テニス メンタル

メンタル

0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

目次

テニスの試合、ほとんどの試合は1セットマッチ。

早ければ30分くらいで終わる試合ですが、テニスをしているとそれが当たり前に思えてくる。

でも・・・他の競技、ならどうですか?

絶望的な点差になること、だってありますよね。

 

0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

 


 

1.野球やサッカー、とテニスは何が違うのか?

どんなに実力差があっても、0-6で終わる。

8ゲームマッチなら0-8、3セットマッチならセットカウント2-0。

これ以上の差は、スコアの記録上残らない。

テニスって、これが実は怖いんです。

実力差を感じて、どうしようもないくらいの感覚の負け試合、はスコアでは残らない。

だから「恥」を知るきっかけが絶対的に少ないし、残らない。

何となく、で試合が終わってまた次の試合、になっていくのです。

 

2.「恥」を知るセンスが無いと、テニスは強くなれない

恥を知るきっかけ、が無いとテニスでは強くなれない。

当たり前ですよね、自分で成長する必要性を感じない訳ですから。

野球やサッカー、で0-20で負けるような試合を経験すると・・・「もう止めたい・・・早く試合、終わって欲しい・・・」と思うのが自然。

でも、テニスの試合ではそういう感覚を味わうことは少ないでしょう。

0-6の試合で、しっかり恥を知るセンスがあるかどうか。

成長の種に出来るかどうか。

これは、アナタ次第です。

 

3.0-6で負けた相手が、次の試合で0-6で負けてはいないか?

アナタは自分が出た試合の大会、最後まで観て帰りますか?

後でネット上で結果をチェックするだけでも良い。

アナタに圧勝した相手が、次の試合で圧勝される、ことはよくある話。

本当に試合、大会を勝ち抜きたいなら、この現実をしっかり受け止める。

自分の中で、「まだまだ、全然足りないんだ・・・」ということを、知ることが大事。

普通は、負けた試合なんてすぐに会場から立ち去りたい、そう思いますよね。

でも、逃げてはダメ。

自分が負けた相手の試合は、しっかり見届けて成長の糧にしましょう。

 

恥を知るきっかけ、実はアナタの周りにたくさんある。

でも、気付かない・・・か、目を背けている。

ハッキリ言えますが、自分で「死ぬほど恥ずかしい想い」は、強い選手はみんなどこかで経験している。

経験しているから、早く脱却したくて頑張れる。

テニスが上達するきっかけって、実はそういうことが多いんです。

 

今回のまとめ

0-6以上に差がある現実を、「恥」として知ることから全ては始まる

 

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. メンタル

    まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

    全力を出し切って試合を終える。簡単なようで、なんと難しいことで…

  2. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

    メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。という方は、…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!

    唯一、身近な存在で対戦できないのが「自分」ですよね。アナタは、…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない

    「相変わらず、意識高い系ですね」年末年始に、久しぶりに会った…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?

    初戦の戦いの、難しさ。これは、テニスの試合だけでは無いでしょう…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!
  2. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確…
  3. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法
  4. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと
  5. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーす…
PAGE TOP