テニス ミーティング

練習メニュー

本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ

みなさんは、普段の練習の時に、こういう意識はあるでしょうか。

私は今でも忘れられないのですが、高校生の頃に地元の大学生の方と練習させてもらう機会があって、嫌というほど感じました。

「これじゃ、迷惑をかけるだけだ」と。

テニスの練習は、相手ありき。

だからこそ、非常に責任も重いと私は思うんです。

 

本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ

 


 

1.「練習になんねぇよ!」と、叫ばれたあの日

高校2年生くらいだったと思いますが、ちょうど今のように暑い夏の日、でした。

大学生のOB、その部活にお邪魔してテニスの練習をさせてもらったのですが、本当に今思い出しても苦い経験です。

ラリー練習をするんですが、緊張して続かない。

ただ返球しているだけ、なら当然押されてしまう・・・から、無理しようとしてミスが増える。

「これじゃ練習にならないよ」と、普通に言われてしまいました。

近しい経験、みなさんも無いですか?

テニスの練習って、自分の為だけじゃない。

自分の精度が、そのまま相手の練習の精度にも成りうる、のがテニスなんです。

 

2.良い練習とは、相手を想う練習

それから高校に戻って、私たちは考えました。

「本当に身になる練習とは、何だろう」と。

その時に出た結論が、「相手にとって、仲間にとっても良い練習」こそ、実は大事なんだということ。

それまで、私たちは常に自分のことばかり。

自分が良いショットを打っても、ミスしても、考えるのは自分のことだけでした。

でも、そもそもそれだと試合で「ミスが多い相手」と打ち合っているだけ、じゃないですか。

練習から、相手の練習にもなるように、しっかりとミスを減らす。

テーマを理解して、時にはやられ役も買って出る。

こういう雰囲気が無いと、仲間想いの練習って出来ないんですよね。

強いチームには、自然とその雰囲気がある。

私は、このことに気付いてから練習の意識が大きく変わりました。

 

3.自分が怠ければ、仲間の迷惑になる

私は、この意識こそ上達には大事だと思っています。

良い意味で、仲間に引き上げてもらう、危機感を持って練習に臨めるはずです。

アナタ自身がしっかりしないと、周りが迷惑する。

迷惑と言えば大げさですが、良い練習が出来ない。

この時に、悔しさを感じるかどうかなんですよね。

悔しさを感じられる人は、それが相手にも伝わるし、未来がある。

でも・・・まぁ、試合に出ていない人もいるので難しいのですが、テニススクールの一般のクラスの方のほとんどは、自分のことで頭がいっぱい。

相手の練習にどう影響を与えているか、までは考えられないんですよね。

 

4.アナタが強くなれば周りが強くなり、更に強くなれる

テニスは個人競技。

ですが、チームとして練習して強くなれる、という側面があります。

その時に大事なのは、繰り返しますがアナタ自身が他人の上達まで背負っている、という責任感です。

この責任感が強い人は、自分が強くなって周りも強くなり、更に自分はその上をいく・・・という良い循環が生まれる。

こうなれば、もうコーチなんて要らないですよ。

自分たちで、自分たちに必要な練習をする、ということ。

これこそ、本物の選手です。

プロだとか特待生だとか、ジュニアだとか一般、ベテランとか関係ない。

この意識を持っている人、が本物のテニス選手でしょう。

 

辛いと思うのか、「よし!やってやろう!」と思うのか。

これが大きな分かれ目、だと私は思います。

確かに、責任感っていう言葉、重いですよね。

でも、これだけは言えます。

その責任があるから、達成感がある。

この達成感があるから、テニスが続けられるし、試合にも出続けられる。

T-PRESSは、そんなみなさんをずっと、応援し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス リターン

    練習メニュー

    人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習メニュー

    人数が多い部活で、ストロークとボレーを両方練習したい。そんなと…

  2. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

    「どんな練習をすれば良いのか、分からない」「ただ、何となく半画…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う

    読者の皆さんは、色々な環境でテニスを頑張って練習しているかと思います。…

  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

    ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。…

  5. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

  6. テニス 上達

    練習メニュー

    歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう

    テニスを強くなるために、トレーニングを頑張りたい。そう思っても…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
  3. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事
  4. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう
  5. テニス クレーコート

    戦術

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選
PAGE TOP