メンタル

「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう

テニスの試合、みなさん「序盤」ってどうですか?

一番難しい・・・と感じること、多いはずです。

試合の最初は、相手の感じも分からないし自分の調子も上がらない。

だから計算出来ない?

それは相手も一緒です。

今まで、何となくだった部分、を変えていかないとずっと同じことの繰り返し。

このことを、自覚することからスタートです。

 

「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう

 

1.最高にカッコ悪い、「スロースターター」という中二病

私は、こう思うんです。

「試合に最初からエンジン全開、やる気満々で入るなんてカッコ悪い・・・」と思っている方。

どこかで、そう感じていた方。

最高にカッコ悪いのは、アナタ自身です。

私はいつも、こういう相手が対戦相手だとすごく楽。

「カッコつけてる間に、0-4にしておこう、いつも通り・・・」と考えます。

試合の序盤でリードされて、後半挽回出来た試合、何試合ありますか?

すごく確率が少ないはずです。

アナタが余裕をかまして流している序盤、に実はテニスの試合は大勢が決してしまう。

そんな短期決戦、がテニスの試合です。

 

2.「何となく」で試合に入ると、なぜ危険なのか?

まず、自分の意志、意図が無いと失敗も成功も無い。

何も感じないままに、何となく試合だけ進んでいく。

例え、アナタがリード出来たとしても、「なぜリード出来たのか?」も分からない。

こういう人って、まくられ癖が抜けないから試合の後半に弱い。

何となくで試合に入る人は、準備することを放棄した人。

相手を観察することを怠った、怠慢でしかない。

「まぁ初戦は格下だし、問題無いでしょ」と思っている人ほど、危険なのも事実。

相手からすると、初戦が勝負な訳ですからね。

 

3.試合序盤のスコア差は、準備力の差が大きい

テニスの実力、技量よりも、こっちだと思います。

特に序盤は、です。

どんな作戦で入るのか、ダブルスならしっかりポーチやリターンコースの打ち合わせを出来ているのか、といった当たり前の部分。

準備と言っても、構える必要はありません。

当たり前のことを、当たり前のようにするだけ。

この「当たり前」のレベルを上げていけば良いんです。

試合の序盤、最初の4ゲームが実は勝負、なんです。

何となくで入って0-4になる、なんて本当にもったいない話です。

 

4.どんな対戦相手でも、想定を立てて入ろう

まずはこの癖、を付けましょう。

相手を観察して、試合前から想定を立てる。

足が速そう、サーブは弱そう、年齢は?使っているラケット、シューズ、ウェアの色の好みは・・・?

こういうことを考えると、アナタなりの想定が立てられるはず。

「きっと、ストローク戦になるだろう」と考えれば、どこでボレーに出るのかを考える。

「サーブは速そうだな」と考えると、リターンのグリップはスライスで、となる。

こういう小さい準備で、試合の序盤は動いていく。

何度も書いてきましたが、違うと思ったら修正すれば良いんです。

「絶対に、正しい想定」なんて無い訳ですから。

 

試合の序盤を、大好物になりましょう。

みんなが苦手にしているなら、遠慮なく自分は逆をいく。

準備力で差を付けて、実力以上のリードを奪う。

スロースターター気取りの中二選手達には、どんどん早めに敗退してもらいましょう。

容赦なく、準備して入る。

何となく入る、との差は大きいはずです。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

    気持ち良く、試合に勝って終わりたい。それは難しいと分かっていて…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう

    テニスの試合、調子や流れは行ったり来たり。だからこそ、アナタ自…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    寒い冬の時期、テニスのトーナメント大会で「初戦で特に、注意すべきこと」について

    寒い時期、試合の入り方は難しい。特にトーナメントの初戦では、分…

  5. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある

    テニスの試合、負けて悔しいのは当たり前。だからこそしっかり準備…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように
  2. テニス セオリー

    その他

    万全でなくとも、試合に出ましょう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要で…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必…
PAGE TOP