テニス ストローク

ストローク

「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

シングルスでもダブルスでも、最近のテニス界では「ショートクロス」が再度注目されています。

特に両手バックハンドはしっかり練習すれば、女性でも打てるようになりますし、ネットプレイヤーに対抗する技術としては非常に有効です!

両手バックハンドの強みを活かした打ち方、研究してみましょう。

きっとプレーの幅が拡がって、テニスもレベルアップするはずです!

 

「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

 


 

■ショートクロスのショットを使う場面を想定してみる

まずはどんな場面で必要なショットか、想定してみることから始まります。

シングルスではベースラインの打ち合いにアクセントを付ける為、相手をコートの外側に追い出すのに有効なショットになりますね。

ダブルスでは並行陣に対抗するために、絶対に必要なショットになります。

スピンを身に付けたら、スライスも・・・です!

ロブとの相性も抜群に良いので、ショートクロスとロブはセットで使えると、ネットプレイヤーも怖くありません。

逆にどちらかしか打てないと・・・相手に気付かれたらもう終わりです。

 

■フォロースルーを短く、鋭く振り抜けば大丈夫!

ポイントはまず、コンパクトなスィングにすることで回転量を上げていくこと。

回転量がしっかり無いと、ボールはコートに収まってくれません。

まずはトップスピンでしっかり回転をかけれることが大事になってきます。

ただし、ベースラインからベースラインへのストロークでは無いので、深さはあまり出したくない。

だからこそ、短いフォロースルーで振り抜いて終わる、くらいの感覚がベストです。

 

■どんな練習をすれば効果的?

私のオススメは、ショートラリーをしっかりクロスで行うこと、です。

「そんなの簡単・・・」と思った方、本当にそうですか?

しっかり肩を入れて、横向きの態勢を作ってから打つのが大事。

身体の向きを相手方向、正面に向けてしまっては、通常のショートクロスと同じですので意味が無い。

「ダウンザラインにも打てるし、でもあえてのショートクロス」というような打ち方を、アナタ自身で常に出来ていないと意味がありません。

普段のラリー練習からしっかり、意識してみて下さい!

 

ショートラリーで、しっかり回転量のあるボールを打てれば、ショートクロスは難しくありません。

ぜひバックハンド、特に両手の方は、短い距離でも振り抜いてフィニッシュすることを意識してみて下さい。

どんな軌道、どんな回転量で打てば良いのかを、自分でイメージしてみて下さい。

オープンスペースを作ること、人がいない場所にボールを運ぶから、テニスの試合は楽しくなるのです。

全てはそこから、始まります!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

    今年も始まりましたね、熱い全仏オープンの戦いが・・・。やはり全…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本

    練習前のウォーミングアップ、ショートラリー。近い距離でストロークを…

  3. ストローク

    速いボールを正確に打って来る相手、にはどう対抗する?

    最近、よく頂くご質問です。「色々戦術は分かったけど、結局速い…

  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    「1本でも多く返す」ことが、試合で最後にプレッシャーになっていく

    試合の中で、「返せば何かが起きる」。これを体感したことがある方…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

特集記事

  1. ダブルス

    サーバーを褒める、だけでもダブルスの結果は変わる
  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
  3. テニス ミス

    フットワーク

    「身長が低いから、自分はテニスに向いていない・・・」と落ち込んでいるアナタは、も…
  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?
  5. テニス 戦術

    ストローク

    打つ前に想像しないと、良いショットは生まれない
PAGE TOP