シングルス

ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

シングルスの試合で、どう攻めて良いのか分からない、という方へ。

まずは、右利き同士の試合、として有効な攻撃を考えてみましょう。

私は、とにかくこのショットでかなり試合を楽に戦えた記憶があります。

シンプルな作戦ですが、意外と効果ありますよ。

 

ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に

 


 

1.相手のバックハンド狙い、を明確に

まず、私たちの試合ではこれが基本。

相手のバックハンド、にいかにボールを集めるのかが大事。

シングルスのラリーの中で、相手のバック側を狙っていく作戦自体は、普通ですよね。

相手のバックハンドを狙う時って、みなさんどんなショットが多いでしょう?

やはり、バックハンドのクロス方向、が多いんじゃないでしょうか。

自分のバックに打たれたから、相手のバックにクロスで返す。

右利きの同士の試合であれば、この展開が多いはずです。

 

2.フォアハンドからバックハンド、に打つから主導権が握れる

私は、1.よりも前に展開したい。

自分がフォアハンド、相手がバックハンド、という展開をしたいんですよね。

だから、フォアハンドストロークでダウンザライン、でバックハンド側に打つ。

これが基本の作戦、になります。

フォアハンドで、それも山なりで大きく高い軌道で打つ。

ダブルスの試合の、ストレートロブみたいな感じです。

スピン回転をかけて、相手のバックハンドの高い位置、を狙うようにすると、すごくチャンスメイクが楽。

次のボール、を回り込んでフォアハンドのパターンが、鉄板ですね。

 

3.ダウンザラインに打って、回り込みフォアハンドで待つ

ダウンザラインに山なりなボールを打ったら、次もフォアハンドで打ちたい。

攻撃の手を緩めず、回り込みのフォアハンド、で待てるようなポジションに入りましょう。

自分のフォアハンド側を空けておく、ようなイメージですね。

ここに浅いボールを打たせて、一気にチャージしていく。

そのきっかけになるのが、ダウンザライン方向へのフォアハンド、で相手のバックハンドを狙うポイント。

リラックスして、楽に打てば効果的ですよ。

 

4.フォアハンドはクロス、を警戒してくれる

相手からしても、これが怖いんです。

フォアハンドは、クロスへ鋭いショットがありますから、ついそれを警戒してしまう。

だから、バックハンド側に展開されたときに、少し遅れてしまう。

シングルスの試合、なかなかダウンザライン方向にストロークを打つのは、勇気が要りますよね。

だから、山なりでスピン回転、で打てば大丈夫。

相手をえぐる感じ、でエースにならなくて良い。

チャンスを引き出すショット、として磨いていきましょう!

 

ダウンザラインへのショットを、山なりで使う。

この発想、無い方が結構多いです。

直線的なストロークは、ネットも高いですし危険ですよ。

自分のフォアで相手のバックを狙う、これはテニスの試合でのスタンダード。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. + POWER CUP について
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。…

  3. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  4. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

    シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。その要因は…

  5. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    嫌な流れ、をどう変えるのか?
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で使う自分のテニスに、「オリジナルの作戦名」を付けると、すごく試合は楽しくな…
PAGE TOP