見もたくさん頂きました。

これって、何が凄いってもう「釣り方」を自分で編み出しているようなもの、なんです。

アドバイス、アイデアは言ってしまえば「魚」です。

この魚を、人から釣ってもらう人がほとんど。

でも、読者のみなさんの多くは、自分で「釣り方」を研究している。

だから、どんな無人島でも生きていけるし、試合の現場での発見を練習に活かせる。

釣り方を知らないで、いつまでも口を開けて待つひな鳥のような人、テニススクールに多いじゃないですか。

こういう人は、結局巣から飛び立つことは出来ないでしょう。

自分で釣り方、を覚えるしかないんです、強くなるには。

 

私自身、このサイト上では「釣り方」を書いているつもりです。

「魚」は提供していない。

だって、主に文章だけですからね。

これを読んで、すぐに実践出来る人なんていない。

自分で考えて、試行錯誤しながら私の記事のネタで、実際に釣りをしてみる。

釣れるかどうか、どんな魚がかかるかは、分かりません。

「魚」がすぐに欲しい人には、T-PRESSって向かないサイト。

釣れるかどうかは、みなさん次第。

責任放棄、ではありません。

みなさんを信頼し、心底尊敬しているからこそ、出来ることなんです。

 

これからも、私は釣り方を発信し続けます。

もしかしたら、「釣り方」よりも前の段階の意識や心得、ヒントかもしれません。

みなさんと共に、相互に刺激し合って成長していきたい。

いつかテニスコートでお会いしたいし、試合でも、対戦したい。

そんなことを考えていると、私はすごく楽しいです。

暑い日が続きますが、みなさん体調に気を付けつつ、全米オープンも楽しみつつ、テニス頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス デビスカップ

    日々の雑記

    デビスカップ フランス戦の観戦で感じた事

    既に何度か記事でも書いていますが、先週末にデビスカップを観戦して来まし…

  2. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる

    すっかり春らしく、いや夏っぽくもなってきましたね。そろそろ試合…

  3. テニス 環境

    日々の雑記

    テニスはこれから、「情報格差」の時代へ

    数年前までは、情報格差なんてほとんど無かった。みんなが同じよ…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない

    何となくですが、最近感じること。それは、「シングルスの試合に出…

  5. 日々の雑記

    テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

    大学を卒業してから、約2年間くらい、テニスコーチをしていた時期がありま…

  6. 日々の雑記

    自分が良いと思ってやる、それが最善手

    テニスって、色々と覚えることが多い…と感じる方も多いと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?
  2. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります
  3. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ
  4. その他

    テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる
PAGE TOP