テニス ボレー

フットワーク

アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が増えます。

シングルスラインとダブルスラインの間、のコースにしっかり相手もコントロールして来る。

こういうコントロールショットを、アナタ自身もしっかり打てるように鍛えておかないと、試合では後手に回ってばかり。

難しいようで、実は身体の使い方次第で、アングルのコースは狙えます。

キーワードは、横向き。

思い切って肩を入れていくようなイメージ、で読んでみて下さい。

 

アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

 

1.アングルボレー、打ちやすいのは実は・・・?

アングルボレー、みなさんどんなイメージでしょうか?

きっと、クロス方向にサッと打つ、フォアもバックもそんなイメージだと思います。

クロス方向へのアングルボレーは、実は私は難しいと思っています。

だって、打つ方向に身体を向けることが出来ない、背中の方向に打つショット、になりますから。

初心者の方はもちろん、実際にテニススクールでは中級レベルでもかなりの人が怪しい感じ、になっている。

あえて、言います。

打ちやすいのは、逆クロス方向へのアングルボレー、です。

 

2.身体を横向きにして、ボールの横から入っていく

例えば、フォアハンドの逆クロス方向へのボレー。

しっかりアングルに打ちたい、なら、思い切って身体の横向きを作る。

ボールの横に入っていく、くらいの意識でちょうど良い。

右利きの方のフォアボレーなら、しっかり右方向に打てるように左肩を前、にして身体=胸は左方向を向いていく。

こうやって入ると、ボールの左側だけを触ることが出来るじゃないですか。

イメージ出来ますかね・・・?

ラケットではなく、身体の向きでもうアングルボレーを作ってしまう。

しっかり引き付けて、ボールの横に自分から入っていく。

こういう意識で打てれば、アレーもしっかり狙えるしコントロールが良くなる。

私は断言します!

 

3.打ちやすいのは、低めの打点!

しかも、コレの良いところは打点が低くても打ちやすい、ということ。

ラケットの先を少し落として、通常なら怒られるようなボレーかも知れませんが、ボールの横、を触ってみる。

身体がしっかり横向き、で作れていれば、これだけで良いアングルボレー、ドロップボレーになるはずです。

基本から逸脱しているボレー、かも知れません。

でも実際の試合では、足元に沈められることも多いし、これが現実的で実戦的なボレーなはず。

身体の向きを作れば、ボールは安定して逆クロス方向に飛んでくれます。

並行陣の後衛、でもめちゃくちゃ使えるボレー、になるはずですよ。

 

4.サイドスライスをかける、ただしかけ過ぎない!

私はいつも、このボレーで少しだけサイドスライスをかけます。

小指から前に出していく感じで、横回転をかける。

ただし、欲を出してはミスになるので、あくまでフォロースルーの余韻でかけるくらい、ですね。

バックボレーも、一緒です。

逆クロスに打つ身体の向き、をボレーでも意識してみて下さい。

右利きの方のバックボレーなら、しっかり右肩が前、相手に背中を見せるくらいでも良いと思いますよ。

コートの端に、アレーに打ちたいなら丁寧に。

身体全体の向き、を調整して打っていける技術、身に付けていきましょう。

 

手先のボレーではないので、すごく安定感がアップします。

身体の向きで、ボレーのコースをコントロールする、ことが出来れば試合で大崩れしない。

ぜひ、逆クロスのボレーからアレー、狙ってみて下さい。

アナタ自身、きっとプレーの幅が拡がるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足下に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

  3. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう

    緊張したときに、自分はどうなるのか。特にテニスでは、足元から緊…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ

    シングルスの試合、強い人のプレーをよく観察してみると・・・。毎…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です
  2. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    どんなに凄い技術や経歴を持っていても、全てのテニスコーチは「信頼」から始まる
  5. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
PAGE TOP