テニス メンタル

ストローク

ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。

ストロークの打ち分け、コースを決めるときに、自分の打点の高さってどうでしょうか?

ネットミス、アウトミスが多いのって、そもそも必然かも知れません。

ちょっとした基本、一緒に見直してみませんか?

 

ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

 

1.打点が低いなら、クロス方向へ

シングルスでもダブルスでも、これが基本。

ストロークの打点が低い、膝より下で打つなら、当然上に持ち上げる必要がありますよね。

こういう時には、クロス方向へのショットが基本。

低い位置から高い位置、に打つのでやっぱり打つ距離が欲しいんですよね。

それに、ネットの低い位置を通したいですから。

ですので、センターストラップ付近を通して、クロスに打てば長い距離でもアウトする可能性は低くなる。

難しい場面、ですから基本は守備に主眼を置きましょう。

 

2.高い打点で打てるときに、ダウンザラインやストレート方向に展開

高い打点、腰から肩の高さで打てる時には、しっかり攻撃していきたい。

もちろんクロスも有効ですが、ダウンザライン、ストレートにも打っていくと相手にコースを読まれないでしょう。

高い打点で打てるので、多少ネットの中心から離れた場所を通すことも出来る。

上から抑えるようなショット、が打てれば、ダウンザラインでもコートに収まってくれるでしょう。

低い打点では打てなかったコース、に打てるようになるのが高い打点ですからね。

相手にコースを読まれないように、しっかりと早い構えを見せて、打てるコースを拡げていくのがテニスの基本です。

 

3.打点が低いのに、ネットの端を通すのは危険

ネットミスで多いのは、このパターンですね。

低い打点なのに、ネットの端、ネットの高い場所を無理に通そうとしている人。

相手が動いて、オープンスペースがあるとつい、狙いたくなるんですけどね。

低い打点なら、もう一回クロスに深く打ってチャンスを広げる。

慌てず、更に追い込むくらいの意識で良いでしょう。

そこから前に入って、高い打点で打てるストローク、の時に仕留めにいく。

シングルスでも、この打点での危機管理は大事な要素です。

 

4.高い打点で、前で打てる機会を増やそう!

試合に勝てる人って、こういう場面が多くないですか?

前に入って、高い打点でストローク。

更に、そこからとどめにネットに出る。

これは、なかなか待っていても難しい。

自分から、こういう機会を増やしていく工夫、が大事なんです。

1.3.で書いたような低い打点の時の我慢、が必要でしょうね。

ここでミスしているから、ラリーが続かないし機会が来ない。

しっかり、自分で粘って引き出す、攻撃して仕留める、ことを意識して練習していきましょう!

 

ミスが早い人は、どこかで無理をしている。

それって、きっと理にかなっていないこと、をしてるんだと思いますよ。

打点が低ければ、一旦クロスで我慢。

高い打点の時に、展開のコースを拡げていく。

この意識だけでも、試合はかなり作れるようになると思います。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

    ストロークの基本はライジングショットである。相手のレベルが上が…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠すかが大切!

    試合中、相手を右に左に、前に後ろに動かしてチャンスを作ろうとする。…

  3. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ

    シングルスの試合で、苦戦するショットの代表格。それは、バックハ…

  4. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・・・

    フォアハンドストロークのオープンスタンスは便利!!!ムチャクチ…

  5. テニス フットワーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  2. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    回り込みのフォアハンド、を使わないのは絶対に損なのがテニスです
  4. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?…
PAGE TOP