テニス メンタル

その他

横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

日本には様々なテニスコートがあり、試合も色々なコートで行われる。

サーフェスの違いは皆さんしっかり準備出来ているのに、意外とコート脇の広さに関しては無頓着。

テニススクールやインドアのコートでは、横幅があまりなく気が付いたら隣のコートにいる・・・みたいに、狭い場所での試合もあるでしょう。

草トーではこういった、規定を満たしていないコートでの試合にもしっかり対応しなければなりません。

特に注意が必要なのは、いかにワイドやアングルをケアするか・・・ですね。

 

横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

 


 

■ワイドやアングルに打たれたら終わり、なテニスコートは存在する

テニススクールなどで、経験があると思います。

間が2メートルくらいしかなくて、隣のコートや壁がすぐそばにある状態のコート。

狭い土地を活用する日本ならではの仕様ですが、これに文句を言っても仕方ない。

相手のワイドへのサーブは、とにかく対策を取らないと、触る前に壁に当たって相手のポイントになってしまうのです。

 

■対策は「前」で触る以外に、道は無い

もうお気付きの方はいると思いますが、ワイドやアングルをケアするには「前」に行くしかありません。

後ろで待っていては、スライスで切れたり、アングルショットで角度を付けられた際にボールが曲がっていくのを防げない。

前に行けば、曲がる前、ボールが落ちる前にしっかり返球出来る。

厳しい条件ですが、それは相手も同じ。

とにかくネットプレーを増やし、リターンのときはいつもよりもより前に踏み込んでいく意識を持って、相手に向かっていきましょう。

 

■強い相手はその意識を逆手にとって攻撃してくる

しっかりワイドやアングルをケア出来ても、安心は出来ません。

テニスでは、どこかを注力して守るということは、どこかが空いてしまうということ。

サーブであれば、当然ワイドをケアして前に行けば、センターは手薄になってしまう。

ここを狙ってくるタイミング、駆け引きの中で先読みして防がないといけません。

 

コートが慣れない場所だった、相手がずるがしこかった・・・というのも、全て言い訳。

アナタ自身の準備が足りないのと、適応能力が無いだけの話です。

ですが実際は、いつも練習しているテニスコートでなければ実力を発揮できない、という人は多い。

その実力って・・・一体どんな実力ですか?

試合に強い人は、どんなコートでも結果を出せる準備をしている。

いつか来るこんなコートでの試合にも、今からイメージを膨らませておいて損は無いです。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にある

    テニスの練習、試合を繰り返していると必ず成長出来るか?と言われ…

  2. その他

    【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとうございます。引き続…

  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い

    テニスの試合、私はいつも危機感を覚えている。他の競技よりも、試…

  4. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

    テニスでもプライベートでも、私は一緒だと思います。仕事の成果、…

  5. その他

    10年前の、有明センターコート

    今朝は、朝早くから大井町へ。大井町スポルのテニスコートで、佐…

  6. テニス 疲れ

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!
  3. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球する…
  4. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要
  5. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから
PAGE TOP