テニス ボレー

戦術

ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない

試合の中で、私自身が意識していること。

「ボールをよく見て!」と言われるアドバイス、あれってどうなんでしょう。

私は、特に必要無いと思います。

ボールを見る、それは当たり前のこと。

よく見よう、見よう、と集中すればするほど、ちょっとおかしな感じになると思いますよ。

 
 

凝視したら、身体の動きが止まる

みなさんも、何かをジッと見ること、ありますよね。

絵画を見る、動画を見る、本を読む・・・基本的に、身体の動きは止まるはず。

止めた方が、集中出来ますよね。

でもテニスは、ボールに追いつかないと話にならないですから。

ボールを見る、判定する競技じゃない。

それは審判やラインアンパイアの仕事。

だからこそ、ボールをしっかり見る、凝視するのは私は危ないと思っています。

身体の動きが止まる、鈍くなってしまう恐れがありますからね。



大事なのは、ボールの行方を読むこと

ボールをよく見る、より大事なこと。

それは、相手から打たれたボールがどういう軌道で、自分のコートにバウンドして、向かって来るのかを読む力。

ボールの行方、をパッとイメージ出来るかどうか、です。

試合に強い人は、これがすごく正確。

相手が打った瞬間に、もう自分が動く場所に向かって一直線、じゃないですか。

だから守備範囲も広しい、先回りして攻撃も出来る。

ボールだけを凝視していても、それは見えて来ないですよ。



むしろ、しっかり見るのは打った後かも

私は、これを意識しています。

普通は打つ前、にしっかり見る・・・のを教わりますが、打った後、にしっかり見る。

打点に顔を残して、丁寧にインパクトする。

そうすれば、ミスは減るしコントロール性もアップする。

ミスが多い人って、打つ前まではボールをよく見ていても、打つ瞬間に雑になる感じじゃないですか。

それだと、上手く打てない。

打った後に自分の打点のボールを見続ける、くらいの意識が大事です。

   

不安になると、ボールを見たがるのが人間

試合の中で、不安になるとつい、見てしまう。

前衛で、横を通り過ぎるボールを目で追うだけ、身体は動かない。

ボールを見ることで何となく安心するけど、試合は動かせない。

テニスって、こうなるともう苦しいです。

ボールウォッチャー、ですかね。

ボールの動きに、振り回されるだけ。

行方を先読みしないと、試合には勝てない。

だから、「よくボールを見ること」には注意しないとダメなんです。



試合に出ている方の中には、おそらくピンと来る方もいると思います。

ボールは視界の中に入れて、相手やコート全体、ボールの行方を俯瞰して見る。

これがテニスの試合で勝てる人の視界、です。

ボールを打つことに必死、なのは分かります。

でも、それだけだとやはり試合は厳しい。

発想を変えて、視界も変えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう

    スピンの中に、スライスを混ぜる。センターセオリーの中に、ショ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

    「諦めるな!まだまだここから!」と、応援されるけど、正直しんど…

  3. 戦術

    組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに

    「今のは、良いポイントだったな・・・」と、思える瞬間。それは、…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

    もうすぐ年末。もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試…

  5. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスの…

  6. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる
  2. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?…
  3. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝て…
  5. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が…
PAGE TOP