テニス 予測

その他

「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力が高まります!

相手が打つコースを予測して動く。

どんなスポーツにも必要なこのスキルですが、受け身となるディフェンスではその予測力がそのまま守備力に如実に反映され、しっかり粘れるかどうかの境目になります。

やっぱり経験が無いと、相手の打つコースを予測するのは難しいのか・・・と考えるのは、間違いです。

実は「打つコース」を予測するという発想を、少し変えるだけで、実はテニスに必要な予測力を高めることができるのです!

 

「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力が高まります!

 


 

■「来るコース」では無く、「来ないコース」から考えてみる

いきなり正解を求めて考えるから、難しいと感じてしまうのかも知れません。

相手を良く観察していれば、予測の前段階のそもそもの「傾向」が見えてくるはずです。

そのざっくりした予測から入り、さらに実際に打つ前には細かい予測に落とし込んでいきたい。

この時に必要なのは、「このフォームから、このコースは無いな!」と捨てること。

右に動くのは、左を捨てるから。

いきなり右!という結論を出すのではなく、捨てる方向を決めて逆方向へ予測して動く、というのは実はかなり反応しやすいのです。

 

■相手が「無理したナイスショット」は、ポイントを失っても無視するに限る

相手がリスクを冒したショットで、結果それが入ってポイントを失ったら、それは無視しましょう。

どんな予測も、外れることはあります。

相手の癖や傾向、実力をしっかり見極めることができれば、テニスの予測の7割は終了したようなもの。

実際に相手のチャンスボールの場面で予測が当たって、うまく反撃できれば万々歳。

無理したショットまでケアしようと完璧主義者になると、テニスの試合で勝つのは難しいでしょう。

全てを守る、なんてことは出来ない訳ですから。

 

■瞬時の判断力は、普段の練習の中からしか養われない

相手のチャンス時に、しっかり守れる予測を出来るようになる。

その為には、普段の練習時から意識を高く持って、「いつでも挽回してやるぞ!」という強い意志が必要。

相手が攻撃的にくるとすぐに気持ちが引いてしまう選手もいますが、それではどんなに予測が適格でもポイント奪取に繋がらない。

テニスは「カウンター」が非常に有効なスポーツで、挽回したポイントは試合の流れを大きく左右します。

 

予測が上手くなると、テニスは本当に楽しくなります。

ディフェンスが上手い選手は、相手にリスクを冒させるのが上手い。

いつの間にか無理をさせられて、自滅してしまう・・・そんな経験、ありませんか?

それはアナタが無理したのではなく、相手にさせられたのかも知れません。

さぁ、次はアナタが対戦相手を予測で自滅させていく番ですね。

しっかり捨てるコースを選択できるように、日々の練習で磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス 構え

    その他

    「テニスの試合が上手い人」はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントとは?

    テニスの試合で、一番緊張するのは皆さんいつですか?私は試合の前…

  2. テニス 駆け引き

    その他

    テニスの試合で予測をするときには、「逆を突かれても対応できる」相手かどうかをまず確認したい

    対戦相手の実力は測るとき、特にシングルスの試合では慎重になる。…

  3. テニス メンタル

    その他

    インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた

    毎日、暑い日が続きますね・・・。本当にみなさん、身体の健康が第…

  4. テニス ボレー

    その他

    優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?

    皆さんの周り、もしかしたら皆さん自身が、こうなってはいませんか?…

  5. テニス イベント

    その他

    ダメダメテニスプレイヤーにならない為の、5つのチェックポイント

    試合会場を客観的に見ていると、色々な人がいます。そして、なかな…

  6. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い

    試合になると、急に別人のように堅くなる人。練習ではあんなに気持…

特集記事

  1. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修…
  3. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよ…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けるこ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
PAGE TOP