テニス ボレー

ダブルス

「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌てない4つの準備

ダブルスの前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスを決めること。

味方の後衛のストロークが深く入って「よし!」と思ってポーチに出ても、思った以上に低いボールが来てパニックに・・・ということ、よくありますよね。

アナタのボレーの技術はそのままに、意識を変えることでポイント奪取につなげていきましょう。

 

「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌てない4つの準備

 


 

1.「一発で決めないといけない」という意識を捨てる

低い位置でボレーさせられているのであれば、それは決してアナタのペアのチャンスではありません。

一旦深く後衛に返球する、というシンプルな選択で「イーブン」の状態に戻すことを意識しましょう。

このときに大切なのは、打ったら自分もポジションを戻すこと。

ボレーを打って、そのままセンターベルト付近にいたのでは、後衛のパートナーもどうすれば良いか分かりません。

焦らず、足は止めずにいきましょう。

 

2.「低いボールが来ること」も想定して、低い態勢でポーチに入る

ポーチに出ていくときに、腰が高く目線が上下している人がいます。

こういった方は、えてしてボールをふかしてしまいがち。

低いボールでも無理やり相手前衛の足元を狙おうとして、ボールはネット一直線の予感がプンプンします。

まずは「低いボールがくる」ことを想定して、膝を曲げてポーチに動いていきましょう。

態勢が低いと、相手にも動きをばれにくくなるので、お勧めです。

 

3.「どうしても決めたい!」という人は、ネットギリギリまで接近してポーチで叩く!

ネットギリギリまでポーチで近づければ、上から叩くことも可能です。

これは上のレベルになれば必須のテクニック。

得てして、初中級者まポーチに出た際にネットとの距離が遠過ぎる傾向にあります。

思い切ってネットに近づくことで、低いストロークにも決定力のあるポーチで決めることができるでしょう。

 

4.ドロップボレーを覚えれば、アナタもポーチ巧者になれる!

低いボールは恰好のドロップボレーのチャンスです。

低い!と思ったら、すぐに手首で確度を作って、後衛の空いている前のスペースにドロップボレーを打ちましょう。

これも決めようと思わず、相手に返球されてOK。

陣形を崩すことができれば、その後の展開で攻撃していけます。

慣れてくればスライス回転をかけて、より相手にとって厳しいボールにしていきましょう。

決まると・・・正直、おしゃれでカッコ良いプレーです。

 

攻撃的なプレーをしているときほど、どこか相手のチャンスボールを期待してしまうもの。

実際に試合では、相手も必死に抵抗してきます。

攻撃しているのにリスクを冒す必要はありません。

思い切ったプレーももちろん大切ですが、まずはテニスというスポーツの中で「慌てないこと」が大切。

イメージさえ広く持つことができれば、アナタのテニスの幅はどんどん広がっていきます。

さぁ、心構えだけしっかりして、あとはどんどんポーチに出ていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと

    一般の試合では、ミックスダブルスの試合も多い。ベテランからシニ…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内

    「またそんな、当たり前のことを」と思う方も多いでしょう。ですが…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス力

    「ダブルスで並行陣を教えたいんだけど・・・」という質問を受けた。…

  4. ダブルス

    雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

    相手が雁行陣で、いざリターンをポーチ!でも、どこを狙うと一番効…

  5. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

  6. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい

    ダブルスの前衛で、相手のリターン選手を観察する。まさにリターン…

特集記事

  1. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ
  3. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い
  4. テニス サーブ

    サーブ

    味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成…
PAGE TOP