テニス メンタル

メンタル

0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

テニスの試合、ほとんどの試合は1セットマッチ。

早ければ30分くらいで終わる試合ですが、テニスをしているとそれが当たり前に思えてくる。

でも・・・他の競技、ならどうですか?

絶望的な点差になること、だってありますよね。

 

0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

 


 

1.野球やサッカー、とテニスは何が違うのか?

どんなに実力差があっても、0-6で終わる。

8ゲームマッチなら0-8、3セットマッチならセットカウント2-0。

これ以上の差は、スコアの記録上残らない。

テニスって、これが実は怖いんです。

実力差を感じて、どうしようもないくらいの感覚の負け試合、はスコアでは残らない。

だから「恥」を知るきっかけが絶対的に少ないし、残らない。

何となく、で試合が終わってまた次の試合、になっていくのです。

 

2.「恥」を知るセンスが無いと、テニスは強くなれない

恥を知るきっかけ、が無いとテニスでは強くなれない。

当たり前ですよね、自分で成長する必要性を感じない訳ですから。

野球やサッカー、で0-20で負けるような試合を経験すると・・・「もう止めたい・・・早く試合、終わって欲しい・・・」と思うのが自然。

でも、テニスの試合ではそういう感覚を味わうことは少ないでしょう。

0-6の試合で、しっかり恥を知るセンスがあるかどうか。

成長の種に出来るかどうか。

これは、アナタ次第です。

 

3.0-6で負けた相手が、次の試合で0-6で負けてはいないか?

アナタは自分が出た試合の大会、最後まで観て帰りますか?

後でネット上で結果をチェックするだけでも良い。

アナタに圧勝した相手が、次の試合で圧勝される、ことはよくある話。

本当に試合、大会を勝ち抜きたいなら、この現実をしっかり受け止める。

自分の中で、「まだまだ、全然足りないんだ・・・」ということを、知ることが大事。

普通は、負けた試合なんてすぐに会場から立ち去りたい、そう思いますよね。

でも、逃げてはダメ。

自分が負けた相手の試合は、しっかり見届けて成長の糧にしましょう。

 

恥を知るきっかけ、実はアナタの周りにたくさんある。

でも、気付かない・・・か、目を背けている。

ハッキリ言えますが、自分で「死ぬほど恥ずかしい想い」は、強い選手はみんなどこかで経験している。

経験しているから、早く脱却したくて頑張れる。

テニスが上達するきっかけって、実はそういうことが多いんです。

 

今回のまとめ

0-6以上に差がある現実を、「恥」として知ることから全ては始まる

 

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる

    今年も、思い返せば自分なりに、たくさんの記事を更新して来ました。…

  2. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

  4. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

    杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。最近ブレイク中の…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい

    試合前は、良いイメージばかり。「今日は勝つぞ!」と思って勇んで…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために

    高校卒業してから上京してテニスコーチになったんだけど、そこでコーチしな…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?
  2. テニス 団体戦

    メンタル

    試合になると、相手が気になり過ぎる方へ
  3. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?
  4. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない
  5. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い
PAGE TOP