テニス 客観視

日々の雑記

日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?

それにしても、「前からこんなだったっけ?」と、思ってしまう。

高校野球、高校サッカー、大学駅伝・・・。

日本って、スポーツ中継を観ていてすごく「実況」が気になりますよね。

いや、全てが悪いというわけでは無いんですが、今回はあくまで私見を少し。

「敗者がヒーローになる」って、マインドコントロールに近い。

 


 

スポーツには、必ず勝者と敗者に分かれる。

でも、どこか日本のスポーツ中継って「敗者」を讃える。

もちろん、頑張った名勝負、敗者も胸を張って良いし、しっかり想いは伝えてあげたい、と思う気持ちは分かります。

悲劇のヒロイン、を作って視聴率を上げたいのも分かる。

惜しかった、次こそは・・・という報道であれば、どんどん話題も引っ張れる。

 

今放送している世界水泳でも、「なんとこの選手は、〇〇のレースの直後に■■にも出るんです!」という強調の仕方。

まるで、負けても仕方ないかのような布石、だと思ってしまうのは私がひねくれているからかも知れません。

でも、選手はしっかり準備しているし、言い訳が出来ないことは分かっている。

必要以上に、悲劇のヒーロー、ヒロインを作る必要は無いと思いますが、それだと番組として面白くない・・・んでしょうかね。

まぁ、全てはビジネスですし消費者が中心、ですから。

これ以上は言いたくありませんが、最後になぜ、この話をしたのかということを少し。

 

テレビでもそうですが、全ては「刷り込み」の要素を持っている。

読者の皆さんは、テニスの試合で自分が主役となって、勝ちたいと思っているはず。

だからこそ、こういう「美化された悲劇」には、客観性を持って観て欲しいんです。

感情移入が癖になると、「あぁ・・・俺も今日は頑張った、もう負けて良いや」と思ってしまうテニス選手になってしまうから。

アナタには、選手として試合に勝って欲しい。

その視点を、常に日常生活から磨いて欲しい。

暑苦しいかも知れませんが、日本のテレビでのスポーツ中継、危険です。

それだけは、頭のどこかに置いて、常に自分のテニスにも影響すると思っておく。

そうするだけで、不思議とテニスのメンタルも醸成されていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    身近になれば、それは掴める

    改めまして、大坂選手おめでとう御座います!という声、みなさん…

  2. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある

    6月に入り、もう梅雨本番、ですね。ジメジメした時期になりました…

  3. 日々の雑記

    人の悪口は、100倍増し

    テニスを続けていると、色々な人間関係が生まれます。実は、T-…

  4. テニス 序盤

    日々の雑記

    刺激無くして、進歩無し

    平昌オリンピック、日本選手団すごい活躍でしたね・・・。ほぼ時差…

  5. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?

    テニスって、誤魔化しが効くんですよね。ちょっと、いきなりすみま…

  6. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます

    今、改めて、今回アンケートにご回答頂いた皆さんの内容を、じっくりと読ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる
  2. ストローク

    「けっこう、広い!!」テニスコートを試合で活用する為の、自分のボールスピードは?…
  3. テニス 雑記

    メンタル

    「読み返して意味があるテニスノート」を作る為に、意識したい5つのポイント
  4. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる
PAGE TOP