フットワーク

試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的

ミスが多い、と試合で感じたら。

まず、何をどう変えるべきかを準備しておきましょう。

私はほとんど、この意識で改善されます。

連続でミスしても、「あれをやるか」という感じで慌てないで済む。

本当に、ちょっとしたことなんです。

 

試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的

 


 

1.ミスになるのは、なぜか?

普通に打ったつもりが、入らない。

アウトしたりネットして、落ち込んでしまうことありますよね。

でも、これってほとんどのケースが「自分に余裕が無い」ような場面なはず。

間に合っているつもりが、全然間に合っていない。

相手のボールに対して、動き出しが遅くて準備出来ていない、テイクバックも遅い。

だからミスショットになっている、と気付いたらやるべきこと。

それは、「動き出しを早くすること」です。

 

2.なぜ、動き出しが大事なのか

試合になると、いつも以上に緊張します。

普段打ち合わない相手ですから、様子を見たくなる、一歩目が遅くなる。

ただでさえ緊張するのに、情報が無い状態ですからね。

何も考えないと、自然と動き出しは遅くなっていく。

練習だと、やっぱり慣れた相手で自然に予測も出来てしまう。

このギャップ、があるから試合ではミスが増える。

全てに遅れてしまう、のが普通です。

だから、動き出しを早くする。

相手が打った瞬間に、自分がコートでどの場所から、どう打ち返すのか、をイメージ出来るように。

これは試合の現場で癖にしていかないと、なかなかミスが減らないですよ。

 

3.動き出しが遅いときは・・・?

ほとんど、上半身からの反応になっているはず。

腕だけでボールを追いかけて、足がついてこない。

だから合わせるようなスウィングにしかならないので、試合で主導権が握れない、ミスになる。

一歩目をしっかり、下半身から反応させる、骨盤を動かす。

これは相当意識しないと、変わりません。

試合の序盤、最初のゲームからこれが出来ると最高ですね。

動き出しを早く、をキーワードに試合に入れると、そもそものミスも少なくなるでしょう。

 

4.技術は変えられない、フットワークは変えられる

試合の現場で焦ってしまうと、どんどん厳しくなりますよね。

試合の現場で打ち方、技術は変わらない。

変えることが出来るなら、フットワークであり動き出しの部分。

ここは、試合開始後にでも意識次第で改善出来ます。

「ミスばっかだ・・・どんな打ち方してたっけ・・・」と焦る前に、早く動き出してしっかり止まる、打つ。

これだけで、全然試合は挽回出来る。

技術に悩む前にフットワーク、を変える意識で挑みましょう。

 



 

5.お勧めの練習法

試合で難しいのが、前後の反応。

浅いのか、深いのか、を早めに気付けるように、意識して練習しましょう。

普段の練習、ずっと同じポジションで打ち合っているだけになってはいませんか?

それでは、試合でミスの元。

ストローク同士の打ち合いでも、積極的に相手をドロップショットで動かす、前に走らせるような意識でラリーしてみましょう。

練習で前後に走れる選手は、試合でもミスが少ない。

ぜひ、普段のラリーの中で、ちょっと勇気を振り絞ってドロップ系のショットを使ってみましょう。

それがチームメイトの為、でもありますから。

 

普段の練習で、どう何を変えるのか。

フットワークはしっかり、自分で変えていける部分として認識しておくこと。

走れる選手、になるには動き出しの意識が大事。

かけっこでの勝負じゃない、テニスは反応の勝負。

あとはアナタ次第、です。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. フットワーク

    コートの内側に入っていく、そのコツは?

    「もっと前に!なんで後ろなの?」と、コーチや仲間からアドバイスを受け…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    相手の当たり損ない、を追いかけられる選手に

    試合に出ている人、強い人って、すぐに分かります。練習でも試合で…

  3. フットワーク

    相手が打つ時スプリットステップ、それでポーチ間に合いますか?

    ポーチに動いて、しっかり決めることが出来る前衛。スプリットス…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそ…

  5. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

  6. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う

    「泥臭くても良いから、勝ちたいんです!」という声を、たくさん頂きます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「当てるだけのボレーから、ステップアップして押し出すボレーに」変化させていくうえ…
  3. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つの…
PAGE TOP