テニス メンタル

戦術

トップ選手ほど、自分を変化させることに貪欲だから強い

今朝の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いと思います。

見事にベスト8進出!

また一つ、壁を越えてくれましたね。

昨日の試合、だけじゃないんですがウィンブルドンでの戦いを見て、感じたこと。

それは、怪我を乗り越え、芝に対する意識を変えて、変化し続ける選手としての強さ。

私は、これこそ私たちが学ぶべきポイントだと思います。

 

トップ選手ほど、自分を変化させることに貪欲だから強い

 


 

1.変えること、を恐れてはいけない

気付いた方もいらっしゃると思いますが、今回の錦織選手はウィンブルドンでの戦い方を変えています。

トスで勝ってサーブから入ったり、そのサーブを積極的にコーナーに打っていく。

多少ミスしても・・・という感じですが、このファーストサーブの確率が高い。

そして、セカンドサーブのボールは毎回、ボールボーイから受け取る形、にしているのも特徴的ですね。

ボールを2球持たない、毎回受け取る形式で、リズムを変えていく。

全般的に、サービスゲームをどんどん変化させているのがすごく印象的です。

これ、私たちにも必要なことだと思いますよ。

 

2.危機感があれば、行動に変わる

元々、ベスト8に進出していない唯一の大会がウィンブルドン、でした。

それに今回は、怪我から空けたシーズン。

嫌でも自分の中で悪いイメージ、は付いて回りますよね。

そんな時に、アプローチ方法を変えるって、すごく勇気が要ることだと思います。

そのベースには、「このままじゃ、ダメなんだ」という強い危機感がある。

これが無い人は、なかなか何かを変えようとは思えないですから。

本当の意味での危機感があれば、行動が変わる。

行動が変わるから、結果も変わって来るんです。

 

3.ファーストサーブを、絶対に入れるんだという強い意志

特に、私は今回の錦織選手から強い意志を感じます。

ファーストサーブ、を入れるんだという強い意志。

元々、手首に負担がかかるので出来るだけ打つ回数を減らしたい、というのはあると思います。

私たちはつい、2球持っていますから「セカンドがある」と思ってしまいますよね。

錦織選手は、そのボールもあえて持たないことで、今回良い循環を生んでいるようにも見えます。

当然、試行錯誤している段階だと思いますので、ポケットに入れてサーブを打つこともあるでしょう。

でも本当、ちょっとしたことで人って変わるんですよね。

その種、がどこにあるのかは、私たちも常に意識していかないとダメです。

 

4.トップの選手が、一番変化し続けている

どの世界でも、そうでしょう。

トップを走る、先頭を走っている選手ほど、積極的に自分を変えている。

フェデラー選手が新しい技を編み出したり、だから強いんですよね。

私たちは、つい同じことを繰り返すこと、で安心してしまいがち。

それでは、今身近にいるトップの選手、に追いつくことは難しい。

テニスの試合に出て勝ちたいなら、変わり続けていくこと、を恐れてはいけない。

今回の錦織選手から、私たちは強いメッセージを受け取らないといけないんです。

 

過去のこと、は過去のこと。

大事なことは、今目の前の相手に、どんなテニスが出来るのかということでしょう。

もっと良いやり方は無いのか。

もっと、出来ることは無いのか。

私たちの想像力を越えて、テニスはどんどん変化させていくべき。

プロ選手の技術は真似出来なくても、こういう姿勢はぜひ、真似していきたいですよね。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

    試合の中で、ここぞという場面、攻撃的にいきたい。特に4-4から…

  2. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる

    みなさんも、上のレベルの試合になると痛感しているはずです。失点…

  3. 戦術

    なぜ試合では、「予測が外れること」が大事なのか

    試合の中では、駆け引きと予測が大事。これは何度も、書いて来ま…

  4. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いやすい

    パッと見で、すごく強そうな相手、いますよね。フラット気味でボー…

  5. テニス メンタル

    戦術

    先制攻撃のダメージは、最後まで残る

    テニスの試合でまず大事なのは、先制パンチ。これが試合の最後ま…

  6. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    フラットな目線を保つ
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、癖や法則を掴むのが上手い
  3. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!
  4. テニス メンタル

    戦術

    「今日の対戦相手は、自分より少し上」と考えて試合に入ろう
  5. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?
PAGE TOP