テニス メンタル

ダブルス

「サーバーにプレッシャーをかけようとして」味方のリターンの邪魔になる動きは無意味です

全国各地の草トーナメント、学生のダブルス試合でたまに見かけるのが、「相手のサーバーにプレッシャーをかけよう」と躍起になっている人。

テニスのルール上でも、実は曖昧になっているこの部分。

もちろん「スポーツマンシップに反する行為」は禁止されてますが、どこまでやったら反則なのか・・・しかもセルフジャッジの試合では難しいところですよね。

改めて、この行為について客観的に見直してみてはどうでしょうか。

 

「サーバーにプレッシャーをかけようとして」味方のリターンの邪魔になる動きは無意味です

 


 

■センターマーク付近に立つと、味方のリターンコースの邪魔になる

ダブルスの試合では、必然的にセンターのコースへのサーブが増えてきます。

そこでセンターマーク付近に前衛として立って、少しでも視界に入ってプレッシャーをかける気持ちもわかりますが、味方のリターンのコースも邪魔しているケースが多くあります。

これでは本末転倒。

あくまで味方のコースは邪魔しないように、そして相手前衛のポーチをケアするのがまずは仕事ですので、それを第一に考えましょう。

 

■「プレッシャーをかける為に動く」にしても、事前にパートナーと話し合うこと

相手にプレッシャーをかけたり、細かく場所を動いて相手ポーチをケアすることは、ダブルスの試合では必要です。

それも事前に、パートナーと共有しておくようにしましょう。

アナタ一人でちょこちょこ動いても、実はそれほど相手に脅威にはなりません。

リターンとセットになって、例えば沈めるときに前に詰めていくような動きを入れる。

こういった「連動」させることを常に意識して、リターンを活かせるような動きを意識していきましょう。

■そもそも「実力のある強い相手」にこの手の揺さぶりは通用しない

実力があって試合慣れしているプレイヤーは、こういった揺さぶりに強いです。

だからこそ、違うプレッシャーのかけ方を、自分自身で模索していく必要があります。

どんなことができるか、本気で考えてみましょう。

例えば状況によっては、パートナーと相談して下がって2バックにしてみる。

セカンドになって前にいく、というのもプレッシャーをかける意味では有効で、最近の男子プロテニスのダブルスの試合でも多いです。

色々自分自身でも、試してみましょう!

 

色々書いてきましたが、相手が「ちょっとやり過ぎだな・・・」と思うような動きは、やはりマナー違反になります。

私もロービングアンパイアをやっていたことがありますが、こういった選手はあまり勝ち上がった記憶がありません。

それはなぜか・・・と考えてみたときに、やはりその「プレッシャーをかけよう」という行為自体に意識が強過ぎて、効果が無いと「ダメか・・・」と気持ちが落ちてしまうことが多いように感じました。

目的を再度、確認しましょう。

試合に勝つ為に必要なことは、全て実践していくのがベストですが、本当に必要なことは何なのか。

そして「勝ちたい」という想いが強くなり過ぎて、マナー違反、ルール違反になっていないか。

この機会に少し、見つめ直してみましょう。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス 言葉

    ダブルス

    後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず

    私は何度も、前衛はなるべくロブを後衛に負かせないで、スマッシュを打つ方…

  2. ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!

    ダブルスの試合を観ていて、感じること。並行陣でせっかく前を取っ…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    見せかけIフォーメーション、効果は絶大

    ダブルスでサーブからのフォーメーション。これは、難易度が高いと…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと

    これは、私自身の話、ではありません。過去に、全日本で何度も優勝…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に…
  3. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある
  4. テニス メロブ

    戦術

    テニスは試合中に選手交代が出来ない、だから必要なのは・・・?
  5. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
PAGE TOP