テニス メンタル

その他

横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

日本には様々なテニスコートがあり、試合も色々なコートで行われる。

サーフェスの違いは皆さんしっかり準備出来ているのに、意外とコート脇の広さに関しては無頓着。

テニススクールやインドアのコートでは、横幅があまりなく気が付いたら隣のコートにいる・・・みたいに、狭い場所での試合もあるでしょう。

草トーではこういった、規定を満たしていないコートでの試合にもしっかり対応しなければなりません。

特に注意が必要なのは、いかにワイドやアングルをケアするか・・・ですね。

 

横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

 


 

■ワイドやアングルに打たれたら終わり、なテニスコートは存在する

テニススクールなどで、経験があると思います。

間が2メートルくらいしかなくて、隣のコートや壁がすぐそばにある状態のコート。

狭い土地を活用する日本ならではの仕様ですが、これに文句を言っても仕方ない。

相手のワイドへのサーブは、とにかく対策を取らないと、触る前に壁に当たって相手のポイントになってしまうのです。

 

■対策は「前」で触る以外に、道は無い

もうお気付きの方はいると思いますが、ワイドやアングルをケアするには「前」に行くしかありません。

後ろで待っていては、スライスで切れたり、アングルショットで角度を付けられた際にボールが曲がっていくのを防げない。

前に行けば、曲がる前、ボールが落ちる前にしっかり返球出来る。

厳しい条件ですが、それは相手も同じ。

とにかくネットプレーを増やし、リターンのときはいつもよりもより前に踏み込んでいく意識を持って、相手に向かっていきましょう。

 

■強い相手はその意識を逆手にとって攻撃してくる

しっかりワイドやアングルをケア出来ても、安心は出来ません。

テニスでは、どこかを注力して守るということは、どこかが空いてしまうということ。

サーブであれば、当然ワイドをケアして前に行けば、センターは手薄になってしまう。

ここを狙ってくるタイミング、駆け引きの中で先読みして防がないといけません。

 

コートが慣れない場所だった、相手がずるがしこかった・・・というのも、全て言い訳。

アナタ自身の準備が足りないのと、適応能力が無いだけの話です。

ですが実際は、いつも練習しているテニスコートでなければ実力を発揮できない、という人は多い。

その実力って・・・一体どんな実力ですか?

試合に強い人は、どんなコートでも結果を出せる準備をしている。

いつか来るこんなコートでの試合にも、今からイメージを膨らませておいて損は無いです。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ

    普段練習している仲間でも、「正直コイツとはあまり練習したくないな・・・…

  2. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される

    テニス選手は、千差万別。基本となる部分を身に付けた先は、アナタ…

  3. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく

    私自身、最近感じることがあります。テニスを始めた頃は、速いボー…

  4. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない

    最近、特に気になることがあります。学生の皆さんやジュニアの大会…

  5. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう

    アナタ自身がもし一年生なら、練習メニューは上級生が決める?その…

  6. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッドを立てる」ことがポイ…

    ラケットを持って試合を続けていると、いつの間にか力が入って腕に疲労が溜…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる
  2. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある
  3. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう
  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
PAGE TOP