メンタル

まずは自分が、損をする

いつも記事を読んで頂いたり、動画をご覧頂きありがとうございます。

それにしても…今まさに動画を編集していますが、Chain CUPは悔しい結果に終わりました。。

いや、正直ここまでレベルが高いと感じた試合は、久しぶりでした。

普段色々とこちらで偉そうに書いているのに、自分は何もできないじゃないかと…何度もコートの上で考えました。

でも自分なりには、精一杯やったつもりです。

そちらの動画もぜひ、YouTubeでご覧頂ければと思います。

自分のプレーの拙さには吐き気がしそうですが(笑)

これもまたテニス、ですからね。

全て受け止めて、これからしっかり精進していこうと思います。

さて、話は変わりますが今日は「まずは自分が損しようよ」という話。

このテーマには、読者の皆さんの成長のヒントもあると思い、書かせて頂きます。

なぜ、損しないといけないのか?

自分がまず、損するところから始める。

こういう意識を持つことがなぜ重要なのか、私なりに考えてみました。

その答えは一つです。

自分自身に、余裕が生まれるからなんですよね。

「これは損しても良い」と思えると、冷静に客観的になれるんです。

絶対に儲けないといけない、勝たないといけない、と考えると…どうでしょう。

自然と硬くなるし、良い結果を望むのは難しいと思います。

自分が損をしても良いから、ここでやるべきことは何なのかを考える。

そういう考え方ができると、心のどこかに余裕が生まれるんです。

「それはテニスが上手い人や、成功している人が考えること」だと思いますか?

いえ、そうじゃないんですよ。

自然体の人に、運気は流れ込む

テニスの試合でもそうです。

ちょっと損するくらい、のような考えの時に、実はポイントを取れたりする。

「ここは落としても良いかな」と思っていると、ポイントが取れる。

きっと、そんな経験皆さんにもあるはずです。

自然体で構えている人に、運気は流れ込む。

自然体でいる人って、相手からすると脅威じゃないですか?

無理に利益を追わない、目先のことに囚われないような相手って、嫌じゃないですか。

自然体って言っても、なかなか難しい…という人は、「ここは一つ、損してみようか」という感覚を作ってみて下さい。

結構それだけで、テニスも人生も変わると思いますよ。

T-PRESSは、意図的に損してます

こういう風に書くと、恩着せがましくてアレですが。。

T-PRESSは収支的に見ると、引き続き「大赤字」です。

今まさに更新している国際審判員の方を招いた企画なんて、コート代や交通費、出演者の報酬を全て入れたらかなりの金額になっています。

でも、それでも私自身がこの企画を絶対にやりたいと思ってましたので。

そして土居コーチにも背中を押してもらいましたので。

最初は損して良い、でもこのルールに関する企画は「テニスの試合で勝ちたい人を応援する」T-PRESSでしか、実現できない企画じゃないかと。

そう考えて、やろうと決めました。

何となく撮影したような企画ですが、オリンピックの準備で忙しかった日本テニス協会の皆さん、そしてインタビューの許可を頂いた国際テニス連盟の皆さんの力があったからこそ、の企画なんですね。

まずは自分が損をしても良い、だってそれが最後は自分自身が得をすることにつながりますから。

自分で自分を褒めているようで気持ち悪いですが、こういうこともYouTubeでは伝えられないので…この場で書かせて頂きました。

無理する必要もなければ、我慢する必要もありません。

ただ、どこかで「ここは損しておこうかな」という考えのもとに自然体な自分でいられるということ。

これをぜひ、大事にしてみて下さい。

きっと皆さん自身のテニスの豊かさや、強さに変わっていく日がきます。

テニスって、そういうものなんじゃないかなと。

そんな皆さんを、これからも応援し続ける存在でありたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる

    誰しも試合に出ている人は、どこかで「認められたい」と思っている。…

  2. メンタル

    ノンプレッシャーのテニス、面白い?

    プレッシャーも無く、伸び伸びとテニスをする。良いんです、最初…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い

    試合に勝てない選手、確率の悪い攻撃に固執しているような選手。な…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります

    テニスの審判やレフェリーの活動していたときに感じたのが、試合に強い選手…

  5. メンタル

    負けること以上に、勝つことから逃げてはいけない

    テニスの試合は、必ず勝敗が付く。当然勝ちたいし、その為に頑張…

  6. テニス ダブルス

    メンタル

    調子が悪いときには、自分の周囲1メートルのボールに集中しよう

    テニスの試合の中で、調子が上がらない時。手段の一つとして、私が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ
  3. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておい…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスで「どうしてもポーチに出れない・・・」と感じているアナタへのヒント5つ
PAGE TOP