ボレー

ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。

並行陣には必須のスキル、ですよね。

でも、このサーブ&ボレー、なかなか安定しない人にはある共通点があります。

そう、レベルが上になってくれば、戦う相手は必ず2人になる。

まず、このプレッシャーに耐えられないとダブルスでサーブ&ボレー、は厳しいんですよね。

 

ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

 


 

1.まず戦うべきは、相手の前衛のプレッシャー

みなさんも、経験があるはず。

相手のリターンが厳しい、しっかり足元に打たれると、相手の前衛がポーチに出て来る。

レベルが上の試合では、ファーストボレー、まずこの相手前衛とのプレッシャーに勝たないといけないですから。

全く気にしない訳にもいかないし、かといって気にし過ぎてもダメ。

プレーが乱れますからね。

コツとしては、何となく視界に入れて自分に余裕を持つこと。

これを意識しないと、試合で勝つ並行陣は難しいんです。

 

2.相手前衛は、視界に入れるだけで大丈夫

まず、視界に入れましょう。

基本狙いはクロスへのファーストボレー、でも当然打つ方向は見ない。

手元の打点にしっかり顔を残しながら、その周辺視野で相手前衛を見る、ことを意識して欲しいんです。

「そんな余裕ないよ!」と思うかも知れませんが、無理やりにでも余裕は作らないとダメ。

相手前衛に、「自分は警戒されている」と思わせないと、どんどん出られてしまいますからね。

いつでもストレートに流せる、ようなイメージを自分で持っておく、相手に匂わせておく。

これが勝てるサーブ&ボレーの基本です。

 

3.実際には、早く止まって、ファーストボレーで良い

余裕が無い人のファーストボレーは、いつも止まるのがギリギリ。

出来るだけ前に出たい気持ちは分かりますが、余裕がなくなってはボレーの精度が落ちる。

それに、相手前衛からもどんどん出られて、辛くなる。

ファーストボレーって、まずはしっかり相手の後衛にしっかり深く返して、良いポジションを取ることが目的ですから。

追い込むくらい、精度の高いボレーが打てなくても良い。

深く打てるし、前衛が動いてきたらストレートにも流せる。

このイメージの方が実戦的です。

 

4.ストレートに流す、というボレーもどんどん使おう

例え相手の前衛が動いて来なくても、ストレートには配球する。

どんどん、自分から仕掛けていくことが大事です。

クロスへのボレーだけだと、相手の後衛も慣れてしまいますからね。

慣れて来ると、どんどん打ち込まれて来る。

自分から前衛を見る余裕を持って、ストレートにも展開していくことで主導権が握れるはずです。

出来る出来ない、じゃなくてやるかやらないか、ですよ。

 

打点を見ながら、相手を見る。

周辺視って、結構広い部分を見れますから。

見ておけば、何もプレッシャーに感じる必要は無い。

動いて来るのが分かるし、相手を掌握出来ますからね。

サーブ&ボレー、の時に相手の前衛はしっかり足止めしましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    速い展開では、意外と相手のフォアハンドボレーは狙い目

    ボレー戦になったときの、相手の狙い目。意外と、フォアハンドボレ…

  2. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解

    ダブルスでもシングルスでも、ネットに出る流れで使えるテクニック。…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備が遅すぎる!

    「今の、アウトだったかも・・・」と、ボレーを触った後に悔やんでも遅い。…

  4. ボレー

    テニスのプレーで大事なのは、攻撃の勢いを止めないこと

    特に、私がネットプレーで意識していること。テニスの攻撃って、勢…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら狙うコースを素早く決断しよう

    緩い、フワッとしたボレーが苦手な方。ネット際に浮いたボールを、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習…
  3. テニス 環境

    ダブルス

    ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い
PAGE TOP