テニス イベント

その他

ダメダメテニスプレイヤーにならない為の、5つのチェックポイント

試合会場を客観的に見ていると、色々な人がいます。

そして、なかなか試合で勝てない人は、やっぱりそれなりの共通点がある。

醸し出す雰囲気や、何気ない会話、知らない人でも、「この人は、厳しいだろうな」と思う人はいますよね。

そんなダメダメなテニスプレイヤーにならない為に、私たちも強い意志が必要です。

 

ダメダメテニスプレイヤーにならない為の、5つのチェックポイント

 


 

1.勝敗を人のせいにしない

どんな勝敗、結果が出ても、それはアナタ自身の実力。

相手が強かった、準備出来なかった、調子が悪かったのも全て、アナタ自身の責任ですから。

口に出さないまでも、どこか雰囲気に出したり、不機嫌そうにしている人って、試合会場でも多いですよね。

こういう人からは、自然に運気と人が逃げていく。

負けて人のせい、にしか出来ない人って、意外と多いですよ。

自分のこと、に落とし込めない人は、いつまで経っても進歩が無いままです。

 

2.人の試合を観ない

意外と、これも多いですよね。

仲間を応援しない、自分の対戦相手の試合を観ないような人って、これもまた進歩は無い。

自分のことばっかりに関心がある、相手ありきのテニスというスポーツを理解出来ていないですからね。

それで試合に勝とう、と思うのが無理な話。

自分が試合しないまでも、たくさんのテニスを生で観ることってものすごく大事、なことですよ。

 

3.試合を観るだけで、自分が戦場には立たない

これもまた、ダメなテニスプレイヤーの典型例です。

試合を観ることはするけど、自分は試合に出ない。

どこか、高みの見物のような感じの雰囲気で、評論家気取りな人って多くないですか?

こういう人は、自分の結果を知るのが怖い、臆病なだけ。

自分のテニスは、自分が試合に出ることでしか成長させられないですから。

人のテニスにばかり口を出していても、誰からも信頼されないですよ。

 

4.誰に対しても批判的

3.でも書きましたが、周りの人を批判してばかりの人もいますよね。

こういう人は、一緒にいるだけでも疲れる。

本人はその気はないのかも知れないですが、誰かの批判をしても良いことは無い。

そんな人に限って、自分に対する批判には弱かったりするんですよね。

テニスの試合に出ていれば、たくさんの人と出会うし、ソリが合わない人もいるでしょう。

でも、陰で悪く言い続けても、良いことは無いですよ。

 

5.テニスに対して、斜に構えている

どこか、本気になれていない。

試合には出ているけど、勝負に対して執着心が無いような人も、私はダメだと思います。

もちろん、勝ち負けだけじゃない、ですよ。

でも、試合に出るからには勝ちたい、勝つために一生懸命になることは基本。

ここから逃げているうちは、ダメなんだと。

強く自分で自覚していかないと、成長は無いでしょう。

厳しいようですが、私たちはいつでもダメな選手、にはすぐに戻ってしまう。

それくらい弱い存在なんだ、ということを受け入れて日々頑張っていきましょう。

 

ダメなところ、ダメな自分、にまず気付くこと。

大人になったら、誰も細かいところに注意してはくれないですからね。

「恥ずかしい人」は気付かない限り、ずっとそのままです。

テニスを通じて、私たちはたくさんの気づきを得ることが出来る、それも人間関係の中で。

たまには自分を客観視して、俯瞰してみること、本当に大事です。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!

    今年も箱根駅伝にて、往路優勝を果たした青山学院大学。このチーム…

  2. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている

    気付いたこと、感じたことを、1~2行で書いておく。これで立派な…

  3. テニス 準備

    その他

    コートに慌ててギリギリに入るとき、アナタはもう負けている

    大会のディレクターをしていたときに、こんな傾向を感じました。試…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さを感じましょう

    テニスがある程度上達してくると、「タッチ感覚」という言葉をよく聞くよう…

  5. テニス センス

    その他

    人と会話しないと、自分も自分のテニスも見えて来ない

    テニスの上達、自分次第?もちろん、それが大前提です。で…

  6. テニス 準備

    その他

    「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい特効薬

    読者の皆さんの中には、部活の中で球出しをしたり、テニススクールでアルバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を…
  2. テニス 技術

    リターン

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて…
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習と…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない
  5. 戦術

    前衛のストレートケア、は意識だけで充分です
PAGE TOP