テニス 感覚

戦術

今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ

どうも最近、自分の成長が止まっている気がする。

今いるカテゴリ、から抜けることが出来ないでもがいている・・・ようなみなさん。

ただ闇雲に練習して、試合に出て、だけだと同じ事の繰り返し。

大事なのは、ここで一歩引いてみること。

今いる自分のカテゴリーを、俯瞰して見てみましょう。

きっと、抜け出すアイデアは、浮かんできますよ。

 

今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ

 


 

1.高校、大学、ベテラン、女子連・・・

それぞれで、テニスは違います。

何が違うかと言えば、「強さ」のスタイルが違う。

例えば高校生ならボールが速い、だけでもある程度勝てる。

大学生なら、粘りのテニスを貫けば勝てる。

ベテランなら並行陣とロブの対応、女子連の試合も近いでしょう。

ここを強くすれば勝てる、という共通項がそれぞれ少しずつ異なります。

一概に言えませんが、あくまで「そのカテゴリで強いとされる人は、どんな人なのか」を考えてみましょう。

そうすれば、対策は見えて来ます。

 

2.自分も同じ強さ、を求めていないか

よくあるのが、自分が今いるカテゴリで「強い」とされていることを、自分も求めてしまうこと。

カテゴリのトップ選手は、やはり意識するじゃないですか。

そして、その選手に近いようなテニスをしないといけいない、と思ってしまう。

これは、私は危険な発想だと思います。

同じようなスタイルで戦うとなると、経験や走力、で上回っていかないとなかなか勝てない。

あえて、違う道をいく・・・という選択は、どうでしょう?

私は、そっちの方が未来があると思いますよ。

 

3.どのカテゴリーでも、少数派でいける術がある

私が伝えたいのは、この部分。

どのカテゴリーでも、少数派として勝ち上がる道が、必ずあります。

それが、このT-PRESSで書いているテニス、とも言えるでしょう。

高校生に粘りを提唱したり、ベテランや女子連の方に前衛でのポーチを勧めたり。

そのカテゴリーでは通常あまりやらない、やっていないスタイルこそ、私は強さに変わると考えています。

それもこれも、アナタ自身が今自分がいるカテゴリーの選手を「客観視」出来るかどうか、です。

客観視出来れば、必要なことは見えて来る。

自分が何をやれば良いのか、アイデアが浮かんで来るはずです。

 

4.抜け出したければ、自己中になろう

ある意味、私はこの覚悟が必要だと思います。

自己中になって良いんです、テニスに強くなりたければ。

周りのライバルを見て、自分が勝つには何が必要かを考えれば、あとは答えを出して進むだけ。

もしかしたら、今いるサークルやスクールを離れる、という判断もあるでしょう。

新しい環境を求めたり、自分が嫌だと思っていた練習も必要かもしれない。

それもこれも、自分を中心に考えて決断していくところ、からがスタートです。

「何あの人、最近おかしいよ」と思われたら、強くなり始めた証拠。

カテゴリーから抜け出す人を、引き留めたくなるのは弱い人。

遠慮なく倒せるように、アナタ自身は強くなりましょう。

 

自分が今いる場所、ライバルはどうなのか。

何が強いのか、自分と違うのかを考えて、自分はどうするのかを決めていく。

アナタ自身が出来るテニスは、もっともっと無限にある。

そのことだけは、忘れずに覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス シングルス

    戦術

    大事なテニスの試合の中で、「やって良いミス、悪いミス」を分けて考えよう

    試合の中で、失点は避けられない。どんな名選手でもミスはするし、…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術

    テニスの試合って、もつれるとかなり長時間の戦いになる。俺も5時…

  3. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど

    試合の中で、自分が頑張れる時。いつもよりもギアが上がって、しっ…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする

    試合の中で、苦しい場面。みなさんは、それはどんな時だと思います…

  5. 戦術

    その場になって考える、ではいつまでも試合で後手に回る

    試合になって、頭が真っ白になってしまう。これって、やっぱり「そ…

  6. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる

    「この選手、見た目と全然違うな・・・」という印象を持つケース、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いし…
  2. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切
  3. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法
  4. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威…
  5. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ
PAGE TOP