テニス ストローク

ストローク

「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

シングルスでもダブルスでも、最近のテニス界では「ショートクロス」が再度注目されています。

特に両手バックハンドはしっかり練習すれば、女性でも打てるようになりますし、ネットプレイヤーに対抗する技術としては非常に有効です!

両手バックハンドの強みを活かした打ち方、研究してみましょう。

きっとプレーの幅が拡がって、テニスもレベルアップするはずです!

 

「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

 


 

■ショートクロスのショットを使う場面を想定してみる

まずはどんな場面で必要なショットか、想定してみることから始まります。

シングルスではベースラインの打ち合いにアクセントを付ける為、相手をコートの外側に追い出すのに有効なショットになりますね。

ダブルスでは並行陣に対抗するために、絶対に必要なショットになります。

スピンを身に付けたら、スライスも・・・です!

ロブとの相性も抜群に良いので、ショートクロスとロブはセットで使えると、ネットプレイヤーも怖くありません。

逆にどちらかしか打てないと・・・相手に気付かれたらもう終わりです。

 

■フォロースルーを短く、鋭く振り抜けば大丈夫!

ポイントはまず、コンパクトなスィングにすることで回転量を上げていくこと。

回転量がしっかり無いと、ボールはコートに収まってくれません。

まずはトップスピンでしっかり回転をかけれることが大事になってきます。

ただし、ベースラインからベースラインへのストロークでは無いので、深さはあまり出したくない。

だからこそ、短いフォロースルーで振り抜いて終わる、くらいの感覚がベストです。

 

■どんな練習をすれば効果的?

私のオススメは、ショートラリーをしっかりクロスで行うこと、です。

「そんなの簡単・・・」と思った方、本当にそうですか?

しっかり肩を入れて、横向きの態勢を作ってから打つのが大事。

身体の向きを相手方向、正面に向けてしまっては、通常のショートクロスと同じですので意味が無い。

「ダウンザラインにも打てるし、でもあえてのショートクロス」というような打ち方を、アナタ自身で常に出来ていないと意味がありません。

普段のラリー練習からしっかり、意識してみて下さい!

 

ショートラリーで、しっかり回転量のあるボールを打てれば、ショートクロスは難しくありません。

ぜひバックハンド、特に両手の方は、短い距離でも振り抜いてフィニッシュすることを意識してみて下さい。

どんな軌道、どんな回転量で打てば良いのかを、自分でイメージしてみて下さい。

オープンスペースを作ること、人がいない場所にボールを運ぶから、テニスの試合は楽しくなるのです。

全てはそこから、始まります!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  2. ストローク

    「ハードコートでのストローク戦がきつい!」ヘビーなトップスピンストローカーへの対策4つ

    錦織選手のストロークの魅力の一つは、バウンド後も勢いを失わないストロー…

  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定しません

    ストロークを飛ばそう、飛ばそうとして下半身を使うのは有効な手段。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法
  2. メンタル

    集中力、なんてものに頼るな
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる
  4. テニス メロブ

    戦術

    テニスは試合中に選手交代が出来ない、だから必要なのは・・・?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ
PAGE TOP