テニス 準備

メンタル

テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ

このサイトでは、何度も試合は「序盤が勝負!」ということを書いてきました。

それでも、どうも最初は調子が上がらない・・・上がってきたと思ったら、試合終了・・・。

そんな癖が付いてしまいっている方、いませんか?

今回は、序盤に出来るだけ本領を発揮して試合を勝ちに結び付けられるような、ちょっとしたアイデアを紹介します。

 

テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ

 

■1ゲーム目を、超ゆっくり進めてみる

難しく考えず、1ゲーム目をすごくゆっくり進めてみましょう。

サーブでもリターンでも、相手がポジションについてから5秒くらいは間隔を空けて自分が入る。

勝っていても負けていても、このペースを保ってみて下さい。

きっと、大崩れするような展開にはならないはずです。

 

■テンポは速いのにスロースターター、だから試合で勝てない

どんどんポイントを進めているのに、ゲームが獲れない。

焦って次、次・・・という気持ちだけ先行しても、何も良いことはありません。

テニスの試合の序盤は、なかなか身体が動かないもの。

それはお互い一緒です。

試合巧者、トーナメントを勝ち抜く人は、そのことを分かっているのでゆっくり自分のペースを乱さない。

テンポが速いなと感じたときには、意識して遅らせる余裕を持ちましょう!

 

■格上相手に、「早く終わりたい・・・」というメンタルの隙を見せてはいけない

気持ちは、分かります。

私も経験ありますが、シード選手相手に0-3、0-5となっていくと、「もう負けで良いよ・・・早く終わろう」という、悪魔の声が聞こえてくる。

その声に、負けてはいけません。

少しでもポイント間の時間をしっかり取る、そうすると1ポイントのラリー回数、時間も伸びる。

この細かい作戦が、世紀の大逆転を生むかも知れないのです。

 

テニスの試合で強い相手が、一番望んでいること。

それは、格下相手が自分に対して「諦めてくれること」です。

負けているのに、速いペースで試合を進めても、待っているのは敗北という結果だけです。

序盤からしっかり、そのことを意識してゆっくり試合を進めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない

    私はすごく、感じることがあります。テニスの試合で、「あ、この人…

  2. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を

    テニスをプレーしていると、仲間でも対戦相手でも、「この人、ちょっと変わ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分についている嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる

    皆さんは、自分に正直・・・ですか?なかなか、難しいと思います。…

  4. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について

    テニスは「調子」に左右されるスポーツだと言われています。プロテニス…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの練習中に周りに不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない

    部活やサークルの練習中に、こんな人いませんか?私はいつも、こう…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から入る

    何でもかんでも、否定から入る人。皆さんの周りにも・・・いるんじ…

特集記事

  1. その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つため…
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスのラリーの中で重要な、「打った後にポジショニングを戻す」という基本は見落と…
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違いです
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ
PAGE TOP