テニス 不器用

戦術

安定を保つ技術、変化を起こす技術

試合の中で、みなさんの技術を支えるもの。

私は、大きく2つに分けて考えています。

もし参考になればと思いますので、ぜひ自分の試合をイメージしながら読んでみて下さい。

偏った技術、ショットだけでは、テニス勝てないですからね・・・。

 

安定を保つ技術、変化を起こす技術

 

1.安定を保つ技術って、何だろう?

みなさんは、何だと思いますか?

ストローク?ボレー?ネットプレーはあまりやらないので、やっぱりストロークかな・・・という感じの方、多いかも知れませんね。

スピン、スライスで、しっかり回転をかけたストローク、が試合の安定感を支える。

本当に、そう思いますか・・・?

私の発想は、ちょっと違います。

ズバリ、サーブとリターンです。

試合の始まりは、どのポイントでもいつもこの2つのショット、ですからね。

この2つのショットが安定していないと、と言うか入らないと、ストロークだって打てない訳ですから。

 

2.安定感のあるスピード、でサーブとリターンを打てれば負けない

きっと、みなさんも試合で感じていることだと思います。

安定感のあるショット、には安定感が高まる速度、がある。

ボールの軌道の高さ、も必要です。

高さを出して、速度を抑える。

このサーブとリターン、が打てれば、アナタの試合の安定感を支える大きな土台が出来たようなもの。

私はいつも、この2種類のショットを安定感の礎として意識している。

ここが崩れなければ、試合で大崩れしない。

それがテニス、の試合です。

 

3.変化を起こす技術は、コートを前後に使う技術

例えば、サーブ&ボレー、リターンダッシュ。

アナタ自身が前に行くショット、作戦ですね。

それから相手を前に出すドロップ系のショット、これも試合を動かす、変化を起こすショットになる。

メリハリをしっかり付けて使うことで、その変化は相手のプレッシャーになる。

きっと、試合をリードしているときに打つと効果的でしょう。

失敗しても、相手に何かを感じてもらえるプレッシャーになる。

変化は相手に起こしてもらうんじゃなくて、自分で起こしていかないとダメですよ。

4.安定感の土台の上に、変化がある

テニスの試合、まずはサーブとリターンの安定感。

そこから持ち込んだラリーで変化を付ける。

これが、試合の基本だと思います。

意外と、この安定感を支えるサーブとリターン、の練習が不十分だと思いませんか?

試合に出ていない人ほど、ストロークの練習をダラダラやりたがるんですよね。

ここに、しっかりアナタは自分の意見をぶつけること。

自分の主張が無いと、試合の結果も変わらないですよ。

ぜひ、仲間に提案してみて下さい。

 

5.安定感だけでも、変化だけでも勝てない

これは、上のレベルになればきっと感じること。

どちらかのショットが優秀でも、勝てないんです。

自分の中で、しっかり両方、両軸として鍛えていく意識が無いと、成長は難しい。

安定感が欠如した試合、変化が乏しい試合、両方とも勝てない試合です。

難しいですけどね、まずは自分で色々書き出してみて下さい。

足りないもの、偏っているものは無いか。

これだけで、だいぶ違うと思いますよ。

 

自分のテニス、自分でしっかり把握する。

安定感と変化の両輪、と考えると、結構客観視出来ませんか?

試合の中で、自分が監督になったつもりで。

ゲームの主人公になったつもりで、自分のステータスを上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう

    試合は毎回、対戦相手も調子も変わる。でも、試合をするアナタ自身…

  2. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている

    そんなに強そうに見えないのに、試合になると強い選手。こういう選…

  3. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている

    私はまだ皆さんにお会いしたことはありません。だからどんなテニス…

  4. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い

    「そんなの、当たり前じゃん!」と思っている方、結構試合に出ている方です…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚えておくこと

    よく、「相手を観察しろって言うけど、どこを観れば良いのか分からない」と…

  6. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ

    確かに相手は強いけど、作戦に見事にはまってしまった・・・なんてこと、あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. その他

    「相手のミスを待つテニスで試合に勝って、何が楽しいの?」と聞いてくる人は、永遠に…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?
  4. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?
  5. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し…
PAGE TOP