テニス 不器用

戦術

安定を保つ技術、変化を起こす技術

試合の中で、みなさんの技術を支えるもの。

私は、大きく2つに分けて考えています。

もし参考になればと思いますので、ぜひ自分の試合をイメージしながら読んでみて下さい。

偏った技術、ショットだけでは、テニス勝てないですからね・・・。

 

安定を保つ技術、変化を起こす技術

 

1.安定を保つ技術って、何だろう?

みなさんは、何だと思いますか?

ストローク?ボレー?ネットプレーはあまりやらないので、やっぱりストロークかな・・・という感じの方、多いかも知れませんね。

スピン、スライスで、しっかり回転をかけたストローク、が試合の安定感を支える。

本当に、そう思いますか・・・?

私の発想は、ちょっと違います。

ズバリ、サーブとリターンです。

試合の始まりは、どのポイントでもいつもこの2つのショット、ですからね。

この2つのショットが安定していないと、と言うか入らないと、ストロークだって打てない訳ですから。

 

2.安定感のあるスピード、でサーブとリターンを打てれば負けない

きっと、みなさんも試合で感じていることだと思います。

安定感のあるショット、には安定感が高まる速度、がある。

ボールの軌道の高さ、も必要です。

高さを出して、速度を抑える。

このサーブとリターン、が打てれば、アナタの試合の安定感を支える大きな土台が出来たようなもの。

私はいつも、この2種類のショットを安定感の礎として意識している。

ここが崩れなければ、試合で大崩れしない。

それがテニス、の試合です。

 

3.変化を起こす技術は、コートを前後に使う技術

例えば、サーブ&ボレー、リターンダッシュ。

アナタ自身が前に行くショット、作戦ですね。

それから相手を前に出すドロップ系のショット、これも試合を動かす、変化を起こすショットになる。

メリハリをしっかり付けて使うことで、その変化は相手のプレッシャーになる。

きっと、試合をリードしているときに打つと効果的でしょう。

失敗しても、相手に何かを感じてもらえるプレッシャーになる。

変化は相手に起こしてもらうんじゃなくて、自分で起こしていかないとダメですよ。

4.安定感の土台の上に、変化がある

テニスの試合、まずはサーブとリターンの安定感。

そこから持ち込んだラリーで変化を付ける。

これが、試合の基本だと思います。

意外と、この安定感を支えるサーブとリターン、の練習が不十分だと思いませんか?

試合に出ていない人ほど、ストロークの練習をダラダラやりたがるんですよね。

ここに、しっかりアナタは自分の意見をぶつけること。

自分の主張が無いと、試合の結果も変わらないですよ。

ぜひ、仲間に提案してみて下さい。

 

5.安定感だけでも、変化だけでも勝てない

これは、上のレベルになればきっと感じること。

どちらかのショットが優秀でも、勝てないんです。

自分の中で、しっかり両方、両軸として鍛えていく意識が無いと、成長は難しい。

安定感が欠如した試合、変化が乏しい試合、両方とも勝てない試合です。

難しいですけどね、まずは自分で色々書き出してみて下さい。

足りないもの、偏っているものは無いか。

これだけで、だいぶ違うと思いますよ。

 

自分のテニス、自分でしっかり把握する。

安定感と変化の両輪、と考えると、結構客観視出来ませんか?

試合の中で、自分が監督になったつもりで。

ゲームの主人公になったつもりで、自分のステータスを上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である

    準備の重要性について、何度も書いて来ましたが、改めて。その背景…

  2. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

  3. テニス 練習

    戦術

    試合でリードしたときに、それを手放さないようにする為に必要な5つの意識

    試合でリードしても、途中で追い付かれて負けてしまう・・・まくられる癖、…

  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

  5. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りにやって勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで

    セオリー通りのテニス、皆さん意識出来てますか?もちろん、フォー…

  6. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    サーブ

    試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がア…
  2. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう…
  3. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「また同じミスをするのか・・・」と不安になる人は、まずココを変え…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?
PAGE TOP