テニス メンタル

ストローク

ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。

ストロークの打ち分け、コースを決めるときに、自分の打点の高さってどうでしょうか?

ネットミス、アウトミスが多いのって、そもそも必然かも知れません。

ちょっとした基本、一緒に見直してみませんか?

 

ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

 

1.打点が低いなら、クロス方向へ

シングルスでもダブルスでも、これが基本。

ストロークの打点が低い、膝より下で打つなら、当然上に持ち上げる必要がありますよね。

こういう時には、クロス方向へのショットが基本。

低い位置から高い位置、に打つのでやっぱり打つ距離が欲しいんですよね。

それに、ネットの低い位置を通したいですから。

ですので、センターストラップ付近を通して、クロスに打てば長い距離でもアウトする可能性は低くなる。

難しい場面、ですから基本は守備に主眼を置きましょう。

 

2.高い打点で打てるときに、ダウンザラインやストレート方向に展開

高い打点、腰から肩の高さで打てる時には、しっかり攻撃していきたい。

もちろんクロスも有効ですが、ダウンザライン、ストレートにも打っていくと相手にコースを読まれないでしょう。

高い打点で打てるので、多少ネットの中心から離れた場所を通すことも出来る。

上から抑えるようなショット、が打てれば、ダウンザラインでもコートに収まってくれるでしょう。

低い打点では打てなかったコース、に打てるようになるのが高い打点ですからね。

相手にコースを読まれないように、しっかりと早い構えを見せて、打てるコースを拡げていくのがテニスの基本です。

 

3.打点が低いのに、ネットの端を通すのは危険

ネットミスで多いのは、このパターンですね。

低い打点なのに、ネットの端、ネットの高い場所を無理に通そうとしている人。

相手が動いて、オープンスペースがあるとつい、狙いたくなるんですけどね。

低い打点なら、もう一回クロスに深く打ってチャンスを広げる。

慌てず、更に追い込むくらいの意識で良いでしょう。

そこから前に入って、高い打点で打てるストローク、の時に仕留めにいく。

シングルスでも、この打点での危機管理は大事な要素です。

 

4.高い打点で、前で打てる機会を増やそう!

試合に勝てる人って、こういう場面が多くないですか?

前に入って、高い打点でストローク。

更に、そこからとどめにネットに出る。

これは、なかなか待っていても難しい。

自分から、こういう機会を増やしていく工夫、が大事なんです。

1.3.で書いたような低い打点の時の我慢、が必要でしょうね。

ここでミスしているから、ラリーが続かないし機会が来ない。

しっかり、自分で粘って引き出す、攻撃して仕留める、ことを意識して練習していきましょう!

 

ミスが早い人は、どこかで無理をしている。

それって、きっと理にかなっていないこと、をしてるんだと思いますよ。

打点が低ければ、一旦クロスで我慢。

高い打点の時に、展開のコースを拡げていく。

この意識だけでも、試合はかなり作れるようになると思います。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

    相手の足下に、ストロークでボールを沈める。しっかりスピンをかけ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろう

    テニスの攻撃力、もっともっと高めていきたい。でもこういう話の書…

  3. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない

    クロス方向への、ストローク。これってシングルスでもダブルスでも…

  5. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注意が必要

    片手バックハンドのボレー、ストロークを試合で使う方は多いと思います。…

  6. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認

    シングルスでもダブルスでも、高い軌道のストロークのつなぎ合いはよくある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!
  2. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確…
  3. テニス チャンス

    その他

    学び続ける人生、こそ本当に幸せな人生だと思う
  4. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れてい…
PAGE TOP