その他

良いフォームが必要という、危険な発想

目次

綺麗なフォームこそ、上級者の証?

いえ、それは「そういう人もいる」くらいだと思います。

テニスは何か数値やスコアのように、実力を測る絶対値が無い競技。

だからつい、綺麗なフォームを目指してそれで打てれば上手い、と考えがちですよね。

それは危険な発想です。

 

良いフォームが必要という、危険な発想

 


 

1.教科書通りのテニス、勝てません

試合に出ている方なら、ピンと来ると思います。

綺麗にボールを打っても、テニスでは芸術点は付かない。

ポイントの有無を左右するのは、相手コートにボールがバウンドしたかどうか、です。

入らなければどんなに良いフォームで打ってもアウト、ですし失点になる。

逆にすごく違和感のあるフォームでも、相手コートに返ればラリーは続いていく。

それがテニスの試合です。

 

2.どこかに、偏見が無いだろうか?

自分自身に、偏見がある。

無いって言い切れる人、少ないと思います。

そりゃ、フォームが綺麗な人がテニス上手そうに、強そうに見えますよ。

だからこそ、危険なんです。

フォームがぎこちない、独特な人って、どこかで油断してしまうじゃないですか。

見た目のフォームから、その人の実力をイメージしてしまう。

その原因は、アナタ自身が「テニスには良いフォームが必要」と感じているからです。

打つフォームなんて、あくまでテニスの一部。

どう戦うのか、実力は結構隠れたところにありますよ。

 

3.綺麗なフォームは、対応しやすい

テニススクールでも、コーチが打つボールは打ち返しやすい。

綺麗なフォームって、球筋もキレイだし対応しやすいのがテニスなんです。

強そう、と思って身構える自分もいますよね。

逆に、独特なフォームは球筋、バウンド後の変化も独特。

癖球、みたいなボールって嫌ですよね。

そういう人が、実はテニスの試合で強い。

「綺麗なフォームじゃない相手に、負けた・・・」と悔しがっている人、その要因はアナタ自身にあるということ。

ここに気付かないと、草トー大会は勝ち抜けません。

 



 

4.じゃあ、相手のどこを見るの?

打つフォームは、あくまで参考まで。

問題は、その選手がどういう試合運びをするか、です。

性格やスタンスの問題、ですね。

堅実なタイプか一発に頼る感じか、じっくりこちらを見るタイプか、気にしないタイプか。

こういう内面に目を向けた方が、正確に相手のことが把握出来ます。

目に見えるものって、実は薄い情報でしかない。

それに惑わされるのは、危険でしょう。

綺麗なフォームだからといってビビる必要は無いし、逆にフォームが独特な選手の方が怖い。

秘めたる闘志、戦術、経験のような目に見えないもの、の方が怖いですからね。

見えないものを、自分の配球でラリーの中から感じること。

「あ、ちゃんと考えてるな」

「負けているゲームでは、粘って来るな」

ということに気付けるかどうか、です。

 

どうしても、油断しないと意識していても、どこかで先入観や偏見が入って来ますよね。

これに、自分で待ったをかける。

フォームが独特な人ほど、難しい試合になることが多いのがテニス。

この覚悟があるだけで、だいぶ負けは減りますよ。

テニスって本当に、奥が深いですからね。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 5/1(水)&5/22(水) 涌井コーチ 女子ダブルスレッスン…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. その他

    【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとうございます。引き続…

  2. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる

    読者のみなさんの中には、自分のお子さんにテニスを教えている方も多いよう…

  3. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  4. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

  5. その他

    勉強でも仕事でも、テニスでも強い人は〇〇

    読者のみなさんは、恐らくテニス中心の生活の方が多い。もちろん…

  6. テニス 客観視

    その他

    試合があるコートの周囲を確認しておくと、「横からのボールイン」にも冷静に対応出来ます

    試合があるテニスコート、アナタはどんな環境が多いですか?そのほ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「粘りながら考え、決断していく」というルーティーン…
  2. テニス ストローク

    リターン

    並行陣を崩すには、ファーストボレーをさせるところから
  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が強い
PAGE TOP