テニス ボレー

戦術

ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない

試合の中で、私自身が意識していること。

「ボールをよく見て!」と言われるアドバイス、あれってどうなんでしょう。

私は、特に必要無いと思います。

ボールを見る、それは当たり前のこと。

よく見よう、見よう、と集中すればするほど、ちょっとおかしな感じになると思いますよ。

 
 

凝視したら、身体の動きが止まる

みなさんも、何かをジッと見ること、ありますよね。

絵画を見る、動画を見る、本を読む・・・基本的に、身体の動きは止まるはず。

止めた方が、集中出来ますよね。

でもテニスは、ボールに追いつかないと話にならないですから。

ボールを見る、判定する競技じゃない。

それは審判やラインアンパイアの仕事。

だからこそ、ボールをしっかり見る、凝視するのは私は危ないと思っています。

身体の動きが止まる、鈍くなってしまう恐れがありますからね。



大事なのは、ボールの行方を読むこと

ボールをよく見る、より大事なこと。

それは、相手から打たれたボールがどういう軌道で、自分のコートにバウンドして、向かって来るのかを読む力。

ボールの行方、をパッとイメージ出来るかどうか、です。

試合に強い人は、これがすごく正確。

相手が打った瞬間に、もう自分が動く場所に向かって一直線、じゃないですか。

だから守備範囲も広しい、先回りして攻撃も出来る。

ボールだけを凝視していても、それは見えて来ないですよ。



むしろ、しっかり見るのは打った後かも

私は、これを意識しています。

普通は打つ前、にしっかり見る・・・のを教わりますが、打った後、にしっかり見る。

打点に顔を残して、丁寧にインパクトする。

そうすれば、ミスは減るしコントロール性もアップする。

ミスが多い人って、打つ前まではボールをよく見ていても、打つ瞬間に雑になる感じじゃないですか。

それだと、上手く打てない。

打った後に自分の打点のボールを見続ける、くらいの意識が大事です。

   

不安になると、ボールを見たがるのが人間

試合の中で、不安になるとつい、見てしまう。

前衛で、横を通り過ぎるボールを目で追うだけ、身体は動かない。

ボールを見ることで何となく安心するけど、試合は動かせない。

テニスって、こうなるともう苦しいです。

ボールウォッチャー、ですかね。

ボールの動きに、振り回されるだけ。

行方を先読みしないと、試合には勝てない。

だから、「よくボールを見ること」には注意しないとダメなんです。



試合に出ている方の中には、おそらくピンと来る方もいると思います。

ボールは視界の中に入れて、相手やコート全体、ボールの行方を俯瞰して見る。

これがテニスの試合で勝てる人の視界、です。

ボールを打つことに必死、なのは分かります。

でも、それだけだとやはり試合は厳しい。

発想を変えて、視界も変えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  2. 戦術

    相手が奪う時間に、付いていく

    強い相手との試合では、これが大事。みなさんも、きっと経験自体…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

    テニスって、なかなか難しい専門用語や戦術、覚えることたくさんありますよ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ

    テニスの試合で、大逆転が起きる時。それって、どんな時でしょうか…

  5. 戦術

    いつもアングル、という選択肢を持つ

    攻撃力をアップして、試合に勝ちたい。そう考えている方、ペアの…

  6. 戦術

    自分が決めなくても良い、と思えたら?

    ダブルスは、強いですよね。自分が決めなくても良い、パートナー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き

    メンタル

    テニスの試合が上手く進んでいるときの心理状況って、どんな感じなのかまとめておこう…
  2. ダブルス

    前に入ってストレートアタック が有効な理由
  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバック…
  5. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール
PAGE TOP