テニス メンタル

フットワーク

疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。

しぶとい人、選手は試合をしていても嫌ですよね。

みなさんも、少しのポイントで必ず、変われます。

大事なのは、疲れた時に自分の何が崩れていくのか。

まずはそれを、しっかり知ることです。

 

疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

 

1.自分の弱さ、を知るところから

テニスの試合、そりゃ疲れますから。

当然、疲労が溜まってきたら、自分は変わる。

ここを、まずはしっかり受け入れることが大事です。

疲れたら、自分は弱くなる、変わってしまうんだということ。

なかなか、自分の弱さ、に目を向けることが出来ない人って多い。

試合に出ても、結局「いつも疲れて、雑になって負ける」ような人多いんじゃないですか?

まずは、「雑になる自分」に気付くこと。

試合に疲れること、はしっかり準備しておかないと勝てないです。

 

2.もったいないのは、追い付いているのにミスすること

試合後半、ボールに追い付けているのに、返球出来ない。

これって、すごくもったいないですよね。

シングルスの試合、しっかり走って触っているのに、どこか最後が雑になる。

これは、相当意識高く持っておかないと変われない。

追い付いているなら、しっかり返す。

それに必要なのは、球際の丁寧さ。

これだけです。

これが出来ないから、みんな試合で負けていく。

変わるには、具体的に疲れた自分をどうするのか、具体策が大事です。

 

3.打点に目線を残す、回転をかける

私が試合で、特に意識しているのはコレです。

まず、疲れた時こそ打点に顔を残す。

そして、回転をしっかりかける。

球際で、強く自分を持って焦らない、打った方向を早く向かない。

こういうこと、を意識すれば、ほとんどのボールって実は上手くコントロール出来るんですよ。

疲れてくると、こういう球際が弱くなる。

自分の過去の試合、思い出してみて下さいよ。

最後雑になって負ける、追い付いているのにミス、を変えていきましょう。

 

4.丁寧なショットは、最後に試合を動かす

例えば、すごく走らされてコートから外、に出るような場面。

もう、絶対絶命、ですね。

その時に、考えるのは上に打って時間を稼ぐ、ことも大事。

こういうショットに、しっかり球際で神経を使う。

丁寧に細かい部分まで神経を使うことで、良いボールが返球出来る、ミスが減る。

こういうショット、が試合を動かしていくんですよ。

走らされて追い出される、絶対絶命の場面で自分に丁寧さを求める。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

簡単なことじゃないですよね。

だからこそ、やれば周りとの差になって勝っていける。

試合で勝つ、には苦しい時に踏ん張らないと。

丁寧な球際、を意識すれば試合結果は変わるはず。

シングルスでもダブルスでも、勝負は試合の後半ですからね。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

    リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガ…

  2. テニス 走力
  3. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足下に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで…

  6. テニス スライス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう
  2. テニス メンタル

    その他

    「テニス部で部活をやってると、受験勉強できない?」実はこの2つ、似ているから両立…
  3. ダブルス

    ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です
  4. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
  5. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる
PAGE TOP